外壁塗装のタイミング:リペイント匠

【動画付き】外壁塗装をお考えの方へ!工事をするタイミングとは?

外壁塗装のタイミング:リペイント匠
外壁塗装を検討中の方はいらっしゃいませんか。工事のタイミングが分からず、困っている方も多いと思います。外壁塗装を行う際には、目安の時期や適した季節を知っておくと非常に便利です。そこで今回の記事では、外壁塗装のタイミングについて詳しく紹介します。
三重県津市O様邸【外壁塗装・屋根塗装後】リペイント匠
外壁の状態を自分でチェックするのは難しく、いきなり業者に診断を依頼するのを面倒だと思う方がいるかもしれません。そんな方へ、だいたいどの程度の時期で外壁塗装を行うべきなのか、目安となるタイミングを紹介します。
 
外壁塗装を行うタイミングは、築年数が10年以上をひとつの目安としましょう。一般的に外壁塗装には、シリコン系の塗料が使用されます。
シリコン系の塗料は、耐用年数が10年程度であるため、そのタイミングで塗りかえないと塗装が剥がれてきます。
 
シリコン系以外の塗料が使われている場合もあるため、一度ご自身の外壁塗料を確認してみましょう。フッ素系の塗料ならば、10〜15年の耐久力があるため安心です。
もしウレタン系やアクリル系のように、耐用年数が短い塗料が使われているのであれば、早めに外壁塗装の診断を行ってもらいましょう。
 
年数だけでなく、ライフステージを考えて外壁塗装を行う方も多いようです。例えば、結婚をしたタイミングや引っ越しをしたタイミングで塗装を依頼するのも良いかもしれません。お子様がおられる場合は、学校入学と外壁塗装のタイミングが被りやすいため注意しましょう。
 
塗装工事にはお金がかかりますし、入学費用と重なると、一度に大きな支出を強いられる可能性があります。そのため、築10年のサイクルを完璧に守ろうとするのではなく、あくまでも目安として考え、ご自身のライフステージとのバランスをとりましょう。

□外壁塗装が必要な症状を解説!

外壁塗装する時期:リペイント匠
外壁塗装が必要な症状を4つ紹介します。専門的な知識がなくても、分かるようなものを選びました。これから紹介する症状が現れた場合は、なるべく早く外壁塗装を行いましょう。
 

1つ目は、チョーキング現象です。

チョーキング現象とは、直射日光や紫外線、風、雨の影響によって外壁が劣化し、塗料の成分がチョークの粉のように、表面に付着する現象です。家の壁を触ったら、手に粉がついたという経験がある方も多いのではないでしょうか。チョーキング現象は、塗料の耐久性が落ちているサインなので、早急に塗りかえましょう。
 

2つ目は、ひび割れです。

外壁がひび割れていると、隙間に雨が入り込み、構造材のサビやカビ、腐食の原因となる可能性があります。見た目だけではなく、建物全体の強度が低下するので注意しましょう。どの程度ひび割れているのか分からない方は、一度業者に点検を依頼してみるのがおすすめです。
 

3つ目は、雨漏りです。

室内で雨漏りを発見した場合は、外壁や屋根で不具合が発生しているため、すぐに点検を行いましょう。そのままにしておくと、建物の劣化が進み、家の耐久性が落ちる可能性もあります。屋根の防水シートの劣化や外壁の浸水が原因かもしれないので、注意しましょう。

4つ目は、外壁に生えるカビやコケです。

外壁は家の外観を大きく左右する要素であるため、少しでも汚いと感じたら塗り替えることがおすすめです。また、カビやコケの原因が外壁の防水性や耐久性の低下であることも多いため、業者に点検してもらいましょう。
 
どの症状も、放置しておくとさらに悪化して、いざ工事を行おうとした際に費用が高くなる可能性があります。外壁塗装の業者は、点検だけでも行ってくれるところが多いので、一度問い合わせてみましょう。

□外壁塗装に適した季節を紹介!

外壁塗装:リペイント匠

外壁塗装に適した季節は春と秋です。

塗装工事では、塗料を乾燥させるのに長い時間がかかります。春と秋は湿度が低く、空気が乾燥しているため、工期を短縮できるでしょう。夏で雨が多かったり、冬は雪がふると工事が中断する可能性もあるため注意が必要です。
 

春と秋にもデメリットがあるので解説します。

デメリットは、外壁塗装を行う方が多く、業者との日程を合わせにくいことです。業者によっては、春と秋の工事の値段を少し高めに設定しているかもしれません。そのため、ご自身と業者の状況をよく確認した上で、外壁塗装を行うタイミングを決定しましょう。
 
また、気温と湿度をご自身でチェックしておくのもおすすめです。外壁塗装の工事は、気温が5℃以上かつ湿度が85パーセント以下の条件でしか行えません。真冬日で気温が5℃以下の場合や、夏で湿度が高い場合は工事を断られるので注意しましょう。

□まとめ

外壁塗装を行うタイミングについて解説しました。築年数が10年以上経っている場合や、チョーキング現象やひび割れのような症状を発見した場合は、できるだけ早く塗りかえを行いましょう。
 
季節は塗料を乾燥させやすい春と秋がおすすめです。津市で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。
【2020年】外壁塗装に一番季節は?お問合せする時期は?

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ