完全自社施工店のこだわり

外壁塗装をお考えの皆さまは、色々な業者があって結局どこへ頼めばいいのか?どこも同じに見えてしまう、など色々悩まれていると思います。これを見れば、どの業者選びのヒントになったり、当社の基準の高さが分かって頂けるので、ぜひ最後まで見てください。

ではお話していきたいと思います。

1.付帯部もフッ素塗料使用(塗料のこだわり)

付帯部分も超高耐久塗料のフッ素も使うという事です。塗料にはランクがあり、下からウレタン・シリコン・フッ素・無機などもっと耐久性のある塗料もあります。そして付帯部分というのは外壁塗装以外の雨樋や雨戸、戸袋、水切りなど細かい部分の事です。

設立当初は、付帯部分はシリコン塗料で塗装していたのですが、数年後にフラッとお客様のお家を尋ねると外壁は綺麗なのでホッとしていたのですが、付帯部分を見ると外壁に比べ明らかに劣化が早く、申し訳なく思い、その時は、塗りなおしをさせて頂いただきました。

それからリペイント匠では、おすすめのプランには、付帯部分は超高耐久のフッ素で塗装しようと、職人に指示をしています。外壁が綺麗なのに、付帯部分が汚いから、もう一回塗装するなんて事もバカみたいな話ですし、所々汚いのを我慢するのもちょっとな~と感じたからです。

また適正な希釈、硬化剤を主剤と混ぜる際は、職人の感覚ではなく、必ずハカリを使い硬化不良などは起こしません。

ガイナ日進中部社長と対談:ガイナの評判・外壁塗装・屋根塗装
【塗料の種類】外壁塗装でおすすめの塗料や種類について

2.高圧洗浄のこだわりです。

高圧洗浄前に外壁などにカビなど出ている場合には、抗菌剤を塗装してから高圧洗浄をしてカビの根っ子から出来るだけ綺麗に取り除きます。高圧洗浄だけでは取り切れないカビや苔などは抗菌剤を事前に塗装してから、水洗いするとずいぶん綺麗になります。

そうすることで塗装した後でもカビや苔が付きにくい状態にします。

また駐車場や土間・2階の窓なども、こういう時にしか中々綺麗に出来ないと思いますので、お家を洗う際に高圧洗浄で綺麗にしてしまいます。よくお客様に「こんなに汚れていたんだね~」「新築当時のコンクリートみたいに綺麗になった」など大変喜ばれています。

【イケメン塗装職人】プロの高圧洗浄!外壁塗装前の高圧洗浄

3.「超」長期耐久×「超」耐候性(コーキングのこだわり)

コーキング

いつまでも柔らかいコーキング

コーキングは柔らかい事がすごく大切です。

ですので、全ての外壁のコーキングは、ブリードが起きない、可塑剤(かそざい)という添加物の入っていない、コーキングを使用します。可塑剤(かそざい)というと聞きなれない言葉で、分かりにくいかも知れませんが、お家にある輪ゴムを思い出してみてください。

時間が経つと少し伸ばしただけで、ちぎれてしまいますよね。実はこれも可塑剤(かそざい)が入っているのです。可塑剤(かそざい)入りのコーキングは比較的に安くて使いやすいのですが、輪ゴムと同じように、外壁の目地のコーキングに亀裂がはいったり、ちぎれてしまったりします。

ブリード(黒ずみ)にも安心

またブリードという外壁が汚れてしまう現象が起きてしまいます。外壁にミミズ跡のように、グレーの汚れが浮き出て、ベタついた状態になっているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。これをブリードというのですが、コーキング剤に含まれる可塑剤がにじみ出てくることで起きてしまいます。

耐久性30年のコーキング

この様な理由からリペイント匠では、可塑剤という添加物の入っていない、コーキングを使用しています。当社が使うコーキングは、剥き出しの状態でも30年も耐久性のあるという優れモノです。

コーキング

それにより、外壁塗装をしてから10数年たって外壁の塗装が褪せてきても、雨漏りなどの心配が起きる目地はシッカリしているので、躯体の保護という意味で安心して頂けます。

【イケメン職人】外壁のコーキングの仕方・剥がし方
サッシや目地のコーキングのならしのコツや仕方【サイディング21mm】#3

4.徹底した下地処理のこだわりです。

下塗りを含め、外壁のクラック、屋根のヒビ割れ、コーキング、ケレンなど下地処理とは数多くあるのですが、この下地処理がキチンとしていないと耐久性や美観に大きく影響してしまいます。

お客様に「いつから外壁を塗装するの?」と言われるほど時間をかけ、下地がキチンと塗装に適した状態になってから、塗装を始めます。

5.この中でも特にこだわっている職人のこだわりです。

リペイント匠では、キチンと職人を毎日教育しています。お客様に言って頂けることで1番多いのは、やはり「お宅の職人さんはキチンと教育されていて気持ちいいね、近隣の人からも褒められました」と言われる事です。

自分が「何かご迷惑をかけていませんか?」とお客様に聞くと「社長こなくても大丈夫!いい子ばかりですよ」と言って頂ける事が多いです。塗料などは、仕入れ値は業者によって変わると思いますが、どの業者が買っても同じ製品がキチンと届きます。

塗装の良し悪しは、職人でほとんど決まってしまうのです。これは私個人の意見で、会社それぞれ考え方があると思うのですが、塗装では、お金を払っていただくので、喜んで頂いて当然です。

 

それ以上のお客様が感動するところまで出来て初めて一人前だと思っています。ですので、職人やその会社のお客様へ必ず満足して頂くと思う気持ちが大切なのです。これが仕上がり、お客様満足度を左右します。やはりこんなことを、下請業者さんに当社の仕事の全てをお願いすることは荷が重いです。

6.色のアドバイス

初めての外壁塗装や2回目の外壁塗装を行う中で、普段はあまり注意してみていないので、どんな色が合うとか変わりくいと思います。そこで、私たちは年間400棟近くの外壁塗装をしていますので、それだけ色々な色を見てきています。

リペイント匠、屋根塗装、外壁塗装、アパート

リペイント匠、屋根塗装、外壁塗装、アパート

リペイント匠、屋根塗装、外壁塗装、アパート

どんな色合いがいいのか悩んだ時は、実際に塗装した現場などの写真を見て頂いたり、カラーシュミレーションしながらおしゃれにアドバイスいたします!

7.お客様を不安にさせません。

塗装職人にとっての「良い塗装工事」とお客様にとっての「良い塗装工事」にはズレがある場合が非常に多いです。下請け業者なら尚更ですが、現場を手抜きする、しないは、今は置いといて、職人ととっては、お客様のお家をクレームなく終わらせることが最優先事項です。

しかし、お客様にとっての「良い塗装工事」というのは、ご自宅の外壁塗装が想像以上に綺麗になるのは当たり前、それ以外でも例えば、中古物件を購入して塗装する場合などは特に、近隣さんからも、クレームではなく、「綺麗になったね、またその業者紹介してよ」という話になるのが、本当に求めている事だと思います。そのあたりの職人への教育はキッチリしていますので、ご安心してください。

あと共働きの方の場合ですと交換日記など色々なツールを使いながら、仕事に出ていても「今日は何をしたのか?」「この細かい色はどうするのか?」など手に取るように分かるようにしていますので、ご安心してください。」

◆保証書の発行

当社では、施工完了させて頂いたお客様に無料で施工保証書を、塗装工事完了後に発行致します。

「5年~10年間の施工保証です。」

保証期間は塗料の種類によって変わるものですが、目安を書いておきます。

・シリコン塗料:5年~7年
・フッ素塗料・ガイナ:8年
・無機ハイブリット塗料:10年
※弊社は外壁にウレタン塗料は使用しません。

この保証書期限が切れてしまっても安心して私(久保)にお電話ください。最後までキチンと責任を持ちますので。

メーカー保証

塗料によるのですが、使う塗料によっては、塗料メーカーからも保証してもらえる塗料もありますので、施工店(リペイント匠)と塗料メーカーからの2重保証になります。

工事保険

弊社では損害保険に加入しています。

お家の車に塗料が飛散した・窓が割れた・ご近所に迷惑をかけた等、工事中のもしものために、損害保険(請負業者賠償責任保険)に加入しています。工事中の事故や破損があった場合でも、速やかに対応いたします。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ

Show