最初の工程【外部足場】

外壁塗装で失敗したくないとお考えのあなたへ

外壁塗装の工程をご説明しながら

あなたの10年に1度の外壁塗装

失敗”しないように一番多い

手抜きポイントもご説明していきます

 




 


『まずはどの様な事でトラブルが起きるか?知っておく事です。』



このページをご覧のあなた様は「外壁塗装」を成功させたいと考えているはずです。

それはそうですよね。10年に1度の大イベント、苦労して貯めたお金で

一生住むお家のメンテナンスをしていくのですから。

 

逆の立場で考えると、これだけ色々な業者がいたら悩むのは

当たり前の事です。

 

僕も逆なら騙されてしまうかも分かりません。

■一括見積もりサイト■安さが売りの業者■リフォーム会社etc

言い出せば切りがありません。

 

僕もきっと色々な業者に見積もりを出し、


「結局どこも同じような事ばかりいうので値段で決めるか?」

「中間の金額の業者にお願いするか?」

「一番信用できそうだからで決めるか?」


ギャンブルみたいですが、このどれかで決めると思います。

それで騙された時には夜も眠れないほど悔しい思いをすると

思いますので、「転ばぬ先の杖」ではないですが、まずは外壁塗装で

どんなトラブルがあるかを一緒に見てきましょう。

 

18年間の経験から代表的なものをいくつか挙げていきますね。

◆一括見積もりサイトは、良心的な業者を紹介してくれると言ってい
たけど、
結局、業者からサイトへバックマージンがあり、
業者はサイトの人とも会ったこともないと言っていた。後で不具合が起きても弁護士を紹介するだけだった・・・

◆最初の説明ではきちんと時間をかけ3回塗りすると言っていたけど、
あっという間に終わってしまった。
◆「任せてください!全部直しておきます。」と言われプロだからと
思ったけど、
目地の防水の割れや外壁の割れがあるのに
いきなり職人さんが外壁を塗装しはじめた・・・

◆仕上がってみたらサンプルイメージと全然色合いが違った・・・
◆自社職人とかチームだとか言っていたけど、
結局、下請けが来て言った・言ってないのトラブルになった。

◆信用できそうと頼んでみたけど、担当者と職人さんとのギャップがすごかった。
◆何でもかんでも一緒の色に塗られてしまった。
◆最後はゴミだらけ・・・
◆「これでいいのかな?」と不安を抱えている間に終わってしまった。


まだまだ書ききれないほどありますが

トラブルという視点でかきましたので、一部の一番多いトラブルを

書いてみました。

 

いかがですか?

 

どれもこれも終わった後のお客様から聞いた、その時の状況を

思い出しながら書きましたので、お客様の悔しい顔が目に浮かびます。

 

あなた様が10年に1度の外壁塗装が失敗しないように

全力で書いていきますので、長いかも分かりませんが、

最後までお付き合いしてください。

 

まず、こんなトラブルに巻き込まれないようにするには

様々な方法がありますが、業者選びは、勿論1番に大事ですが、

それはこの記事を全部読んだ後

外壁塗装業者を徹底比較検討をご覧ください。

 

その道のプロならあなた様に分からないように手抜きをするのは

簡単ですが、知っておくのと知らないのとでは全然違いますので。

 

では、外壁塗装の工程をご説明しながら

手抜きポイントも一緒に説明していきますね。

 





まずは、色の打ち合わせなど上記のようなトラブルが内容に入念に

打ち合わせをしていきます。サンプルで小さくて分からない時は、業者に




色が決まらない時.jpg


ポイント:『試し塗りを我が家にしていただけますか?』


 

 

とお願いして『これで間違いない』と確信してから着工をお願いしてください。

業者によりますが、1m角程度ならお金はかからないと思います。


やはり小さなサンプルでは、あなた様の家の模様で影があったり

光の加減で全体を塗っても明るく見えたり、色々な環境で変わって

しまうからです。※決して妥協は禁物です。


※同業者の方には申し訳ないですが・・・


そして色が決まりましたら、近隣への挨拶回り。

作業の進めて行く工程を、説明を受けてください。

ここでは、あえて工程表と言わないのは、雨の都合などや

下地による塗膜の乾燥時間により大幅に変わる事があるかです。

 

逆に『工程表を出してください!』と強くいうと「工程通り終わらせなくては!」

と業者が勝手にプレッシャ−を感じ手抜きする場合があるからです。

 

以前、僕は下請けをしている時は、元請の集金の都合で

「早く終わらせろ!」と言われ電気をつけながら夜でも仕事をしていましたので・・

迷惑千万ですよね。※誤解がないように今はしません。汗

 

話がズレましたが、そしていよいよ着工日です。

外壁塗装は大体は最初に足場組立をいたします。

※場合によっては、先に補修工事をする場合があります。


ではいきますね。

最初の工程の、外部足場の組立です。

この工程で手抜きも何もありませんが、重いものを高いところで

組み立てる作業なので、壊してしまう危険性もありますので

慎重に進めて頂きましょう。

 

あと、家の周りにあるあなたの大事な物も事前に移動しておくか

業者さんに


ポイント:『これ、大事なので気をつけてください。』


と言っておく方がいいでしょうね。

 

その日に家にどうしても居られない用事がある時は

事前に業者側に伝えておいてください。

IMG_0818.JPG

IMG_0642[1].JPG

この足場の役目をご説明いたします。

この外部足場には、2つの大事な役目があります。

 

1.水・塗料の飛散防止

 

これは、高圧洗浄の時にお隣さんなどに水・塗料が飛び散らないように

する他、塗りたての家にゴミが飛んで来ないようになど

お客様のお家をシートで囲います。


:ここでの注意は台風など風の強い時は、まともにシートが風を受けて

しまってあなた様の家を壊しかねないので、風の強い日は、

シートを畳むようにしなければなりません。

 

 

2.作業効率UP

 

普段目に付かないような場所や手の届かない場所など、

塗り残しのないようにしっかりと組立しなければなりません。

いよいよ塗装工事のスタート

次は、大事な工程高圧洗浄【水洗い】です。


高圧洗浄では下記の写真の様に外壁だけでなく板金部分など

塗る部分は全て綺麗に洗い流します。


高圧洗浄の基本は、

外壁:通常の高圧洗浄

屋根:トルネード洗浄が基本となります。

 

最近は、バイオ洗浄とか洗剤を入れて高圧洗浄をする

やり方もあるそうですが、僕個人的には否定するつもりは

ありませんが、耐久性の違いなどは、洗剤には関係ないと思いますし

高いので、当社では全く使う気はありません。

 

苔やカビなどをしっかり綺麗になるまで、洗浄をしたら大丈夫です。

通常、当社では丸1日かけて洗浄いたしますが、洗い終わったあとに

あなた様自身で見てみるのもいいですね。

 

また網戸や壊れやすい物は遠くから綺麗に洗浄します。

この時にいい加減にすると、密着が悪くなるだけでなく

 

次の工程の“養生”のテープも引っ付きにくくなり、きちんと養生を

できなくなります。

IMG_0650[1].JPG

IMG_0764.JPG

drttrkyh.JPG

IMG_0765.JPG

長年、お家を守り続けた外壁・屋根を綺麗に洗浄し次の塗装工事に備えます。


屋根の高圧洗浄の場合は、基本的に15年程度新築から経過していると

上記の写真の様に真っ白になります。

この時の下塗りは、造膜シーラーなどしっかりした下塗りを選びます。


後、言い忘れましたが、駐車場などの土間(コンクリート)

塀もトルネードで、洗浄すると綺麗になります。

 IMG_2341111.JPG

 

 

ポイント:十二分にしっかりと洗浄しておく、信用できない業者なら、あなた自身も自分の目で確かめる

 

 

 

どういう基準・・.jpg




大丈夫です。大抵はパッと見て綺麗か、やり残してあるか?

は大体分かりますので、付け加えるんなら


職人さんに一緒に確認していただく事も重要ですね。


1工程、1工程をしっかり、あなた様に

「〇〇終わったので確認お願いします。気になる所はありますか?」

と聞いて頂けると安心ですよね。

 


はい、では次にいきますね。

 

次は、これから増えてくるだろう金属サイディングの下地処理です。


金属サイディングは普通のサイディングと同じように塗装していたら

本当に大変な事になりますので、あなた様のお宅が金属サイディング

ならきちんと確認しておいてください。


結構、悪意はなくても知らずに塗装してしまう業者さんもいますので・・・

良く金属のお家に住んでいるお客様は


『新築の時に工務店にメンテナンスはいらないって言われたのに・・・』


金属の全てがメンテナンスフリーではありませんので、サビが出てきたり

したら1度ご相談してください。

 

PA2210013.JPG

PA2200112.JPG

上記の写真の様に、表面の層が塗装を受け付けないので、しっかりと

表面・目地の部分をサンダーなど機会類で目荒しする必要があるのです。


ちなみにこの工程を丁寧にすると、全体の外壁塗装で、

絶対に1日や2日では終わりません。


上記のお宅で2、3人で1週間位、でかかりました。泣

 

でも、本来、職人というのは誰も見ていなくてもキチンとするのが

“職人気質”というものです。


目荒しとは表面にわざと傷をつけ塗膜の密着を良くする事です。

これをしないと、外壁塗装が終わった直後は綺麗でも2.3年

“パリパリ”と徐々に剥がれてきてしまいます。


後は通常通り塗装して頂いてOKです。

メーカーに確認しながら塗装する方があなた様も業者もより安心ですね。


ポイント:金属サイディングはしつこい位、キチンと目荒しを行ってください。これをしなければ塗装自体する意味がありません。


次は、コーキング工事(目地の防水です。)と呼ばれる下地処理です。

工程は以下です。

11111112321.JPG@築12年〜15年位のお宅です。 A3B7A3B17A3B7 (2).JPGAまずはコーキングを切り落とします
A3B7A3B172A3B7 (1).JPGB下塗りのプライマーを塗装します A3B8A3B8A31B8.JPGCコーキングを打ち込みます
_A5B7A1BCA5EAA5F13A5B0 (2).JPGDバッカ−と呼ばれるヘラで整えます _A5B7A1BCA5EAA5F13A5B0 (1).JPGE完成♪

こんな感じの工程です。


注意点:コーキングを打ち込む際に、特に2液型と言って主剤と硬化剤を混ぜて

使うタイプの物は空気が入りやすいので注意が必要です。

空気がはいると、1年後位に破裂したようにコーキングが割れてきます。


コーキングの寿命は10年程度だと言われていますので

大抵、塗り替えの際にはセットになってきます。

 

 

 

では、コーキング.jpg

 

 

確かに気になる所ですよね。

新築の場合は、コーキングが剥き出しの場合

が多いですが、塗り替えの際は、大半コーキングの上に

ブリードを防ぐものを塗ってから塗装いたしますので

塗り替えの際は、塗膜が守ってくれますので、安心してください。

 

ブリード”と聞きなれない言葉が出てきましたが

難しい専門的な事なので、簡単に分かりやすく言うと

コーキングにはゴムを柔らかくする材料が入っており、その材料が

上塗りに染み込んできて黒ずんでくる事です。

 

残念ながら写真はありませんが、

目地の部分だけ黒ずんで美観を損ねるものです。

 

ポイント:コーキングを打ち込む前に専用プライマーを塗り、打ち込む際は空気が入らないように!コーキングの上にはブリード現象を防ぐ専用塗料を塗りましょう。


上記のポイントは結構しない?知らない?

分からないですけど、見逃されやすい手抜きポイントです。


今は便利で「ブリードOFF」というコーキングもありますが、

塗っておくほうが間違いないです。

 

せっかく、あなた様が傷んできた我が家を綺麗にしようと外壁塗装を

依頼しても、ブリードが起きると本当に見た目が悪くなりますので、

大事な注意ポイントです。

 

ですが、このコーキングというのは建物を雨漏りから防ぐ、

大事な生命線ですので、キチンと知識のある業者に依頼する事をオススメいたします。

 


次は、窓などの養生です。

 

このように窓など塗料が付いてはいけない部分をしっかりと養生します。

 

この工程をいい加減にすると、最後の掃除が大変((+_+))


ここで注意する点は、サッシ部分などに

直接マスカーやガムテープ(ビニールテープ)を貼り付けると養生を

剥がした際に、夏場は特にテープの後が付き「ベタベタ」感が残り

そこにホコリが付着してしまいます。

 

それを防ぐには、最初に紙テープを張ってから2重で貼ることで

簡単に解決できます。

養生.JPG養女1.JPG

IMG_0695.JPG

 養生の際の注意点は先に紙テープを貼りましょう。OKですか?

これも大事な下塗り【塗料の密着材】

では次にいきますね。

次の中塗り・上塗りをしっかりと密着させる大事な下塗りです。

 

下塗り材には、無色透明と色つきがあります。

662255.JPG

下の写真の下塗り材は

当社おすすめの日本ペイントのパーフェクトシリーズの下塗り材です。


この下塗りで良くある手抜き工事は、

◆壁と軒天との間の角や窓まわりの刷毛でなければ入らない部分を
手間が掛かりますので塗らない。ローラーで塗れる部分しか塗らない。

◆吸い込みが激しい様な、コンクリートの下地の壁の時に使う
下塗りは水性が多いでのすが、薄めまくる。
◆塗らない。


上記が代表的な手抜き工事だと思います。酷い業者は


「刷毛で塗る部分は大抵、影の部分が多いので、紫外線もないし大丈夫」

 

とか分けの分からない事を言うので気をつけてください。


ポイント:下塗りは基本的に仕様書通りの希釈(薄める)にし、しっかりと塗りこむ。下地の色と上塗りの色を見て時には2回塗る。角々を注意して見てください。

 

 

2013年現在は、痛みが激しい部分に使う

【ファイン浸透造膜シーラー】など新しい下塗り材が次々と

出てくるので業者も常にアンテナを張る必要がありますね。

 

やはり、女性の化粧と同じで下地が良いと上塗りも綺麗にのります。

 

ここまでが、塗装自体の耐久性を80%決めると

言っても過言ではありません。

 

ですので、下塗りまでの作業に時間をかけ

しっかりと下地が出来てから上塗り作業をします。



ようするに.jpg



ここまでで本当に大事な事は、技術も勿論大事です。

しかし、それ以上に大事な事は「どれだけお客様の気持ちを考えているか?

自分の実家を塗る時と同じように手間をかけているか?」


これが全ての答えといっても過言ではありません。

やはりプロは、ばれないように誤魔化そうとすれば、いくらでも誤魔化す事は出来るからです。


お客様第一とかいう無味乾燥のものではダメです。お客様の気持ちが第一だということです。

 

 

 

下の写真の様な軒天塗装などがある場合は、基本的に

外壁の前に仕上げてしまいます。

IMG_0740.JPG

最後の仕上げ、中塗り・上塗り

さて、次は仕上げ段階の中塗り・上塗りです。

 

業者さんの間では、下塗り・上塗り2回という所もありますが、

言い方が違うだけですので気になさらなくて大丈夫です。

 

下記は中塗り塗装をしている2枚の写真です。

中塗り.jpg

中塗り1.jpg

そして上塗り塗装の写真です。

上塗り1111.jpg

先月、お見積もりのご依頼があり、見積もり提出したお客様

がいたのですが、最後は価格で違う業者さんを選ばれたのですが、泣

 

数日、してからこんなお電話がありました。

『先日は、ありがとうございました。ちょっとご相談があるのですが・・・』

久保「こちらこそ、ありがとうございました!どうしました?」

『実は、今日半日で中塗り・上塗りが終わったと言われたのですが本当に大丈夫でしょうか?』

久保「そうですか、では何人位で作業をしていましたか?」

『親方1人です。』

久保「それはありえませんね。○○さんのお宅は大きいので絶対に不可能だと思います。足場や養生を解体する前に、もう一度、親方でなく元請けさんに確認された方がよろしいのではないでしょうか?」

『はい、聞いてみます。』

 

こんなやり取りです。

 

一応、その後に、現場を見に行ったのですが、

下塗り部分もガッツリと透けている部分もあり、2回塗っている様には

見えなかったのですが、真相は分かりませんでした。

 

でも、2回塗るとかそんな前に「塗料のタレ・透け」などが激しく

ビックリしました。

 

こんな事は、予算が厳しい元請けの下にいる下請け塗装店や

またそこから、仕事を依頼される、孫請け塗装店では、ありえる事です。


『なんでそんなトラブルが起きるような事をわざとするの?』


それは、決められた予算で何とかやりくりをしないと、直接仕事する

下請け塗装店は、生活や給料が払えないからです。

 

実際は下塗りを誤魔化すより、上塗りを1回にする手抜き

の方が断然に多いです。

 

それは、下塗りを省くと剥がれてやり直すリスクがあるけど

上塗りを誤魔化したら、色があせてくるのが早いだけで

剥がれませんからね。そんな理由です。

 

中には、絶対に手を抜かず、赤字になり、倒産する会社も

職人気質な人・真面目な人ほど多いです。

 

誤魔化す業者が生き残り、真面目な業者は倒産する・・・

世も末ですね・・・

 

だから僕たちは業界そのものをもっと魅力的に変えていきたい

のです。普通の予算があれば、手を抜く必要もありませんし

本来の美しい職人仕事を提供出来るはずです。

 

真面目な人ほど、営業下手、営業上手がピンハネし

職人を使い儲ける。ホント嫌な図式です。

 

もう本当に、この業界から


 

 

ese.jpg


 

元々、僕たちが17年間してきた下請けをやめたのも

そういう事が嫌で下請けは一切しない今のスタイルをとって

いるのに、

 

こんどはインタ−ネットの世界でも

一括無料サイトや自社施工と言いながら下請け業者

泣くのは、いつも下請けとお客様。

 

もう懲り懲りです。本当に、この業界から一掃したいです。

 

もし本当に自社施工というなら、職人紹介がなければ

私から言わせたら「嘘」です。証拠がなければ信用できません。

 

今年もガンガン業界と戦いたいと思っています!

 

だから当社のmissionは

nihonnde.jpg

なのです。

 

 

本題からずれましたね。すいません。熱くなってしまいました。汗

では工程の続きをご説明したいと思います。

 

外壁が仕上がったら養生を解体します。

養生解体.jpg

養生で手抜きする事は、ほぼありませんね。

 

そして養生解体後に雨樋・雨戸・水切りなどの付帯部分を塗装致します。

付帯部分.JPG付帯部分1.JPG

 付帯部分2.JPG

付帯部分というのは、外壁以外の例えば

◆雨樋・水切り・エアコンカバーなど色々な部分を指します。

 

付帯部分の塗装の後に細かい塗り残しも筆などで細かくチェックし塗り残し

がないようにします。

IMG2_0310.JPG

タッチアップ1.jpg

掃除・外部足場の解体

そして次は、エアコンのテープ巻き直したり、窓をふいて掃除したり

足場解体に備え最後の仕上げ段階に入ります。


ここでは、エアコンフォースのテープが傷んでいたりして業者さんが

直してくれなかったら、数千円でホームセンターなどに売っていますので

足場がある間にお願いする方がいいと思います。

 

ポイント:足場を解体してしまったら何も出来なくなるので、気になる所は足場がある間に、しておきましょう。

テープ巻き直し.jpg

サッシの溝などにもゴミが詰まりますので、しっかり掃除がしてあるか

確認してください。

最後の掃除.jpg

最後は、足場を解体してます。

ここまできたらせっかく仕上げた部分を傷つけないように

慎重に足場解体をしていきます。

IMG_0819.JPG

IMG_081219.JPG

解体後も掃除をして、近隣の方々へ

「工事終わりましたので、ご協力ありがとうございました!」と

元気よく挨拶して完了です。

IMG_0822.JPG

 

かなりの長文になってしまいましたが、最後まで読んで頂いて

ありがとうございます!心より感謝致します。

 

そして、私(久保)が一生懸命、失敗してしまいそうなポイント

注意したほうがいいポイント、色々な事を書きましたが、

 

この知識が、あなた様の大切なお家の外壁塗装が成功する

お役に立てる事を祈っています。

 

私たちは、あくまで小さな専門店ですので

大手企業の様なブランド力を期待されても荷が重いですし、

身の丈以上の事はできませんが、

 

もし、あなたが少しでも私たちの事を信用してくださるならご相談から

で構いません。お心を決める前に私(久保)まで、

『ホームページ見たよ』とお電話頂ければ幸いです。

 

冒頭で書きました、外壁塗装業者を徹底比較検討はコチラをクリックしてください。

 

 

 

 

 

追伸・・・一番ここで伝えたかったのは、技術も勿論大事です。

しかし、それ以上に大事な事は

「どれだけお客様の気持ちを考えているか?

自分の実家を塗る時と同じように手間をかけているか?」

 

これが全ての答えといっても過言ではありません。

やはりプロは、ばれないように誤魔化そうとすれば、

いくらでも誤魔化す事は出来るからです。

お客様第一とかいう無味乾燥のものではダメです。

お客様の気持ちが第一だということです。

外壁塗装・屋根塗装・防水工事のお問い合わせはコチラ
フッターレスポンスバナー.jpg
フッダー塗り替えを成功させる6つの秘訣.jpg保証1.jpgお客様バナー3.jpg