津市 外壁塗装 リペイント匠

モルタルへの外壁塗装~寿命や補修、メンテナンス方法、費用相場、DIYについて

津市 外壁塗装 リペイント匠

モルタル外壁とは、セメントと砂、水を混ぜた素材で形成された外壁のことを言います。

 

味わい深い質感に仕上がり、しかも耐久性が高く、耐震性や耐火性にも優れているために、30年~40年ほど前にはほとんどの住宅に用いられていました。

 

しかし、ひび割れが発生しやすく、防水性も低いために、定期的なメンテナンスが必要であり、放置していると住宅に雨水が浸水してしまいます。

 

そのため、雨漏りだけではなく、外壁内部の腐食やシロアリの発生、耐震性能の低下など、悪影響を引き起こしてしまうことになるのです。

 

そこでここでは、モルタルへの外壁塗装の重要性について、三重県津市、鈴鹿市、松阪市、亀山市、名張市、伊賀市の外壁塗装専門店が詳しくお伝えしていきましょう。

 

 

モルタル外壁の寿命は?適切なメンテナンス方法とは

津市 外壁塗装 リペイント匠

近年ではサイディング外壁が主流となっています。

 

そのため、モルタル外壁の住宅にお住いのご家庭であれば、新築からある程度の期間が経過していることもあり、その寿命が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

モルタル外壁は耐久性が高いと言われますが、定期的にメンテナンスとして補修や外壁塗装しておくことが必要です。

 

モルタル外壁の寿命と外壁塗装

モルタル外壁は、冒頭でもお伝えした通り、素材がセメントと砂、水を混ぜ合わせたものであるために、素材自体は水にそれほど強くありません。

 

モルタル外壁そのものの寿命は30年程度と言われます。

 

ただし、「30年が経過すれば外壁として使い物にならなくなる」という訳ではありません。

 

モルタル外壁を水から守るために塗装が施されており、塗膜によって保護しているからです。

 

ただし、塗膜が劣化してしまうと、モルタルそのものが雨や風、紫外線などの影響をまともに受けてしまうことになり、住宅に重大な損傷を与えてしまう可能性が大きくなります。

 

そのため、定期的に外壁の状態をチェックして、必要に応じてメンテナンスを行わねばなりません。

 

すでに塗膜が劣化しており、モルタル外壁にまで影響を及ぼしているのであれば、外壁そのものを補修して、外壁塗装を施すことが必要です。

 

外壁塗装の頻度は、活用する塗料によっても違いがありますが、おおむね10年程度でメンテナンスが必要であると考えられています。

 

モルタル外壁にメンテナンスが必要な状態とは

  • 外壁の塗膜に劣化症状が生じている
  • モルタル外壁そのものに損傷がみられている

 

モルタル外壁は上記でもお伝えした通り、塗装が施されているために、寿命だと言われる30年を超えても外壁としての機能を果たすことができます。

 

ただし、外壁塗装してから一定期間が経過すると劣化症状がみられ、そのまま放置していると、モルタル外壁そのものにまで悪影響が及びます。

 

そのため、塗膜に劣化症状が生じているような場合には、外壁塗装に取り組むことによって、モルタル外壁を引き続き守ることができます。

 

モルタル外壁そのものに損傷が生じている場合には、すでに塗膜は劣化していると考えられ、急いで損傷を補修、塗装によるメンテナンスをしなければなりません。

 

例えば、外壁に触れると手に白い粉が付く「チョーキング現象」と呼ばれる症状は、塗料が紫外線や熱などによって劣化している際にみられます。

 

そのまま放置し続けていると、モルタル外壁にまで影響が及んでしまいます。

 

水をかけると染み込んで跡が残る状態であったり、汚れが目立っていたり、カビや苔が発生している状態であれば、塗膜の機能が失われている状態であると判断できます。

 

また、外壁にひび割れが発生している場合には、すでに塗膜の劣化が進んでしまって、モルタル素材にまで劣化症状を引き起こした状態です。

 

そのままでは、ひび割れ箇所から雨水が浸水してしまい、雨漏りを引き起こしてしまうようになります。

 

そのため、いち早くモルタルの補修を行い、外壁塗装に取り組んでおかねばならないのです。

 

 

モルタル外壁の補修やメンテナンス方法

津市 外壁塗装 リペイント匠

モルタル外壁そのものに補修やメンテナンスが必要な状態として多いものは『ひび割れ(クラック)』です。

 

外壁に施されている塗膜が劣化し始める10年を経過したころから、発生する頻度が高くなります。

 

塗膜が劣化するとモルタルに雨水を含むようになり、天気のいい日には外壁が乾燥することによって収縮して、ひび割れを起こすようになるのです。

 

ひび割れが生じている場合には、その幅や深さなどによって補修方法が異なることになります。

 

幅1ミリまでのひび割れ(クラック)の補修・メンテンナンス方法

ひび割れにもさまざまな種類があり、髪の毛の細さのようなものが見られることも少なくありません。

 

髪の毛のように細いものでは0.3ミリ以下程度であり、「ヘアクラック」と呼ばれるモルタル外壁に多くみられるものです。

 

これは、外壁に塗装されている塗膜にみられるひび割れで、塗膜の劣化によって生じる症状なのです。

 

そのため、今すぐ塗装しないと住宅内部に浸水してしまうような状態ではありませんが、塗装業者に外壁塗装の相談が必要な時期であると言えます。

 

幅が0.3ミリを超え、1ミリまでのひび割れであっても、外壁の機能まで損なわれていない状態であると考えられますが、さらに塗膜が劣化していることがわかります。

 

そのため、そろそろ外壁塗装の検討に入る時期だと考えておきましょう。

 

幅1ミリ以上のひび割れ(クラック)の補修・メンテンナンス方法

モルタルそのもののひび割れは「構造クラック」と呼ばれています。

 

ひび割れの幅が1ミリ以上の場合であれば、塗装の塗膜だけではなく、すでにモルタル外壁にまで影響している可能性があります。

 

そのまま放置していると、雨がどんどん外壁内部に染み込んでいくことになります。

 

湿気と乾燥を繰り返すことによってさらにひび割れの幅が大きくなってしまい、さらには外壁内部を腐食させて耐震性にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

 

1ミリ程度の場合であれば、まずは業者に調査してもらったうえで、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

 

さらに大きな3ミリ以上のものであれば、すでにかなりの雨水が外壁内部に染み込んでいる可能性が考えられます。

 

速やかに熟練の塗装業者に相談して、補修・メンテナンスと共に外壁塗装に取り組むようにしましょう。

 

 

モルタル外壁の塗装やメンテナンスにかかる費用相場

  • 外壁塗装 リペイント匠 三重県
  • 外壁塗装の費用
  • ひび割れの補修費用

 

モルタル外壁のメンテナンスは、定期的に塗装に取り組んでおくことが大切ですが、塗料の種類によって費用や耐用年数が異なります。

 

また、モルタルそのものにひび割れが生じているような場合には、外壁塗装の費用と共に、ひび割れの補修費用も必要となります。

 

外壁塗装の塗料によって費用や耐用年数がどのくらい違うのか、またひび割れの補修費用がどのくらい必要なのかご紹介しましょう。

 

モルタル外壁の塗装費用の相場と耐用年数

塗料の種類 塗装単価の相場(㎡) 耐用年数
シリコン塗料 1,600円~3,300円 7~10年
ラジカル塗料 2,200円~3,500円 10~15年
フッ素塗料 2,500円~4,800円 11~17年
無機塗料 4,400円~5,500円 15~25年

 

多くの外壁塗装で活用されている「シリコン塗料」は、1㎡あたりの相場として1,600円~3,300円となります。

 

耐用年数は7~10年程度であると考えられているために、おおむね10年に一回程度はメンテナンスが必要であることが分かります。

 

外壁塗装で活用される塗料にはさまざまな種類がありますが、費用相場と耐用年数は比例すると考えておくといいでしょう。

 

最も耐用年数が長い「無機塗料」は、メーカーが公表している情報をみると、20年が経過しても70%の機能を維持できる塗料も存在します。

 

費用が高くなったとしても、コストパフォーマンスで考えてみると、むしろ安くなることもあります。

 

そのため、こまめにメンテナンスを行うのか、あるいはできるだけ長く維持したいのかによって、選ぶ塗料は変わってきます。

 

モルタル外壁の補修・メンテナンス費用の相場

髪の毛程度のヘアクラックの場合であれば、コーキング材でそのまま埋めたりして、そのまま外壁塗装してしまうことができます。

 

しかし、モルタルそのものにひび割れが生じている「構造クラック」の場合には、部分的に補修が必要となります。

 

ひび割れが生じている部分を丁寧にカットし、ひび割れを埋めてしまう前に、補修材が定着しやすくなるために下塗り(プライマー)が必要になります。

 

下塗りがしっかりと乾燥するとカットした部分にコーキングを埋め、さらにモルタルも埋めて、隙間が生じないようにする必要があります。

 

そこまで補修して初めて、外壁塗装に取り組むことができます。

 

この補修費用については、1か所につき1~10万円前後が相場となっています。

 

ひび割れがかなり酷い状態であるならば、さらなる修繕が必要となりますので、10~30万円程度になることもあります。

 

H3 坪数ごとのモルタル外壁の塗装・メンテナンス費用相場は

モルタル外壁の塗装・メンテナンスは、外壁塗装と補修だけではなく、足場の設置や外壁の洗浄などの費用も追加されることになります。

 

外壁塗装と補修のほかにも、どのような費用が必要になるのかと言うと、

 

  • 足場の設置:90,000円~150,000円(1㎡あたり500円~1,000円ほど)
  • 飛散防止養生:10,000円~(1㎡あたり100円~200円ほど)
  • 高圧洗浄:30,000円~(1㎡あたり100円~200円ほど)
  • 下地処理(クラック処理など):10,000円~100,000円
  • シーリング:60,000円~80,000円(1㎡あたり500円~700円ほど)
  • 下塗り:70,000円~120,000円(1㎡あたり600円~1,000円ほど)
  • 中塗り、上塗り:(シリコン塗料の場合)200,000円~400,000円(1㎡あたり1,600円~3,600円ほど)

 

などとなります。

 

外壁全体に塗装する場合には足場の設置は不可欠で、外壁塗装をしっかりと定着させるためには高圧洗浄が必要です。

 

外壁塗装の塗膜を強固にするためには下塗り、中塗り、上塗りの三度塗りが基本となります。

 

そのようなことから、塗料別の30坪、40坪の住宅での費用相場は次の通りとなっています。

 

塗料の種類 30坪での相場 40坪での相場
シリコン 68万円~88万円 78万円~100万円
ラジカル 76万円~89万円 98万円~120万円
フッ素 78万円~95万円 108万円~140万円
無機 98万円~115万円 128万円~170万円

 

メンテナンスや補修が必要な箇所が多くなればなるほど、また酷くなれば酷くなるほど補修費用が必要になってくることから、早めの取り組みが重要です。

 

 

モルタル外壁の塗装やメンテナンスはDIYできる?

できるだけ費用をかけたくない、自身でひとまず補修しておきたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

DIYで塗装やメンテナンスは可能ですが、一般の方にとってはかなり大変な作業になることだけ、最初にお伝えしておきましょう。

 

必要となる道具・塗料には、

 

  • 刷毛(筋交い刷毛、平刷毛)
  • ローラー(ウールローラー、マスチックローラー)
  • スプレーガン(エアスプレー、エアレススプレー)
  • 家庭用高圧洗浄機・バケツ・ブラシ・サンドペーパー
  • コーキング材(屋外用)
  • 下塗り塗料(シーラー・フィラー)
  • 上塗り塗料(シリコン・フッ素など)

 

があります。

 

まずは、高圧洗浄機などで外壁の汚れをしっかりと落としてから、作業を行うようにします。

 

汚れが付いたままでは、しっかりと補修やメンテナンスを行うことができないからです。

 

塗装は、下塗り塗料が1回、上塗り塗料が2回の三度塗りが基本となります。

 

外壁塗装のDIYについては過去記事『外壁塗装のDIYはできる?手順や正しい塗り方をプロの塗装業者が徹底解説!』に詳しく記載していますのでご参照ください。

 

 

まとめ

モルタルへの外壁塗装について詳しく解説しました。

 

現在はサイディング外壁が採用されるケースが多いですが、それ以前の住宅ではほとんどがモルタル外壁でした。

 

耐久性が高く、耐震性や耐火性にも優れているうえに、味わい深い質感に仕上がることから、長く親しまれてきたのです。

 

しかし、現在ではモルタル外壁の劣化する時期に差し掛かってきており、多くの住宅では補修やメンテナンスが必要な状態が見受けられます。

 

中にはモルタル外壁自体がひび割れを起こしており、外壁内部に雨水が浸水し、腐食しているケースも珍しいことではなくなってきました。

 

そのため、劣化症状が見られるような場合には塗装業者に相談し、補修や塗り替えを行うことによって外壁を守っていくことをおすすめします。

 

モルタルへの外壁塗装については、地元で実績のある塗装業者に依頼しておけば安心です。

 

疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

 

津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心に三重県全域が施工範囲です。

 

外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ