【鈴鹿市】外壁塗装の人気色7選!魅力や色選びの方法、注意点を鈴鹿市のプロの塗装業者が徹底解説

2023|外壁塗装と屋根塗装の人気色とおすすめの色

新築時の外観を保ちたい、またはリフレッシュして新しい印象を与えたいと考えている方にとって、外壁塗装は大切な選択となります。

 

その中でも、色選びは非常に重要です。色によって家全体の印象が大きく変わり、住まいの個性や周囲との調和が図られるからです。

 

しかし、色選びに失敗してしまうと、イメージとは違ったものになり、残念な気分で過ごす羽目になってしまいます。

 

そこで本記事では、外壁塗装を検討している方に向けて、特に人気のある7つの色とその選び方、さらに色選びの際の注意点について詳しく解説します。

 

これから外壁塗装を行う際の参考にしていただければ幸いです。

 

 

【鈴鹿市】外壁塗装の人気色7選~魅力や色選びのポイント、注意点について

外壁塗装色選び

外壁塗装は家の印象を大きく左右する重要な要素です。

 

色選びは単なる美観だけでなく、建物の価値や保護性能にも影響を与えるため、慎重に選ぶ必要があります。

 

そこで、本記事では外壁塗装で特に人気のある7つの色をピックアップし、それぞれの特徴や魅力を詳しく紹介します。

 

それぞれの色が持つ効果や選び方のポイントを知ることで、あなたの家に最適な色を見つける手助けとなるでしょう。

 

ベージュ

外壁塗装色選び

ベージュは外壁塗装で最も人気のある色の一つです。その理由は、落ち着いた雰囲気とどんな環境にも自然に馴染む汎用性の高さにあります。

 

①ベージュの魅力と特徴

ベージュは柔らかで穏やかな色合いを持つため、家全体に落ち着いた雰囲気を与えます。過度に派手さを求めない方には最適な選択です。

 

自然界に多く存在する色であるため、植栽や庭の緑ともよく調和します。景観を壊さず、自然の一部としての家を演出することができます。

 

また、外壁は常に雨風にさらされるため汚れやすいものですが、ベージュは汚れが目立ちにくい色の一つであり、長期間きれいな状態を保ちやすい点も大きな魅力です。

 

②ベージュの色選びのポイント

周囲の家や建物の色とのバランスを考慮することが重要です。ベージュはどの色とも相性が良いため、統一感のある街並みを保つことができます。

 

また、ベージュは単色で使うだけでなく、他の色と組み合わせて使うことで、よりおしゃれな外観に仕上がります。

 

例えば、ドアや窓枠に濃いめのブラウンやグリーンを使うことで、全体の引き締め効果が期待できます。

 

さらに、ベージュは光の加減で微妙に色味が変わるため、実際に外壁に塗った時の見え方を確認することが重要です。

 

サンプル板や試し塗りを行い、朝昼晩の時間帯での見え方をチェックすると良いでしょう。

 

光の当たり方によって色の印象が変わるため、この点を見落とさないようにすることが大切です。

 

③ベージュを選ぶ際の注意点

ベージュは穏やかな色ですが、単調になりがちです。色のトーンや濃淡を工夫して、アクセントをつけると良いでしょう。

 

また、ベージュの持つ自然な雰囲気は多くのシーンで好まれますが、周囲が非常にカラフルな場合は、逆に目立たなくなってしまうことがあります。

 

このような場合は、アクセントカラーで個性を出す工夫が必要です。

 

ブラウン

外壁塗装色選び

ブラウンは、外壁塗装で多くの方に選ばれる人気色の一つです。その理由は、温かみのある落ち着いた印象を与えること、そして自然素材との相性が良いことです。

 

①ブラウンの魅力と特徴

ブラウンは、温かみと落ち着きを感じさせる色です。

 

木や土といった自然素材を連想させるため、自然との調和が取れやすく、家全体が優雅でありながら、親しみやすい雰囲気を演出します。

 

このため、自然豊かな地域や庭の緑が多い住宅に非常にマッチします。

 

また、色の濃淡を調整することで、多様な表情を見せることができます。

 

濃いブラウンを選べば重厚感や高級感が出ますし、淡いブラウンを選べば柔らかで優しい印象になります。

 

②ブラウンの色選びのポイント

ブラウンを選ぶ際には、家全体のデザインや周囲の環境とのバランスを考えることが重要です。

 

例えば、屋根や玄関ドアの色との調和を図ることで、全体の統一感が生まれます。

 

ブラウンは落ち着いた色合いであるため、他の色とも合わせやすく、使い勝手が良いです。さらに、汚れや傷が目立ちにくいという利点もあります。

 

これは、外壁が常に風雨にさらされることを考えると、大変実用的な特徴です。長期間美しい状態を保つためにも、ブラウンは非常に適した色と言えるでしょう。

 

③ブラウンを選ぶ際の注意点

その落ち着いた色合いから、時として地味に見えることがあります。そのため、単調な印象を避けるために、他の色と組み合わせる工夫が必要です。

 

例えば、窓枠やドアに明るい色を使うことや、屋根や外構部分に異なる色を取り入れることで、全体のバランスを取ることができます。

 

また、ブラウンの持つ重厚感が強調されすぎると、家全体が暗く見えることがあります。適度な明るさを保つために、明るめのアクセントカラーや装飾を取り入れると良いでしょう。

 

アイボリー

外壁塗装色選び

アイボリーは、外壁塗装で非常に人気のある色の一つです。柔らかで上品な印象を与えるこの色は、多くの家庭で採用されています。

 

①アイボリーの魅力と特徴

アイボリーは、白に近い色合いでありながら、少し黄みがかった温かみのある色です。このため、純白の持つ冷たさや硬さを避けつつ、明るく清潔感のある外観を実現できます。

 

アイボリーは優雅で上品な印象を与えるため、住宅全体が洗練された雰囲気に包まれます。

 

さらに、光をよく反射するため、建物全体が明るく見えます。特に日当たりの良い場所に建つ住宅では、その効果が一層際立ちます。

 

また、周囲の自然環境とも調和しやすく、緑の植栽や青い空とのコントラストが美しく映えます。

 

②アイボリーの色選びのポイント

アイボリーを選ぶ際には、建物全体のデザインや他の色とのバランスを考慮することが重要です。

 

シンプルでありながらも高級感があり、どのような建築スタイルにもマッチします。そのため、他の色との組み合わせにおいても非常に柔軟に対応できます。

 

例えば、屋根や玄関ドアに濃い色を選ぶことで、全体の印象を引き締める効果があります。逆に、窓枠やシャッターに明るい色を使うと、さらに明るく軽やかな印象を強調できます。

 

このように、アイボリーはアクセントカラーと組み合わせることで、さまざまな表情を作り出すことが可能です。

 

また、アイボリーは汚れが目立ちにくい色の一つです。白よりも少し黄みがかっているため、外壁に付着する埃や雨垂れの跡が目立ちにくく、長期間美しい状態を保ちやすいです。

 

③アイボリーを選ぶ際の注意点

アイボリーは多くの利点を持つ色ですが、注意点もあります。

 

その柔らかな色合いは、時としてぼんやりとした印象を与えることがあります。このため、アクセントカラーを上手に取り入れることで、メリハリをつける工夫が必要です。

 

また、アイボリーは光の当たり方や時間帯によって微妙に色味が変わることがあります。

 

実際に塗装する前に、サンプル板や試し塗りを行い、朝昼晩の見え方を確認することが重要です。これにより、実際の仕上がりが期待通りになるかどうかを確かめることができます。

 

ホワイト

外壁塗装色選び

ホワイトは外壁塗装で非常に人気の高い色の一つです。その清潔感と明るさは、多くの家庭で採用される理由となっています。

 

①ホワイトの魅力と特徴

ホワイトは、純白の色合いが持つ清潔感と明るさで、家全体を新しく、そして広く見せる効果があります。

 

どんな建築スタイルにもマッチし、モダンからクラシックまで幅広いデザインに対応できる点が大きな魅力です。

 

また、光を反射する性質があるため、日差しの強い場所でも涼しげな印象を与えます。

 

さらに、他の色とのコントラストを強調しやすいため、アクセントカラーを引き立てる効果があります。

 

例えば、ドアや窓枠に濃い色を使用することで、全体のデザインにメリハリをつけることができます。

 

②ホワイトの色選びのポイント

ホワイトを選ぶ際には、建物全体のバランスや周囲の環境との調和を考慮することが重要です。

 

非常にシンプルな色であるため、他の色との組み合わせによって多様な印象を作り出すことができます。

 

例えば、屋根や玄関ドアに濃い色を選ぶと、全体の印象が引き締まり、モダンな雰囲気を強調できます。

 

また、汚れが目立ちやすい色でもあります。特に車の排気ガスや風雨による汚れが付着しやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。

 

このため、外壁の汚れが気になる場合は、撥水性の高い塗料や防汚効果のあるコーティングを併用することをおすすめします。

 

さらに、光の加減で微妙に色味が変わることがあります。

 

実際に外壁に塗った時の見え方を確認するために、サンプル板や試し塗りを行い、朝昼晩の見え方をチェックすると良いでしょう。

 

③ホワイトを選ぶ際の注意点

ホワイトはその清潔感と明るさが魅力ですが、汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。

 

特に排気ガスや雨風による汚れが付きやすく、頻繁な清掃やメンテナンスが必要です。

 

また、ホワイトの持つ明るさが強調されすぎると、時として冷たく感じられることもあります。このため、温かみを加えるために、他の色や素材と組み合わせる工夫が求められます。

 

さらに、ホワイトは反射率が高いため、周囲の光を強く反射することがあります。これは日中の明るさを増す効果がありますが、場合によっては眩しさを感じることもあります。

 

このような場合は、部分的に違う色を取り入れることで、反射を抑えることができます。

 

ブラック

外壁塗装色選び

ブラックは外壁塗装において、最近非常に人気が高まっている色の一つです。その洗練されたモダンな印象は、多くの家庭や商業施設で採用されています。

 

①ブラックの魅力と特徴

ブラックは、非常にスタイリッシュでモダンな印象を与える色です。シンプルでありながらも存在感があり、建物全体を引き締める効果があります。

 

特に、都会的な雰囲気や高級感を演出したい場合に最適な色です。また、他の色とのコントラストを強調しやすく、アクセントカラーを際立たせることができます。

 

さらに、太陽光を吸収しやすいため、寒冷地では建物の温かさを保つ効果があります。冬季に暖房費を節約できる可能性があるため、機能面でも優れています。

 

ただし、夏季には建物が熱くなりやすい点には注意が必要です。

 

②ブラックの色選びのポイント

ブラックを選ぶ際には、建物全体のデザインや周囲の環境とのバランスを考慮することが重要です。

 

ブラックは非常に強い色であるため、他の色との組み合わせによって多様な印象を作り出すことができます

 

例えば、屋根や玄関ドアに明るい色を選ぶことで、全体の印象を和らげる効果があります。

 

逆に、窓枠やシャッターにブラックを使用することで、統一感を持たせることも可能です。

 

また、汚れが目立ちにくい色の一つです。特に排気ガスや雨風による汚れが付きにくく、長期間美しい状態を保ちやすいです。

 

さらに、光の反射を抑えるため、夜間でも落ち着いた雰囲気を保つことができます。これは特に、住宅街や商業地区で周囲に迷惑をかけずに高級感を演出したい場合に役立ちます。

 

③ブラックを選ぶ際の注意点

ブラックはそのスタイリッシュな印象が魅力ですが、注意点もあります。

 

太陽光を吸収しやすいため、夏季には建物が熱くなりやすいというデメリットがあります。

 

これにより、室内の温度が上がり、冷房費が増加する可能性があります。このため、断熱性能の高い外壁材や塗料を選ぶことが重要です。

 

また、暗く重い印象を与えることがあるため、周囲の環境や他の色とのバランスを考えて使用する必要があります。

 

ブラックを多用しすぎると、建物全体が暗く見えることがあります。このような場合は、部分的に明るい色を取り入れることで、全体の印象を和らげることができます。

 

グリーン

外壁塗装色選び

グリーンは、自然を連想させる色として、外壁塗装で人気のある色の一つです。その落ち着きと爽やかさは、住宅に親しみやすい雰囲気を与えます。

 

①グリーンの魅力と特徴

グリーンは、自然界に多く存在する色であり、植栽や庭の緑と非常によく調和します。

 

このため、外壁にグリーンを採用することで、家全体が自然の一部となり、落ち着いた雰囲気を作り出すことができます。

 

多くの色味があります。淡いグリーンは優しく柔らかい印象を与え、濃いグリーンは重厚感や高級感を演出します。

 

色の濃淡を調整することで、さまざまな印象を作り出すことができる点も、グリーンの魅力です。

 

②グリーンの色選びのポイント

グリーンを選ぶ際には、家全体のデザインや周囲の環境とのバランスを考えることが重要です。

 

例えば、屋根や玄関ドアにブラウンやベージュを合わせると、自然な調和が生まれ、全体の印象がまとまりやすくなります。

 

逆に、窓枠やシャッターにホワイトを使用することで、爽やかさや清潔感を強調することができます。

 

また、グリーンは汚れが目立ちにくい色の一つです。外壁に付着する埃や雨垂れの跡が目立ちにくいため、長期間きれいな状態を保ちやすいです。

 

さらに、グリーンは光の当たり方によって微妙に色味が変わることがあります。

 

実際に外壁に塗った時の見え方を確認するために、サンプル板や試し塗りを行い、朝昼晩の見え方をチェックすると良いでしょう。

 

③グリーンを選ぶ際の注意点

ただし、その落ち着いた色合いから、時として地味に見えることがあります。そのため、アクセントカラーを上手に取り入れることで、メリハリをつける工夫が必要です。

 

例えば、窓枠やドアに鮮やかな色を使うことや、屋根や外構部分に異なる色を取り入れることで、全体のバランスを取ることができます。

 

また、自然な雰囲気は、多くのシーンで好まれますが、周囲が非常にカラフルな場合は、逆に目立たなくなってしまうことがあります。

 

このような場合は、アクセントカラーで個性を出す工夫が必要です。

 

ブルー

外壁塗装色選び

ブルーは外壁塗装において、その爽やかさと清涼感から多くの人々に好まれる色の一つです。特に海沿いや湖の近くに建つ家、あるいは青空との調和を目指す場合に人気があります。

 

①ブルーの魅力と特徴

ブルーは、見る人に爽やかで清涼感のある印象を与えます。青空や海を連想させる色であり、自然との調和が取りやすい点が大きな魅力です。

 

ブルーの外壁は、夏場の強い日差しにも涼しげな印象を与え、住む人に心地よい環境を提供します。

 

さまざまな色味があります。淡いブルーは柔らかで優しい印象を与え、濃いブルーはモダンでスタイリッシュな雰囲気を醸し出します。

 

このように、ブルーは色の濃淡を調整することで、さまざまな表情を作り出すことができるため、住宅の個性を引き立てるのに役立ちます。

 

②ブルーの色選びのポイント

ブルーを選ぶ際には、家全体のデザインや周囲の環境とのバランスを考慮することが重要です。比較的強い色であるため、他の色との組み合わせによって多様な印象を作り出すことができます。

 

例えば、屋根や玄関ドアにホワイトやグレーを合わせると、全体の印象が引き締まり、爽やかで清潔感のある雰囲気を強調できます。

 

また、ブルーは他の自然色ともよく調和します。庭の緑や植栽との相性も良く、外観全体が統一感のある美しい景観になります。

 

さらに、ブルーは光の反射を抑える性質があるため、外壁が眩しくならず、昼夜問わず落ち着いた雰囲気を保つことができます。

 

③ブルーを選ぶ際の注意点

ブルーはその美しい色合いが魅力ですが、注意点もあります。まず、ブルーは光の加減で微妙に色味が変わるため、実際に外壁に塗った時の見え方を確認することが重要です。

 

サンプル板や試し塗りを行い、朝昼晩の見え方をチェックすることで、期待通りの仕上がりになるかどうかを確認することができます。

 

また、汚れが目立ちやすい色ではないものの、特に淡いブルーの場合は汚れやすく感じられることがあります。

 

さらに、ブルーの持つ冷たい印象が強調されすぎると、住まいが冷たく感じられることがあります。このような場合は、暖色系のアクセントカラーや装飾を取り入れることで、全体のバランスを取ることができます。

 

 

外壁塗装の色選びの方法

塗り替え後に汚れが目立たない色、目立ちにくい色

外壁塗装の色選びは、家の外観を大きく左右する重要な決定事項です。

 

どの色を選ぶかによって、家全体の雰囲気や印象が変わり、さらに周囲の環境との調和や、家の保護性能にも影響を与えます。色選びに失敗すると、後悔してしまうことも少なくありません。

 

そこで、本記事では外壁塗装の色選びの方法について詳しく解説します。

 

汚れが目立ちにくい色

外壁塗装の色選びにおいて、汚れが目立ちにくい色を選ぶことは、メンテナンスの手間を減らし、長期間美しい外観を保つために重要です。

 

特に、都市部や交通量の多い場所では、排気ガスや埃が外壁に付着しやすいため、色選びに注意が必要です。

 

①ベージュやグレー

ベージュやグレーは、汚れが目立ちにくい代表的な色です。これらの色は、埃や雨だれの跡が目立ちにくく、長期間にわたってきれいな状態を保ちやすいです。特にグレーは、シックでモダンな印象を与えつつ、汚れをカモフラージュする効果があります。

 

②ブラウンやダークカラー

ブラウンやダークグリーン、ダークブルーなどの濃い色も、汚れが目立ちにくいです。ただし、これらの色は太陽光を吸収しやすいため、夏場の熱対策として断熱性能の高い塗料を使用することが望ましいです。

近隣とのバランス

外壁の色選びでは、近隣とのバランスを考慮することも重要です。家全体の外観が周囲の住宅と調和し、街並み全体の美観を損なわないようにすることが求められます。

 

特に、住宅地や分譲地では、統一感が求められることが多いため、周囲の家との調和を意識しましょう。

 

①周囲の色調を観察する

まず、近隣の住宅の色調を観察し、共通する色やトーンを見つけます。これにより、自宅の外壁が周囲と調和し、浮いた印象を与えないようにすることができます。

 

②地域の規制を確認する

一部の住宅地では、外壁の色に関する規制がある場合があります。地域のルールやガイドラインを確認し、それに従った色選びを行いましょう。

 

③アクセントカラーで個性を出す

周囲と調和しつつ、アクセントカラーを使って個性を出す方法もあります。例えば、窓枠やドアに明るい色を取り入れることで、全体の調和を保ちながらも、自宅の個性を際立たせることができます。

 

屋根やドアなどの色との相性

外壁の色は、屋根やドア、窓枠などとの相性も考慮する必要があります。建物全体の統一感を持たせるためには、これらの要素が調和する色を選ぶことが重要です。

 

①色のコントラスト

外壁と屋根、ドアの色にコントラストを持たせることで、建物全体にメリハリをつけることができます。例えば、外壁が明るい色の場合、屋根やドアには濃い色を選ぶと引き締まった印象になります。逆に、外壁が濃い色の場合は、屋根やドアに明るい色を選ぶと、全体が軽やかな印象になります。

 

②色の調和

外壁と屋根、ドアの色が調和するように選ぶことも大切です。同系色やトーンを揃えることで、全体の統一感が生まれます。例えば、ベージュの外壁にブラウンの屋根やドアを合わせると、自然で温かみのある雰囲気になります。

 

③素材感の統一

色だけでなく、素材感も統一することで、より洗練された外観を作り出すことができます。例えば、木目調のドアや窓枠に、木材の質感を生かした外壁を合わせることで、自然な調和が生まれます。

 

④アクセントカラーの活用

屋根やドア、窓枠にアクセントカラーを取り入れることで、外観に個性を加えることができます。例えば、白い外壁に対して、赤や青のドアをアクセントにすると、モダンで印象的な外観になります。

 

 

外壁塗装の色選びの注意点

外壁塗装は住宅の美観や価値を左右する重要な要素です。色選びは家の印象を大きく変え、住む人の気分や街並みとの調和にも影響を与えます。

 

しかし、色選びには多くの注意点があり、慎重に選ばなければ後悔することにもなりかねません。特に、外壁塗装は一度塗ってしまうと簡単にはやり直せないため、事前の十分な準備と検討が必要です。

 

本記事では、外壁塗装の色選びにおける重要な注意点について詳しく解説します。

 

色見本や塗り板、シミュレーションの見え方

外壁塗装の色選びにおいて、色見本や塗り板、シミュレーションを利用することは非常に重要です。しかし、これらは実際の仕上がりとは異なることがあります。

 

そのため、慎重に確認することが必要です。

 

①色見本の見え方

色見本は、小さなサンプルを基にしているため、実際に広い面積に塗った時の見え方とは異なることがあります。

 

狭い面積では鮮やかに見えた色も、大きな壁面に塗ると薄く感じられることがあります。室内で確認する場合と、実際の外光の下で確認する場合でも色の印象が異なります。

 

したがって、色見本を見る際には、屋外での確認が重要です。

 

②塗り板の活用

塗り板は、実際の塗料を使って塗られたサンプル板です。これを使って、実際の外壁に近い形で色を確認することができます。

 

塗り板を壁に当てて、朝昼晩の異なる時間帯での見え方を確認すると良いでしょう。これにより、色の変化や光の当たり方による印象の違いを把握することができます。

 

③シミュレーションの見え方

最近では、デジタルシミュレーションを使って、外壁塗装後の仕上がりを事前に確認できるツールがあります。

 

これは非常に便利ですが、画面上の色と実際の塗料の色が完全に一致するわけではないことを覚えておきましょう。

 

シミュレーションはあくまで参考程度に考え、最終的には実際の塗り板などを確認して決定することが大切です。

 

艶の有無や加減

外壁塗装の仕上がりにおいて、艶の有無やその加減は、建物の印象に大きな影響を与えます。

 

艶の度合いによって、外壁の見え方やメンテナンスのしやすさが変わるため、慎重に選ぶ必要があります。

 

①艶ありのメリットとデメリット

艶ありの塗料は、表面が光沢を持ち、明るく見えるため、建物全体が新しく清潔な印象を与えます。また、汚れが付きにくく、雨水などで自然に洗い流されやすい特性があります。

 

そのため、メンテナンスの頻度が少なく済むという利点があります。

 

しかし、一方で光沢が強すぎると、周囲の環境と調和しにくく、眩しすぎる印象を与えることがあります。特に、強い日差しを受ける地域では、反射光が強くなりすぎる場合があるため、注意が必要です。

 

②艶消しのメリットとデメリット

艶消しの塗料は、落ち着いたマットな仕上がりで、自然な風合いを保つことができます。周囲の環境と調和しやすく、柔らかい印象を与えるため、多くの住宅で好まれます。

 

また、光の反射が少ないため、外壁の凹凸や細かなデザインが強調されることがあります。

 

ただし、艶消し塗料は汚れが付きやすく、雨水などで自然に洗い流されにくいため、定期的なメンテナンスが必要です。

 

また、艶あり塗料に比べて耐久性が低い場合があるため、選ぶ際には塗料の品質や特性を確認することが重要です。

 

こだわりは周辺との調和を乱すことも

外壁塗装において、自分の好みやこだわりを反映させることは大切ですが、周囲との調和を考慮することも重要です。

 

周囲の住宅や景観と調和しない色を選んでしまうと、せっかくの塗装が逆に浮いてしまい、建物全体の印象が悪くなることがあります。

 

①周囲の景観との調和

色選びの際には、周囲の景観や近隣の住宅の色調をよく観察しましょう。地域全体で統一感のある色合いが採用されている場合は、その色調に合わせた色を選ぶことで、景観を損なわずに済みます。

 

また、自然環境との調和も大切です。例えば、緑豊かな場所では、自然の風景に溶け込むようなナチュラルカラーを選ぶと良いでしょう。

 

②個性を出すためのバランス

自分の好みやこだわりを反映させたい場合は、アクセントカラーを使ってバランスを取ることを考えましょう。

 

外壁全体を派手な色にするのではなく、窓枠やドア、外構部分にポイント的に色を使うことで、個性を出しつつも全体の調和を保つことができます。

 

③近隣との調和を考える

住宅地や分譲地では、外壁の色に関する規制が設けられていることがあります。これらの規制に従わない色を選んでしまうと、後々問題になることもあります。

色選びの際には、地域のルールやガイドラインを確認し、それに従った色を選ぶことが大切です。

 

 

まとめ~鈴鹿市の外壁塗装・屋根塗装なら

外壁塗装の色選びを誤ると後悔することも多いため、慎重な検討が求められます。

 

そこで今回の記事では、外壁塗装の色選びに関する具体的な方法と注意点について詳しく解説しました。

 

鈴鹿市で外壁塗装を検討されているのであれば、紹介したポイントを参考に、慎重かつ計画的に色選びを進めていけば、理想的な外観を実現することができるでしょう。

 

疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00〜20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

 

鈴鹿市をはじめ、津市・亀山市・鈴鹿市・伊勢市・松阪市・伊賀市・名張市・四日市市を中心に三重県全域が施工範囲です。

 

詳しくは、鈴鹿市のショールームの情報をご覧ください。

https://www.mietosou.com/suzukaten/

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・伊勢市・亀山市・鈴鹿市・四日市市・名張市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

伊勢店:〒516-0074 三重県伊勢市本町11-5
アクセスはコチラ

四日市店:〒510-0837 三重県四日市市西松本町4-18
アクセスはコチラ

伊賀・名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ