松坂市で外壁塗装を検討中の方!外壁塗装に合う季節を解説します!

外壁塗装のタイミングについてお悩みの方はいらっしゃいますか。
実は、外壁塗装を行う際、向いている季節とそうでない季節が存在します。
そこで今回は、外壁塗装に向いている季節についてご紹介します。

これから外壁塗装を行う方は、必見です。

□季節が重要な理由とは

外壁塗装を行う際は、季節選びが重要と言われています。
外壁塗装は、塗料を塗り乾燥させるという工程があります。
その工程では、塗膜と呼ばれる塗料の層をを2〜3回重ねます。
そのため、乾燥に時間がかかるような季節は、外壁塗装には向いていません。

□外壁塗装に向いている季節とは

ここからは、春夏秋冬の4つに分けて、外壁塗装に向いている季節を解説します。

春は、外壁塗装に向いている季節と言われています。

天気が安定しているため工事の計画が立てやすく、施工不良の可能性が低いです。
しかし、梅雨前では駆け込み需要により予約が取りにくくなるため、注意してください。

夏は、気温が高く日差しも強いですが、外壁塗装には以下のような影響があります。

気温が高い日は、塗装の作業速度を左右する、塗料の粘りが弱くなります。
そのため、作業速度が上がるというメリットがあります。
また、夏は塗料が乾燥しやすいため、施工不良の可能性も低いでしょう。
デメリットは、塗装時に使用する養生シートによりクーラーが使えなくなる点です。
夏に外壁塗装をする場合は、極力外出したり作業時間の調整をしたりする必要があります。

秋は、塗料にとってちょうど良い気温で、湿度が低いため外壁塗装に最適でしょう。

春と同様に、施工不良の可能性は低い点がメリットです。
しかし、秋は台風が発生しやすい季節のため、作業の延期などの可能性があります。
また、足場が倒壊するのを防ぐため、飛散防止シートを撤去する場合、作業開始に時間がかかるかもしれません。

冬は、雪が降る地域では特に注意した方が良いでしょう。

冬は降水量が少なく湿度が低いため、施工不良の可能性が低いです。
しかし、気温が5度未満の時に行うと、塗膜の耐久性が低下し、塗りムラができるなどのデメリットがあります。
また、日照時間が足りず工期が長くなりやすいです。
このことから、冬は外壁塗装にあまり適していない季節と言えるでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装に向いている季節についてご紹介しました。
当社は津市や松阪市など三重県全域を施工エリアとし、充実した手厚い保証をご用意し、お客様に安心を提供しております。
外壁塗装について何かお困り事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。