鈴鹿市に在住の方へ!外壁塗装を長持ちさせるポイントについて紹介します

住宅は人生で大きな買い物の一つです。
それは住宅が長く利用するものであるためです。
したがって、業者も長期的な利用を見越して設計しますが、居住者も住宅を長持ちさせるために意識する必要のあるポイントはいくつかあるでしょう。
そこで今回は鈴鹿市在住の方に、外壁塗装を長持ちさせるポイントについて紹介します。

◻︎外壁塗装を長持ちさせるポイントを知ろう

外壁塗装を長持ちさせるためには2つのポイントがあります。
耐用年数を長く保つためにも、しっかり把握しておきましょう。

1つ目は、住宅がある地域の環境を知ることです。
外壁塗装は立地や地域によって耐用年数は変わります。

例えば、気温が低く湿度が高い地域では、施工後に塗膜の剥離やひび割れといったリスクが高まるでしょう。
また、強風や積雪、雷雨といった悪天候が多い地域では工期の調整が難しく、工事費用が高くなる可能性があります。
このような環境をあらかじめ把握しておくことで、そのような施工時に考えられるリスクを回避できる場合があるでしょう。

2つ目は、塗料にこだわることも重要なポイントです。
一般的に耐久性やコストパフォーマンスによって塗料を選びますが、長持ちを考える場合はシリコン系塗料やフッ素系塗料をおすすめします。

◻︎劣化状況を見て外壁塗装を行おう

外壁塗装を長持ちさせるためには紹介したポイントも重要ですが、定期的なメンテナンスも同様に重要です。
したがって、外壁塗装を行うべきと判断できる劣化の症状を把握しておきましょう。

まず、外壁の色あせを確認しましょう。
色あせは塗膜の劣化が進んでいる証拠です。
劣化の進行度としては低いですが、塗り替えの目安の一つです。

次に、チョーキングについて確認しましょう。
チョーキングとは、紫外線や風雨によって塗装の表面が劣化している状況です。
放置しておくと、ひび割れやカビの発生につながる要因になるので注意しておきましょう。

最後に、剥離やひび割れといった状態です。
これを放置しておくと雨水の侵入や、カビの発生の原因になる他、住宅の強度の低下につながる可能性があります。
ひび割れの幅が0.3ミリメートル以上ある場合は早急にメンテナンスをしましょう。

◻︎まとめ

外壁塗装は住宅を長持ちさせるために重要です。
住まいが置かれている環境を知り、塗料にこだわることで、リスクの回避や高い耐久性が期待できるでしょう。
また、定期的に外壁の色あせやチョーキングといった劣化状況をメンテナンスすることも重要です。
末永く、安心して暮らせるよう、外壁塗装を行いませんか。