鈴鹿市にお住まいの方へ!外壁塗装の剥がれについて解説します

外壁塗装がひび割れていたり、剥がれていたりした際に多くの方が塗り替えを行います。
しかし、外壁塗装が剥がれた際のデメリットや、剥がれを作らないためのポイントについて把握している方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は鈴鹿市在住の方のために、外壁塗装の剥がれについて解説します。

◻︎外壁塗装の剥がれのデメリットとは

まず、外壁塗装の剥がれのデメリットは何なのでしょうか。
ここで、確認しておきましょう。

まず、外壁塗装の剥がれは外観を損ねます。
塗装が剥がれてボロボロな外壁は、古びた家の印象を与えるでしょう。
剥がれという劣化は、塗装が寿命を迎える前に発生する場合も多いので、綺麗な外観を意識している方は特に早めのメンテナンスをおすすめします。

また、外壁塗装は塗装の内側にある外壁の保護といった機能も備えています。
そのため、外壁塗装が剥がれると紫外線や直射日光、風雨によって外壁材がダメージを受けます。

雨水の侵入によって雨漏りを発生させ、内部を腐食していく場合もあるでしょう。
そして、最悪の場合、住まいの寿命が短くなる可能性もあります。
こうした最悪の事態を避けるためにも、早急なメンテナンスと補修をおすすめします。

◻︎外壁塗装の剥がれは地元の業者に委託しよう

外壁塗装の剥がれは部分的なので、DIYで行おうと考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、外壁塗装を自前で行うことはあまりおすすめできません。
それは、剥がれの補修というのが想像以上に難しく、素人では失敗しやすいためです。

まず、基本的に塗装の剥がれの補修は、単に塗料を塗布するだけではありません。
塗装作業の他に、既存の塗膜の処理や下地処理といった作業を行う必要があります。
このような作業を正しい方法で行わなければ、剥がれは簡単に再発生します。

そのため、外壁塗装を行う際はDIYでなく、地元の業者に委託しましょう。
剥がれを作らないためには塗膜の処理や下地処理など、細かい作業を熟知しているプロに任せた方が確実です。
近くにある腕の良い業者を探し、外壁塗装の補修を行ってもらいましょう。

◻︎まとめ

ひび割れやチョーキングといった外壁塗装の劣化の中で、外壁塗装の剥がれは経年劣化ではなく、施工不良が原因で起きやすいと言われています。
それは下地処理の手抜きや、塗料の塗布の仕方が悪いといったことが原因です。
綺麗な外観の維持や外壁を長持ちさせるためにも、剥がれの補修はDIYでなく、業者に委託しましょう。