【外壁塗装デザイン】のコツ

ガイナ外壁塗装:リペイント匠

外壁塗装のデザインを決める際は、カラーシュミレーションを使うとより分かりやすいくイメージできます。この外壁塗装のデザインというものは、お客様100人いたら100通りあり、正解はない難しい領域になります。

ですので、ご近所を散歩しながら、自分のイメージのデザインに合ったものを探すか、インターネットで事例を見ながら探し、実際に業者さんなどにカラーシュミレーションなどをお願いする事が一番いいのではないかと
思います。

また今はネット上でカラーシュミレーションをすることも可能みたいなので、そちらもチェックするとよりいいかも知れません。

⑴休日のお出かけの際や散歩中に見回る

外部環境:リペイント匠

上記でも書いていますが、外壁のデザインを決める際に、私が一番おすすめするのが、この方法です。

毎日、健康のために散歩をされている方も多いと思うのですが、その際にご近所の散歩コースを毎回変えて、色々な家を見て自分のイメージに合ったお家を探しながら散歩することも楽しいです。

この方法を私がおすすめして、外壁塗装をきっかけに毎日散歩を始めた方もリペイント匠のお客様では非常に多いです。

あと休日どこかにお出かけする際に、色々な住宅を見回りながらドライブなどをするのも、色々なデザインの住宅が見えてワクワクしながら楽しいです。

そしてイメージ通りの外壁デザインが見つかったらメモ帳などにイメージを書いておきましょう。

⑵身近な食べ物で例えてみる

大人のビターチョコ

ベージュと茶系のツートンカラーですが、茶系の色合いでどこか大人のビターチョコを思わせる雰囲気が出ていると思います。

外壁塗装:リペイント匠

宇治金時

ソースの少しくすんだ緑色と氷の色、そして小豆の茶系で、宇治金時の様に綺麗にまとまっています。

ガイナで外壁塗装:リペイント匠

ホワイトチョコ

屋根の濃い茶系と外壁のホワイトチョコ色で綺麗にまとまっています。

外壁のデザインを決める際に、この様に、身近で好きな食べ物とかをイメージして建物のコンセプトを決めるのも楽しいと思います。

おしゃれに見える色というのは基本的に単色だけでは、ありません。バランスのいい色々な色全体を見て人はおしゃれな配色だと感じるものです。配色の際に、身近な植物などでも考える事が出来ます。例えばお花のひまわり。

ひまわりの綺麗な黄色の花の部分=外壁。葉っぱの緑の部分=屋根。幹や種の茶色=雨樋や雨戸などの付帯部分。

他にも、朝日が綺麗に感じるのは、空の青や雲の白色などが引き立ててきるからです。この様に身近なものを参考にするとバランスの良い配色になる事が多いです。

⑶ツートンカラーでデザインする

人気ツートンカラー:ブラウン系+ベージュ系

この外壁塗装のデザインは本当に人気です。下に茶系の色を持ってきて、上部はベージュ系。サッシが茶系か黒系でしたら大体のお家にデザインできます。この場合は付帯部分の雨樋や雨戸、シャッターBOXなどは、サッシに合わせた茶系か黒系に塗装する事をおすすめします。

三重県伊勢市T様邸の外壁塗装後

人気ツートンカラー:グレー+グレー

グレーとグレーを使った外壁塗装もすごく人気な色の組み合わせです。コツとしては濃いグレーを6割~7割程度の面積割合にすると綺麗にまとまります。どことなく都会のカフェの様な雰囲気に仕上がります。

3-1人気単色デザイン

ホワイト系

ホワイト系の1色でまとめる時は、サッシなどアルミ部分が白い時に多いです。サッシ廻りが白い事で他の外壁以外の部位も白でまとめやすくなります。おすすめ塗料は、ガイナの艶消しに、他の部位を艶有で塗装するとメリハリがきいて、より清潔感のある品がある感じに仕上がります。また汚れやすいという白もガイナを使う事で解消されます。

※ガイナの屋根は汚れが目立ちやすいですが、外壁は経験上キチンと施工すれば他の塗料より汚れにくいです。

津市外壁塗装:リペイント匠

ブラウン系

ブラウン系は和風にも洋風にもあるオールラウンダーの色です。この色を外壁塗装してミスという事は余程、配色ミスしなければないと思います。またブラウン系でも薄い色と濃い色で見え方も大きく違ってきます。

グレー系

グレーは最も汚れにくい色として人気です。こちらも和風と洋風どちらにも合い、失敗の少ないオールラウンダーな塗料の一つです。注意点として、ガイナ以外の塗料で外壁塗装をする場合は、艶有をおすすめします。艶消しのグレーですと、建物の形状で少し安っぽく見えるかもしれません。ガイナですと質感とかが高級なので、問題ないです。

⑷外壁の凹凸を使いデザインする

最近はこの色分けの仕方が非常に多いのですが、建物の凹凸を利用して、色変えするとおしゃれに見えます。ここでもいくつか参考事例をご紹介いたしますが、バルコニーや玄関周りなどで色分けする事が多いです。

分かりにくいですが、上の写真のように玄関周りで色分けして、さらに玄関周りの部分だけ2色塗りにすると、さらにオシャレ感がUPします。

玄関周りで色分けする

こちらは玄関周りで色分けしたパターンになります。さらに色分けした茶系の部分は薄い色と濃い色で2色塗りにしてありますので、分かりにくいですが、おしゃれに仕上がっています。

バルコニー部分で色分けする

こちらもオーソドックスなバルコニーで色分けしたパターンになります。ポイントとしては、外壁のメインの大きい面積の色より、濃い色をいれるとかっこよく引き締まった感じに仕上がります。

⑸縦ラインでデザインする

外壁を縦ラインを入れてデザインする。このデザインをする場合は、サッシなどの窓回り・外壁の目地を使ってデザインする事が多いです。注意点としては、外壁のメインの色ではなく、縦ラインの方に濃い色をもってくると失敗は少ないです。

⑹アクセントを入れてデザインする

バルコニー部分だけ2色塗りにする、雨どい1本だけ綺麗な赤を入れるなど、少しアクセントを入れるだけで大分、雰囲気が変わっていきます。ここでの注意点は、あくまでアクセントなので、赤など原色を入れるなら面積は少なめに、あまりしつこくならない事がポイントです。

雨樋1本を赤にした例

スーツについているボタンの一つが赤い感覚で雨樋1本や、屋根のふちの板金部分だけ赤などで締めるのもおしゃれに仕上がります。

バルコニーを2色塗りした例

外壁を明るめの色で塗装して、バルコニーなどを濃い2色を使い塗装するとおしゃれにしあがります。バルコニーが付いている面に玄関がある事がほとんどだと思いますので、すぐ目にとまりカッコいいです。

2色塗り:リペイント匠

⑺目を引くワンポイントを入れる

動物を飼っていらっしゃる方でご依頼が多いのですが、目を引くようなワンポイントのイラストみたいなのを描いておくと、来客された方に驚かれると思います。小さなお子様が見えるお宅は身長を思い出に書くツリーを書いたりもします。

⑻外壁デザインに役立つカラーシュミレーション

外壁塗装をする際に、ある程度参考になる家を見つけてから、我が家ではイマイチイメージがつかないという方は、自分の家をカラーシュミレーションする事で決定打となるかもしれません。ですので、イメージは何となくあるけど、我が家で確かめたいという方は、カラーシュミレーションを試してみるのがおすすめです。

スズカファイン

タブレット専用のカラーシュミレーションですが、ここのが一番使いやすいです。

iPad専用アプリ

日本ペイント

日本最大、世界トップ10に入るグローバルな塗料メーカー。

http://www.hanacole.com/simulation/index.html

エスケー化研

建築用塗料の最大手、塗料メーカーです。

http://www.sk-kaken.co.jp/simulation/

⑼原色を使うポイント

原色系の色は、ワンポイントやアクセントで使うから際立っておしゃれになるのであって、面積の多い部分に塗装するのは、すごく配色が上級者向けになります。ですので、赤や黄、緑などはアクセントとして使いましょう。緑などもくすんだモスグリーン色をポストだけに塗装するなどは、リペイント匠でもよく施工しています。

ワンポイントで、ポストにモスグリーンを入れたりすることで他の色が一気にオシャレにみえます。

⑽まとめ

外壁塗装のデザインについて詳しく写真を中心に書いていきましたが、分かりやすかったでしょうか?この記事を見てくださっている方は、これから外壁塗装をお考えの方が多いと思いますので、皆様の外壁塗装のデザインにお役に立てれば幸いです。また分からない事や疑問、ご相談、見積もりは0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページみたよ」とお問合せしてください。では、ありがとうございました!

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ

Show