津市 外壁塗装 リペイント匠

外壁塗装を行うタイミングとは?専門家が解説します!

津市 外壁塗装 リペイント匠

外壁塗装をお考えの方でいつ塗装を業者にお願いすればいいのか分からない方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は外壁塗装を行うタイミングを詳しく解説していきますので、塗装をする前にぜひ参考にしてみてください。

□外壁塗装を行うメリットと塗装を行うタイミングとは

外壁塗装の色変更

まずなぜ外壁塗装を行わないといけないのでしょうか。それは以下の2つの理由からです。

1つ目は建物の美観を保つためです。

新築時にきれいに塗られていた外壁も時間がたつにつれて雨風や太陽の紫外線によって劣化していきます。劣化すると塗装が剥がれたり、汚れたりして、外観が美しくなくなってしまいます。

しかし、外壁塗装を行うと、新築時の美しさを取り戻すことができます。加えて色やデザインを変えることにより、新築時よりも自分の好みに合った住宅に仕上げられます。

2つ目は外壁を保護するためです。

塗料に含まれている塗膜という部分は防水機能を持っており、住宅を水から守るのに重要な役割を果たしています。しかしその塗膜が劣化すると外壁から水が侵入してきて壁が内部から腐って住宅の寿命に大きく影響を与えます。そのため長く住宅に住み続けるために定期的に外壁塗装を行う必要があるのです。

ではいつ外壁塗装を行えばいいのでしょうか。

一般的には塗装の寿命で前の塗装から10年ほど経ってから行うという目安があります。しかし、10年はあくまで目安で外壁の状態によっては10年より早く塗装を行わなければいけない可能性があります。

そこで以下で外壁塗装を行うべき外壁の劣化のサインをご紹介します。

1つ目は外壁の色あせです。

新築時より外壁の色があせてきていると感じたときは塗装を検討し始めましょう。
色あせを見つけたらすぐに塗装をしないといけないわけではありませんが、確実に外壁が劣化をしているサインなので、塗装を検討する目安として考えてください。

2つ目は指で触れたときに粉がつくことです。

外壁に触れたときに白い粉がついていると外壁塗装のサインです。水にぬれた時に変色する際も同じく塗装を検討しましょう。こちらの症状は放置しておくとひび割れにまで発展してしまう可能性があるので、早急に塗装を考えましょう。

3つ目は塗膜の膨れや剥がれです。

外壁が膨れていたり剥がれていたりしているのを発見したら外壁塗装を行いましょう。雨漏りや、ひび割れを引き起こす場合があります。

4つ目はひび割れです。

0.3ミリメートル以上のひび割れがある場合はそこから雨水が入り、カビが発生して壁から腐っていく原因となるので、早めにメンテナンスを行いましょう。

5つ目は窓枠のシーリング部分の劣化です。

窓と外壁のつなぎ目が割れていたり剥がれていたりしている時はすぐに業者に塗装をお願いしましょう。

□外壁塗装に適している季節とは

リペイント匠:塗料

季節ごとの外壁塗装の特徴を解説していきます。

春は雨が少なく気温も湿度も塗装に適しているのでたくさん外壁塗装の依頼がきます。そのため職人の確保が難しくどうしても塗装の費用が他の季節に比べて高くなってしまいます。

夏は雨が多く湿度も高いので塗装はできるのですが、塗装に適しているとは言えないでしょう。

そして梅雨の時期は雨が長引くと工期が伸び、養生という作業をすると窓を開けられないので、暑いまま長い時間過ごしてもらわないといけません。

秋は春と同じく気温も湿度も塗装に適しています。そのため注文が殺到し費用が高くなってしまいます。

冬は寒すぎると作業ができません。また、日照時間が短いので1日当たり行える作業が限られてきます。積雪があると余計に工期が伸びてしまいます。

□塗料の種類が耐久性に与える影響とは

外壁塗装を行う周期は塗装に使用した塗料の種類によって以下のように変わってきます。

アクリル樹脂系塗料なら5から8年ほど持ちます。
ウレタン樹脂系塗料なら8から10年ほど持ちます。
シリコン樹脂系塗料なら10から12年ほど持ちます。
ラジカル制御系塗料なら12から15年ほど持ちます。
フッ素樹脂系塗料なら15から20年ほど持ちます。

もちろん耐久性が長くなるにつれ費用も高くなるので注意してください。

さらに同じアクリル樹脂系塗料を使用したとしても溶剤塗料と水性塗料によって耐久性が変わってきます。溶剤塗料の方が一般的に耐久性に優れています。
しかし塗装する際にシンナーの匂いがするのが難点です。

アクリル樹脂系はお手ごろな価格なのですが、耐用年数が短いので近いうちに同じ工事をする必要が高いです。長期的に考えると少し高くても耐久年数が長い物を選ぶほうがお得でしょう。

これらはあくまで一般的な例ですので、自身の住宅にあてはまるのかは分かりません。そのため、実際に業者と相談し、塗料から慎重に決めるようにしましょう。

□まとめ

外壁塗装について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。塗装は手間も費用もかかるものです。そのため1回1回を丁寧に行い、お得に後悔のない外壁塗装を行いましょう。外壁塗装について少しでも疑問があればぜひ当社にお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
外壁塗装 YouTube リペイント匠

リペイント匠のYouTubeチャンネルでも、外壁塗装、屋根塗装、屋根工事、防水工事などお役に立つ情報からお客様の声など色々な動画をUPしていますので、ぜひチャンネル登録をして見てみてください😊

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ