松坂市にお住いの方!外壁塗装の工程について紹介します!

「外壁塗装の工期について知りたい」
「外壁塗装の工程はどんなものがあるのか」
このようにお考えの方も多いかと思います。
そこで今回は、外壁塗装の工期や工程について外壁塗装業者が解説します。

□外壁塗装にかかる工期とは

外壁塗装にかかる工期は、一般的に7〜10日ほどと言われています。
また、外壁塗装を行う際、屋根塗装を一緒に行う方も多いですが、その場合は10〜14日ほどかかります。

屋根と外壁は、同じスピードで劣化していくため、外壁が劣化していると屋根も同じように劣化していることが多いでしょう。
さらに、工事費用や手間を考えると、まとめて塗装を行うことをおすすめします。
屋根も塗装を行うかお悩みの方は、一度業者へ相談してみてください。

□外壁塗装の工程とは

ここからは、外壁塗装の工程について順を追ってご紹介します。

*挨拶回りや塗装前の準備

まずは、外壁塗装を行う旨を伝えるためにご近所へ挨拶回りに行きます。

挨拶回りが終わったら、足場工事を行います。
足場工事は、安全に工事を行うためになくてはならない工事です。
しかし、工事の音が大きく、トラブルになりやすいため、最初の挨拶回りが重要と言えるでしょう。

さらに、塗装前に高圧洗浄機を用いて外壁についた汚れを落とします。
汚れが残ったまま塗装すると、塗料の持ちが悪くなりすぐに劣化してしまうでしょう。
そのため、こちらの工程は完成度を高めるために重要です。

その他、養生と呼ばれる下地処理や塗料がつかないようにする作業も行います。

*3段階の塗装工事

準備が全て終わったら、いよいよ塗装工事に入ります。
塗装工事は、3回塗りが一般的で、下塗り・中塗り・上塗りを行います。

最初に、塗料が外壁に定着しやすくするために下塗りをします。
この工程は、耐久性を高めるために重要な作業と言えるでしょう。
続いて、下塗りが乾いたら中塗りを行います。
最後に、中塗りと同じ塗料を重ねる上塗りを行います。

*点検や工事現場の解体

塗装が全て終わったら、塗り残しがないかを点検します。
点検後は、足場の解体や廃棄物の片付けを行います。
以上で、外壁塗装の工程は全て終了です。

□まとめ

今回は、外壁塗装の工期や工程についてご紹介しました。
外壁塗装を依頼する際には、ぜひ本記事を参考にしてみてください。
当社は創立以来、職人育成に力を注ぐ専門店として、地域のお客様の外壁塗装を行ってきました。

松阪市を中心とした三重県全域でのご依頼を承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。