皆さんこんにちはリペイント匠の鈴木です。

冬本番に入って来ましたね!インフルエンザも流行していて、三重県でも警報レベルになっています。ちなみに、うちの嫁は去年予防接種を打っていても、インフルエンザA型にかかり38.0℃以上の熱が出て、かなりえらそうでした。皆様も、体調管理に気を付けて下さいね。

冬といったら、イルミネーション♪♪嫁のリクエストで、なばなの里のイルミネーションを見に行きました!仕事を終え急いで帰宅し、嫁と利空と3人で行ってきました。今年の春には中学生になるのですがまだまだ幼いので家族の中で、癒しの利空君です!娘のそらは、友達とご飯を食べに行く約束をしていたので行けませんでした!今年のテーマが日本の情景と言う事でとても綺麗で、迫力がありました。夜遅かったのでかなり、すいていてゆっくり見れました。最後にお土産を買って、嫁も利空も喜んでいました。子供達が大きくなるにつれて、家族で出掛ける機会が減ってきます。貴重な時間を、楽しみたいと思います🎵

それでは今日も元気に現場の紹介をします。

まず初めに前回も紹介させて頂きました。津市久居のK様邸の紹介です。

前回はコーキングの打ち替え作業をしていましたが現在は散水検査で雨漏りがしっかりと直っている事の確認ができましたので、外壁の塗装に入っています。写真では真っ黒に見えますが実際はふかみどり色です。外壁の塗装も終わり付帯部分の塗装を進めています。

続いて津市栗真のアパートの紹介をさせて頂きます。

施工内容は屋根のカバー工事・外壁塗装・付帯部塗装です。屋根材がニチハのパミールでしたので塗り替えが出来ず金属屋根をカバー工法で施工していきます。『パミールとはノンアスベストのスレート屋根第一号としてニチハというメーカーから販売されました。ところが多くのノンアスベスト屋根材が施工後数年で【層間剝離】などの不具合事例が多く上がるようになりました。パミールだけに限りませんが、最も多く不具合が見受けられるのがパミールでした。不具合の理由はアスベストの代わりになる製品開発や長期使用時の実験検証が不十分であったからと考えられています。』現在屋根の工事が終わりかけていますので外壁の塗装を優先して進めています。

それではまた更新します。