7月31日 鈴鹿市の塗装現場リポート(๑•̀ㅂ•́)و✧ガイナって汚れやすい??

お疲れ様です!リペイント匠の久保です。ようやく梅雨明けがみえてきましたね♪この7月は本当に創業以来一番雨に悩まされた梅雨でした汗

今日は鈴鹿市・津市の3件の現場を見てきましたので、ご紹介いたします。

まずは、三重県鈴鹿市のM様邸です。工事内容はガイナで外壁塗装・屋根塗装を行っています。

今日は外壁の下塗りをしていました。

M様邸の外壁下部はガイナでの2色塗りで仕上げるのですが、普段はシリコンやフッ素の2色塗りが多いので、ガイナの質感での2色塗りとても楽しみです♪

よく聞かれる質問なのですが、「社長はどの塗料が好きですか?」とよくお客様に見積もりの際などに質問されるのですが、自分個人の意見としてはガイナが一番好きです。

理由は、質感・艶消しで高級感がある・ほかの色々な効果も自信をもってオススメ出来る。外壁だと汚れにくいなどです。

よくガイナは汚れやすいと聞いたり、インターネットで見たりしますが…本当でしょうか?

上の写真は6年ほど前にガイナの白で塗装させて頂いた幼稚園です。そんなに汚いですか??

幼稚園の周辺は田んぼに囲まれていて、6年前に塗装する前は「コケの汚れがすごいです。」と聞いていました。

先日、近くにいたので、寄らせて頂き写真を撮ってきましたが、雨だれは窓回りに多少ありましたが、コケなんかはなく綺麗な状態でした。

抗菌剤を上塗りだけでなく、中塗りからしっかりと入れればフッ素に劣らない、もしくはガイナの方が綺麗ではないかと、自分の手掛けた現場を見ていると私個人的には思います。

先日、日進中部の滝川社長と食事に行った際も、「外壁に関しては、施工店によって汚れやすいという会社、汚れにくいという会社で分かれます。」とおっしゃられていましたので、各会社によって意見は色々とあると思います。

つぎは、8年前にガイナで塗装した現場の写真を撮ってきます♪

では、三重県津市のI様邸のご紹介をしたいと思います。

工事内容は、外壁塗装・屋根塗装(ガイナ)雨樋交換・棟板金の下地木部取り換えです。

上は棟板金の下地補修の写真です。あとは、換気棟を取り付けたら、屋根塗装にかかることが出来ます。

今日は換気棟がまだ届きませんので、屋根の塗装できる部分と外壁のタッチアップをしています。

雨樋は終盤で作業をしたいと思います。

では、また更新しますね~

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ