外壁塗装とコーキングの打ち替えに関する津市の方からの質問

外壁塗装とコーキングの打ち替えに関する津市の方からの質問です。ご質問ありがとうございます。「外壁塗装とコーキングの打ち替えを検討されていて予算の都合で悩んでいる方はいらっしゃいませんか?」

Q,外壁塗装をしたいのですが、予算の都合上、雨漏りの心配があるコーキングの打ち替えだけでもお願いできないかと思っています。できれば足場を組み立てせずにコーキングの打ち替えだけできると助かります。

また一部のコーキングの補修だけとかでも対応可能ですか?

A,はい!勿論可能です。

まずはコーキングの打ち替えだけでも可能ですか?

というご質問に対しては、勿論可能です。打ち替えを検討されているという事はサイディングの外壁ですよね。

コーキングの打ち替えをご検討という事で、お家を見て頂ければ分かりやすいと思うのですが、サイディングの外壁コーキングの中でも一番先に傷みやすいのが、縦目地です。目地というのは外壁の継ぎ目です。

早い場合であれば、5.6年で割れが出てくる場合もございます。遅くても10年を超えだすと傷んできます。早い場合であれば5年前後。遅くても10年経過すればほとんどの場合で傷みだします。

そこでそのコーキングを直すという事になると思いますが、修理方法といたしましては、

①コーキングの応急処置(増し打ち)をする。
②コーキングの打ち替えのみを行う。
③コーキングの打ち替え+外壁塗装を行う。

この3つに分類されるかと思います。

①の増し打ちという応急処置は、ご予算の関係上、「来年に外壁塗装するからそれまでの間雨漏りしなければいいのよ」という方にご依頼を受ける事があります。

①は、この処理で放っておくと直ぐにまた傷んできますので、長期的な観点ではオススメしておりません。

次に②です。こちらも当分、外壁塗装の予定はないけど、外壁のコーキングだけは気になるという方でご依頼を頂く事があります。

質問にもありました、足場がいるか?いらないか?は、平屋か?2Fか?安全に梯子をかけて仕事できるか?できないか?

そして足場を組み立てすると仕事の効率はグンとよくなります。逆に梯子で仕事をすれば仕事の効率は悪くなりますので、足場代vs人件費でどちらが安く済みかで私たちは判断させて頂いてお客様に提案するようにしています。

そして③ですね。この③が実際に依頼がすごく多いのですが、色々な事情から①、②をお願いして頂く事もあります。

また予算等は関係なく、コーキングは傷んでいるけど、外壁がまだまだ綺麗だから悩んでいるというお客様もいらっしゃると思います。

おさらいの意味も含め、外壁塗装とコーキングについてメリットやデメリットなど主なものだけをお伝えできればと思います。

■コーキングの増し打ち(応急処置)のみ

メリット⇒たいていの場合1日で工事が完了して安く済む。
デメリット⇒長期的には考えにくく、短期的な応急処置。いずれはキチンとした工事が必要になる。

■コーキングの打ち替えのみ

メリット⇒費用が安く済む。
デメリット⇒コーキングだけの工事なので、紫外線など直接当たり劣化が早い。いずれは外壁塗装も必要となる。

■コーキング打ち替え+外壁塗装

メリット・・・コーキングの上から外壁塗装をするため劣化は遅くなる。
デメリット・・・大掛かりな外壁塗装がある分、費用はもちろん高くなる。

ここで、増し打ちはオススメしていませんが、一応、増し打ちと打ち替えの費用感も書いておきます。

価格目安

【打ち替え工事】
工事内容:既存のコーリングを剥がして新しくコーリング材を打つ
価格目安:700円~1,500円/m

【打ち増し工事】
工事内容:既存のコーリングの上からコーリング材を打つ
価格目安:500円~900円/m

コーキングだけという選択肢もありますが、予算関係なくお話するなら勿論、外壁塗装とコーキングをやる
③の選択肢が一番いいです。

ただ、外壁の状態にもよりますので、外壁がキレイで外壁塗装までは、、、チョット。とお考えの方は無料で診断しますので、お気軽にお声がけください。

コーキングの打ち替えにしても、足場がいらない状況は非常に少ないので、足場はいると思ってもらっておく方が間違いないです。

そして、足場がどちらもいるという前提で話をするなら、すこし乱暴な表現になりますが

・仮設足場+コーキング打ち替え+外壁塗装で100万円だった場合、

・仮設足場+コーキング打ち替えのみの工事で50万円ほどになります。

※あくまでイメージです。分かりやすいように表現しております。


そして、もう一つ質問があった

・一部のコーキングの補修だけでも可能ですか?ということですが、
勿論可能です。

部分的にでも可能ですし、縦目地1本や正面のバルコニー部分だけでも可能です。

その場合、2点ほど注意点がございます。

1点目
m数が少ないと見積もりの表現が一式になります。お家全体のコーキングを打ち替えする場合より
一部を打ち替えした方が人件費の都合上、どうしても価格的には割高になります。

2点目
上でもお伝えしたように、敷地の問題から縦目地一本の打ち替えでも梯子では作業できない場合がございます。
その場合は外壁の縦目地1本のコーキングの打ち替えであっても足場を必要とする場合がございます。

・最後にDIYでコーキング修理されるときの注意点です。

2つほどございます。

①DIYをされるかたであれば、コーキング材を買う場所はホームセンターだと思います。買うときの注意点として変性シリコンかウレタンと呼ばれるものを使用してください。窯業系サイディングやALCなどに多く使われるコーキング材です。

300円前後で安く販売されているシリコンは劣化しにくいのですが、外壁が汚れやすくその上から塗装できなくなります。

特徴は以下です。
シリコン系コーリング材(シリコンコーク)は、耐水性・耐候性・耐熱性に優れて材料代も安いのでホームセンターでは人気です。外壁が汚れやすく上から塗装できません。専用プライマーを使用すれば塗装可能なケースもありますが、基本的に外壁には使用しないシーリング材です。(主な使用用途は、水回りつまりお風呂や洗面、キッチンなど、そしてガラス周り、その他には瓦などの補修にも使う業者さんもいます)

②2階から1階までの縦目地で、手が届く範囲の1階だけされる方がいます。
このような場合ですと2階から雨水が侵入した場合、コーキングを打ち換えた1階で雨水がせき止められ雨漏りを酷くする場合がございます。打ち替えをされるのであれば、縦目地なら上から下まで打ち替えされることをオススメいたします。

DIYですので、素人さんがするとケガをする可能性もありますし、ご近所の業者さんにお願いするのが一番です。
コーキング工事で命をかけてまでやる事ではないと思いますので。

また分からない事がありましたらお気軽にご質問ください。ご質問ありがとうございました。