外壁塗装 リペイント匠

外壁塗装の費用について~内訳や安く抑えるコツを名張市の塗装業者が徹底解説

【必見】プロが教える外壁塗装を相場よりも安く抑えるコツを解説

外壁塗装は、家の美観を保ち、建物の耐久性を向上させるために重要なメンテナンス作業です。

 

しかし、外壁塗装の費用はさまざまな要素によって異なるため、正確な費用を把握することは簡単ではありません。

 

そこで本記事では、外壁塗装の費用の内訳や、費用を抑えるためのポイントについて、三重県名張市をはじめ、鈴鹿市、津市、亀山市、四日市市、伊勢市、松阪市、伊賀市を営業エリアにしている外壁塗装専門店が詳しくお伝えしていきます。

 

外壁塗装の費用について

 外壁塗装 リペイント匠

外壁塗装の費用は、ただ塗料代と塗装代だけではありません。さまざまな諸費用が含まれるため、全体の費用を正確に把握することが重要です。

 

特に初めて外壁塗装を依頼する場合は、費用の内訳を詳しく理解しておくことで、適切な予算計画を立てることができます。また、悪質な業者に騙されないためにも、適正な費用感を持つことが大切です。

 

ここでは、外壁塗装の費用の構成要素や、その重要性について詳しく解説します。

 

外壁塗装は塗料と塗装代だけではない

外壁塗装の費用は単に塗料代と塗装代だけでなく、多くの要素が絡み合っています。具体的には以下のような費用が含まれます。

 

  • 足場の設置費用:塗装作業を安全かつ効率的に行うためには足場の設置が必要です。足場の設置費用は外壁の面積に基づいて計算され設定されます。
  • 人件費:塗装作業には多くのステップがあり、それぞれに人件費がかかります。飛散防止ネットの設置、高圧洗浄、養生、下地調整・シーリング、そして3度塗りの塗装作業が含まれます。これらのステップは、塗装の仕上がりに直結する重要な工程です。
  • その他の費用:交通費、事務手数料、現場管理費用、廃材処理費用などもかかります。これらは見積もりに含まれる場合と別途請求される場合があります。

 

これらの要素が合わさって初めて外壁塗装の全体費用が決まるため、見積もりを依頼する際には、各項目についてしっかりと確認することが大切です。

 

費用について理解を深めておく重要性

外壁塗装の費用についてしっかりと理解を深めておくことは、家のメンテナンスを計画するうえで非常に重要です。以下に、その理由と具体的なポイントを詳しく解説します。

 

①適切な予算計画の立案

外壁塗装は一度に多額の費用がかかります。そのため、費用の内訳を詳しく知ることで、事前に必要な予算を計画することができます。例えば、足場の設置費用や塗料の種類による費用の違いを理解することで、適切な費用見積もりが可能になります。

 

②業者選びの参考に

外壁塗装の見積もりを複数の業者から取る際、費用の内訳を理解していれば、どの業者が適正価格を提示しているかを判断しやすくなります。安すぎる見積もりには何か問題がある可能性がありますし、高すぎる見積もりには不要なコストが含まれているかもしれません。費用項目を理解することで、適切な業者選びが可能となります。

 

③費用削減のポイント把握

費用の詳細を理解しておくことで、どこで費用を削減できるかを見極めることができます。例えば、地元の業者を利用することで中間マージンを省いたり、助成金や補助金を活用することで総費用を抑えたりすることができます。また、定期的なメンテナンスを行うことで、大規模な修繕を避け、長期的な費用を抑えることも可能です。

 

④悪質業者に騙されない

外壁塗装の費用について理解を深めておくことで、悪質な業者に騙されるリスクを減らすことができます。過度に安い見積もりや、詳細が不明瞭な見積もりを提示する業者には注意が必要です。費用の内訳を理解していれば、何が適正な価格で、何が不当な価格かを判断する力が身につきます。

 

⑤仕上がりの品質を確保

費用の内訳を理解することで、どの工程にどれだけの費用がかかるのかを把握することができます。これにより、仕上がりの品質にも目を向けることができ、必要な工程に適切な予算を割り当てることが可能になります。特に、塗料の質や塗装作業の丁寧さは、長期間にわたる外壁の美しさと耐久性に直結します。

 

塗装業者選びに注意

外壁塗装を依頼する際には、塗装業者選び、特に悪質な業者に注意することが重要です。安すぎる見積もりや高すぎる見積もりには、それぞれ注意が必要です。

 

外壁塗装の見積もりが極端に安い場合、いくつかの問題が考えられます。

 

まず、質の低い塗料が使われることがあります。これにより、塗膜の耐久性が低くなり、短期間で劣化や損傷が生じ、再度塗装が必要になる可能性が高くなります。

 

また、初めは安い見積もりを提示しておきながら、作業が進むにつれて追加費用を請求する業者もいます。見積もりに含まれる内容を詳細に確認することが重要です。

 

一方で、高額な見積もりにも注意が必要です。

 

高すぎる見積もりを提示する業者は、必要以上に高級な塗料や過剰なサービスを提案してくることがあります。これらのサービスや材料が本当に必要かどうかを慎重に判断し、不要なものは断ることが大切です。

 

また、塗装業者が下請け業者に作業を委託する場合、中間マージンが上乗せされることがあります。地元の塗装業者など、直接施工を行う業者を選ぶことで、中間マージンを避けることができます。

 

さらに、見積もりに「工事一式」などと、詳細が記載されていない場合があります。費用項目が詳細に説明されているかを確認し、不明瞭な点があれば質問することが大切です。

 

 

外壁塗装の費用の内訳

2023年の値上がり続ける外壁塗装30坪の相場や適正価格

外壁塗装の費用は、単に塗料代や塗装代だけではなく、多岐にわたる要素が絡み合っています。各費用項目が具体的に何を意味するのかを理解することで、見積もりの比較や業者選びの際に役立ちます。

 

ここでは、外壁塗装の費用がどのように構成されているのか、その内訳を詳しく解説します。

 

足場(20%程度)

外壁塗装において足場は非常に重要な役割を果たします。足場の設置がなければ、安全かつ効率的に作業を進めることが難しくなります。

 

足場の費用は、外壁塗装の総費用の約20%程度を占める重要な要素となっています。費用は、足場の面積に単価を掛け合わせて算出されます。

 

足場の面積(外壁面積 × 1.1~1.5倍) × 単価 = 足場の費用

 

単価は地域や業者によって異なりますが、一般的には1平方メートルあたりの費用が設定されています。

 

例えば、外壁面積が100㎡の場合、標準的な足場面積は100㎡ × 1.3倍 = 130㎡です。単価が1㎡あたり1,000円の場合、足場の費用は130平方メートル × 1,000円 = 130,000円となります。

 

足場の費用は決して安くはありませんが、安全性と作業効率、仕上がりの品質を考えると、非常に重要です。

 

見積もりを取る際には、足場費用が含まれているか、またその詳細が明確に説明されているかを確認することが重要です。

 

塗料・材料費(20%程度)

外壁塗装の費用において、塗料や材料費は全体の約20%程度を占め、選択する塗料の種類やグレードによって大きく異なります。塗料の種類とグレードは、塗装の耐久性や美観に直結するため、慎重に選ぶことが重要です。

 

①シリコン塗料

耐久性とコストのバランスが良く、多くの家庭で利用されています。紫外線や風雨に強く、長期間にわたって外壁を保護します。価格も手ごろで、コストパフォーマンスが高い選択肢です。

 

②フッ素塗料

非常に高い耐久性を持ち、長期間のメンテナンスフリーが期待できます。そのため、初期費用は高くなりますが、長期的にはコストを抑えることができます。特に、劣化が激しい場所や高級住宅でよく利用されます。

 

③無機塗料

最も高価な塗料ですが、耐久性は最高クラスです。無機成分を含むため、紫外線や雨風に強く、長期間にわたって塗膜の劣化が少ないです。高耐久性が求められる場所や、予算に余裕がある場合に適しています。

 

日本の住宅で一般的に使用される塗料は、シリコン塗料とフッ素塗料です。これらの塗料は、耐久性とコストパフォーマンスのバランスが良いため、多くの家庭で選ばれています。

 

見積もりを依頼する際には、塗料の種類やグレード、使用量などを詳細に確認し、自分の住宅に最適な塗料を選ぶようにしましょう。また、業者からの説明をよく聞き、納得できるまで質問することも大切です。

 

人件費(30%程度)

外壁塗装の費用において、人件費は全体の約30%を占める重要な要素です。人件費には、塗装作業全般に関わる様々な工程が含まれ、それぞれが高品質な仕上がりを実現するために欠かせないものです。ここでは、人件費に含まれる主要な作業について詳しく解説します。

 

①飛散防止ネット

外壁塗装の作業中に塗料が周囲に飛び散るのを防ぐために、飛散防止ネットを設置します。これは周囲の住宅や植物、車などを塗料や洗浄水の飛散から保護するために不可欠な作業です。

 

②高圧洗浄

外壁の表面に付着した汚れや古い塗膜、コケ、カビなどを高圧洗浄機で除去する作業です。塗装の仕上がりを良くするために重要なステップであり、下地の状態を整えることで新しい塗膜の密着性を高めます。この作業を丁寧に行うことで、塗装の耐久性が向上します。

 

③養生

塗装する際に、塗料が付いてはいけない場所を保護するために養生を行います。窓やドア、室外機などをビニールシートやテープで覆う作業です。養生をしっかりと行うことで、塗料の飛散や漏れを防ぎ、周囲を綺麗に保つことができます。

 

④下地調整・シーリング

塗装前に外壁の状態を整えるための作業です。クラック(ひび割れ)や欠損部分を修復し、シーリング材で目地や隙間を埋めることで、塗装の下地をしっかりと準備します。下地調整を丁寧に行うことで、塗膜の密着性が向上し、長持ちする塗装を実現します。また、シーリングは防水性を高めるためにも重要であり、雨水の浸入を防ぐ役割を果たします。

 

⑤塗装(3度塗り)

外壁塗装の仕上げとして、通常「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3度塗りが行われます。3度塗りは、塗装の耐久性と美観を確保するための基本的な工程です。ただし塗装業者によっては「下塗り1回、上塗り2回」などと記載されることがあります。

 

その他(30%)

外壁塗装の費用には、塗料代や人件費、足場の設置費用以外にもさまざまな費用が含まれています。

 

①交通費

交通費は、塗装業者が現場に移動するための費用です。塗装業者が使用する車両のガソリン代や高速道路の通行料などが含まれます。現場が業者の事務所から遠い場合、この費用は高くなることがあります。

 

②事務手数料

事務手数料は、塗装業者が提供する事務作業にかかる費用です。見積もりの作成や契約書の作成、請求書の発行、その他の事務手続きが含まれます。これらの作業には時間と労力がかかるため、その費用が事務手数料として見積もりに含まれることがあります。

 

③現場管理費用

現場管理費用は、塗装現場の管理や監督にかかる費用です。現場管理者は、作業が計画通りに進むように監督し、品質を確保するために重要な役割を果たします。また、安全管理や近隣住民への配慮も現場管理者の責任であるため、作業の品質が保たれ、安全かつスムーズに進行します。

 

④廃材処理費用

廃材処理費用は、塗装作業中に発生する廃材やゴミの処理にかかる費用です。古い塗膜や使用済みの養生シート、塗料の缶など、さまざまな廃材が発生します。これらの廃材は適切に処理する必要があり、その費用が廃材処理費用として見積もりに含まれます。

 

 

外壁塗装の費用を安く抑えるには

津市 外壁塗装 リペイント匠

外壁塗装は家の美観と耐久性を維持するために欠かせない作業ですが、その費用は決して安くはありません。しかし、いくつかのポイントを押さえることで、外壁塗装の費用を抑えることができます。

 

ここでは、外壁塗装の費用を効果的に安く抑えるための方法について詳しく解説します。

 

複数の業者から見積もりを取る

外壁塗装の費用を安く抑えるためには、まず複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

 

複数の業者から見積もりを取ることで、価格の相場を把握することができ、適正な価格でサービスを受けるための判断材料になります。

 

業者ごとに費用が異なるため、複数の見積もりを比較することで、どの業者が最もコストパフォーマンスが高いかを見極めることができます。

 

また、業者ごとに提供されるサービス内容や使用する塗料の種類も異なるため、見積もりを取ることで、最適な選択が可能になります。

 

見積もりを依頼する際には、評判や口コミを参考にすると良いでしょう。また、信頼できる知人や近所の方から業者を紹介してもらうことも有効です。さらに、業者に現地調査を依頼し、具体的な見積もりを出してもらうことで、詳細な費用と作業内容を確認できます。複

 

地元の塗装業者を活用する

地元の塗装業者を活用することも、外壁塗装の費用を抑える有効な方法です。

 

地元の塗装業者は塗装専門の職人で施工を行うことが多く、中間マージンが発生しません。これにより、費用を大幅に抑えることができます。特に下請け業者を使わないため、直接的なコスト削減が可能です。

 

また、自社で足場を保有している地元業者を選ぶと、足場の設置費用が安くなることがあります。外部から足場を借りる必要がないため、費用を抑えることができます。

 

地元業者は現場から近いため、迅速な対応が可能です。トラブルが発生した場合でも、すぐに対応してもらえる安心感があります。

 

評判を確認するためには、インターネットの口コミや知人の紹介を活用すると良いでしょう。また、過去の施工事例を確認することで、施工の品質や仕上がりをチェックすることができます。さらに、地元の業者を直接訪問し、相談することで、業者の対応や信頼性を判断しやすくなります。

 

助成金・補助金を活用する

外壁塗装の費用を抑えるためには、助成金や補助金を活用することが非常に効果的です。これらの制度は、国や地方自治体が住宅の維持管理や環境対策の一環として提供しているもので、適用条件を満たせば費用の一部をカバーすることができます。

 

ただし、助成金や補助金には適用条件が細かく定められています。事前に条件をよく確認し、必要な書類を準備することが必要です。また、申請期限を過ぎると支給されないため、早めに手続きを行いましょう。

 

なお、名張市においては「移住促進のための空家リノベーション支援事業」「子育て世帯に対する中古住宅等リノベーション支援事業」が用意されています。

 

定期的に外壁塗装を依頼する

外壁塗装は、家の美観を保ち、建物の耐久性を向上させるために重要なメンテナンス作業です。しかし、一度塗装を行っただけではその効果は永続的ではありません。

 

塗膜が劣化すると、ひび割れや剥がれが発生し、そこから雨水が侵入して建物内部にダメージを与えることがあります。定期的に外壁塗装を行うことで、外壁の劣化を早期に発見し、対処することができます。

 

また、塗膜の劣化を防ぎ、美観を維持することができます。特に、外壁が日光や風雨にさらされる環境では、塗膜の劣化が早く進むため、定期的なメンテナンスが必要です。

 

塗膜の劣化が進行し、外壁材自体が損傷する場合、大規模な補修工事が必要となり、費用も高額になります。しかし、定期的に塗装を行うことで、大規模な修繕を回避し、長期的なコストを抑えることができます。

 

 

まとめ~名張市の外壁塗装・屋根塗装のことなら

本記事では、外壁塗装の費用について詳しく解説し、費用を抑えるための具体的な方法についても紹介しました。

 

外壁塗装は、家の美観を保ち、建物の耐久性を向上させるために欠かせないメンテナンス作業です。しかし、その費用は様々な要素によって構成され、正確に理解することが重要です。

 

外壁塗装の費用を理解し、適切な業者選びと費用削減の方法を実践することで、長期的に見てコストを抑えながら、家の美観と耐久性を維持することができます。

 

疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00〜20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

 

名張市をはじめ、鈴鹿市・津市・亀山市・鈴鹿市・伊勢市・松阪市・伊賀市・四日市市を中心に三重県全域が施工範囲です。

 

詳しくは、名張市のショールームの情報をご覧ください。

https://www.mietosou.com/nabari-iga-store/

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・伊勢市・亀山市・鈴鹿市・四日市市・名張市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

伊勢店:〒516-0074 三重県伊勢市本町11-5
アクセスはコチラ

四日市店:〒510-0837 三重県四日市市西松本町4-18
アクセスはコチラ

伊賀・名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ