取り扱いオススメ塗料

【塗料の種類】外壁塗装でおすすめの塗料や種類について

日本塗装名人社(JPM)

私どもも入らせて頂いている日本塗装名人社(JPM)の塗料です。

高耐久の塗料を市場価格より低価でお客様に販売できる、本当にありがたい塗料になります。値段だけでなく品質も様々な試験を潜り抜けてきた折り紙付きでございます。

2020年今年もありがたいことに中部アリア(愛知、静岡、岐阜、三重)でUVフッ素コート販売実績1位の表彰を頂きました。当社では外壁の塗料は関係なく、付帯部分はすべてこのフッ素で塗装しております。

日進産業 ガイナ

ガイナ日進中部社長と対談:外壁塗装・屋根塗装

言わずと知れた『塗る断熱材』ガイナです。リペイント匠のwevにもガイナページをご用意していますので、是非、ご覧ください。

塗布するだけで遮熱+断熱+αのガイナが選ばれる理由
一般的な遮熱・断熱塗料とは全く異なるメカニズムで、建物に塗布するだけで快適な空間を創出する「ガイナ」。
その発売以来、長年にわたりお客様に選ばれ続けている理由を詳しくご紹介します。

安全性

有機溶剤等危険物を使用していない水性であり、室内空気環境の安全性の目安となる「F☆☆☆☆」を取得していますので、安心してご使用頂けます。
さらに、国土交通大臣から「不燃材料」の認定、米国スタイナートンネル試験UL723(内装仕上げ材における認証試験)に合格しています。

多機能性

夏の暑さや冬の寒さへ対応するだけでなく、騒音やニオイにも対応することが出来ます。
夏でも冬でも、昼でも夜でも住まいの不満を総合的に改善し、快適な住環境を実現します。

省エネ性

夏の冷房に対する効果だけでなく、冬の暖房効果も格段に改善できる省エネ商品として高い評価を頂き、「第43回 岩谷直治記念賞」及び「2017年度 省エネ大賞 審査委員会特別賞」を受賞しました。

施工性

塗るだけで建物を壊すことなく省資源なエコ断熱改修が可能です。1㎜以下の厚みなので、部屋も狭くなりません。

耐久性

紫外線に対して最も強いセラミックを多層化しているため、通常の塗料よりも優れた耐久性を持っています。
さらに、遮熱・断熱性能により、建物自体の膨張・収縮を最小限に抑えることができるため、建物を長寿命化させる事が可能です。

アステックペイント

汚れに特化した塗料や多彩模様のオシャレに仕上がる塗料、防水性に特化した塗料など様々塗料を販売されており全国の塗装屋さんに愛用されている塗料になります。

プレミアムペイント

プレミアムペイントは、塗装職人から誕生した『唯一』であり、『最高で最強の塗膜を作り上げる塗料』というプライドをいつも大切にしております。

静岡県の㈱美匠さんという塗装専門店があるのですが、そこの社長は十代からこの業界に入り、毎日仕事をしていく中で「こんな塗料があったらいいのに」という思いで色々な塗料メーカーの塗料を使い続けたそうですが、結局、理想の塗料が見つからず「それなら自分で開発しよう」と開発した塗料です。

一緒にお話をしているとやはり昔から塗料へのこだわりはすごくいまでも塗料の話になるとものすごく熱く語ってくれます。耐久性・美観・低汚性、全てにおいて最高の仕上がりになる塗料です。

何故、価格の割に最高の塗料ができるかと言いますと、普通の塗料がお客様へ届く流れを見ていただければ分かりやすいかと思います。色々なパターンがありますので一概には言えませんが。

一般塗料の流れ:①工場⇒②メーカー⇒③商社⇒④1次代理店⇒⑤施工店⇒⑥お客様
(2次代理店が④の次に入る場合もあります。)

プレミアムペイント:①工場+メーカー⇒②施工店⇒③お客様

この様な流れですので、他の塗料メーカーと比べ複数の余分な中間マージンがなくなる分、塗料の品質を上げられる訳です。価格帯は上の中という感じですが、最高品質です。

他の塗料メーカーに比べ違いは、メーカーサイドから考えた塗料ではなく、『職人からの意見・声』『お客様からの意見・声』といった、現場目線での塗料になります。

①顔料(色彩を作り出す材料)

②樹脂の結合技術

③樹脂の量

上記の様な違いが、耐久性・美観・低汚性で最高の結果をだします。これから普及してくる塗料と確信していますので、耐久性・美観・低汚性にこだわる方はお使いください。超お勧め塗料です。

その他多く取り扱いしております。

光触媒

こちらも有名な光触媒塗料です。TOTOのハイドロテクトです。光触媒技術でセルフクリーニング(自然に汚れが落ちる)をするという優れものです。白などを基調にした色彩が好みで美観にこだわる方にオススメな塗料です。

日本ペイント

日本ペイントは言わずと知れた有名なメーカーですね。車関係などが特にシェアが多く、価格は高めですが、私たちも外壁塗料・屋根塗料などでよく使います。日本ペイントで最近出た良い塗料はパーフェクトシリーズです。後、昔からあるファイン4Fセラミック(フッ素)やファインシリコンフレッシュ(シリコン)などのファインシリーズです。

関西ペイント

関西ペイントは、三重県ではあまり使われないメーカーですが、かなり有名なメーカーです。リペイント匠では、付帯部分の塗り物関係でよく使用しています。

エスケー化研

住宅のシェアでは一番多いと思われるエスケー化研です。品質の割に価格が安いことから下請けさん~元請塗装店まで幅広く使われています。大手ハウスメーカーさんも10年点検などで塗り替えを進める際の多くはエスケー化研です。有名な塗料はクリーンマイルドシリーズです。

オリエンタル塗料

オリエンタル塗料は、基本的に屋根の塗装でよく使います。特にトラブルの多い洋瓦系のモニエル瓦などはマイティーシリコンなどをよく使います。後、和風の瓦などでよく使うのは、いぶしコートなどです。

ミズタニ

ミズタニで有名でよく使うのはナノテクノロジーから開発されたナノコンポジットWです。この塗料の特徴は特に低汚性です。とにかく汚れに強く、耐久性もある塗料になります。価格は若干高めですが。汗

ロックペイント

ロックペイントで有名なのは、ユメロックなど2液型の溶剤ではないでしょうか。

山本窯業

山本窯業で有名なのは、石調の塗料関係だと思います。三重県ではまだ訪問販売の方が「うちのオリジナルです。」とかいって販売しています。でも、実際の中身は多分同じで、缶とラベルを変えてあるだけでしょうね。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ

Show