外壁塗装は本当に必要なの?松阪市の業者が必要性について説明します

「外壁塗装は本当に必要なのか。」
「外壁は放置しておくと、どのような事態になるのだろうか。」
松阪市に在住の方で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装は必要ないと考える方もいますが、実際は住宅を守るために欠かせないものです。
今回は外壁塗装の必要性について説明します。

□外壁に起こる劣化を放置していくとどうなる?

外壁の劣化を放置していると、まずツヤがなくなっていきます。
これは水を弾く力が弱くなって、防水性の低下を意味します。
それにより壁に雨水が侵入し乾燥するという流れが繰り返され、日に日に壁が歪んでいきヒビや亀裂が生じます。

また、塗装も劣化を起こすため、塗膜が粉上になるチョーキング現象や構造部分への侵食も起きてくるでしょう。
このように塗装をせずにいると、様々な異常を来し塗装の何倍もの費用がかかることになってしまいます。

□外壁塗装が必要な理由

なぜ外壁塗装を行う必要があるのでしょうか。
その理由を説明します。

*外壁や建物を保護するため

外壁が紫外線に晒され続けると劣化していき、ひび割れにつながります。
外壁塗装を行うことで、紫外線から保護されます。
さらに外壁材を塗膜が覆ってくれるため、撥水効果をもたらします。
ひび割れが起こっている箇所の隙間部分などの外壁にとって危険な箇所を埋められることで、雨漏りを未然に防げるでしょう。
既に雨漏りが発生してしまっている場合は、塗装ではどうにもならないため業者に依頼しましょう。

*美観を維持するため

塗装は建物の外観にも大きく影響を及ぼします。
塗装をすることで新築のときのような新鮮な色合いをもたらし、当初の色と異なる色を選択するとイメージチェンジにもなります。
適切なタイミングにもかかわらず塗装を怠っていると、近隣住民や知人からの印象も良くありません。

*補修費用を抑えるため

外壁塗装をすることで、費用の削減につながります。
塗装を放置していると、壁材が劣化し張り替えが必要になります。
張り替えの費用は塗装よりも高く、この費用を抑えるためにも塗装をした方がお得です。

□まとめ

今回は外壁塗装の必要性について説明しました。
外壁塗装は高額でなかなか躊躇ってしまいますが、放置しておくと結果的に塗装の何倍もの費用を支払うことになりかねません。
住宅を保護するだけでなく素敵な外観にできるため、適切な時期に塗装しましょう。
松阪市で外壁塗装を検討している方はお気軽にご相談下さい。

この記事を書いたのは

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ