津市に在住の方へ!外壁塗装の効果について紹介します

「新築のような目新しさが欲しい」と考え、外壁塗装をご検討されている津市在住の方はいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、そのような方の中に外壁塗装の外観以外の効果をご存じの方は少なくありません。
そこで今回は、外壁塗装をご検討されている方に向けて、その効果についてご紹介します。

◻︎外壁塗装の主な効果とは?

外壁塗装の主な効果とは大まかに分けて美観性、保護、機能性の3点があります。

1点目に、美観性ですが、外壁の綺麗さ、美しさを指します。
自分好みのデザインにすることで、理想の外壁にイメージチェンジできるでしょう。

2点目に、外壁塗装には保護といった役割があります。
塗装によって雨や風、紫外線といった外部環境から家を守ります。

もし、塗装を行っていなかった場合、家の内部にまで雨水が浸透したり、紫外線によって壁材が劣化したりすることがあります。
外壁塗装は、本来の性能を保つ期間の目安がおよそ10〜15年とされているので、塗り替える際は注意しておきましょう。

3点目に、住宅の機能性を高める役割があります。
塗料の中には、防水や防カビ、断熱、低汚染といった様々な機能を持つものがあります。
このような塗料を外壁に塗装することで、住宅の機能性を高められるので、住みやすく快適な家になるでしょう。

◻︎外壁塗装の機能性とは

外壁塗装は機能面での効果があります。
先ほど挙げた種類に加え、様々なものがあるのですが、ここでは防水性、遮熱性、耐久性の機能についてご紹介します。

まずは、防水効果です。
外壁塗装によって防水性が高まるため、外壁が水分や湿気に強くなるでしょう。
雨漏りや雨によるシミから家を守ったり、結露を防いだりする効果があります。

次に、遮熱効果です。
直射日光による外壁の温度上昇を抑え、室内温度への影響をなくす効果です。
断熱性のものと組み合わせることで、夏冬ともに安定した室温を保てるでしょう。

最後に、耐久効果です。
外壁塗装を施すことで、外壁素材そのものを守れるため、耐久性が向上します。
数ある塗料の種類の中でも、フッ素系塗料は耐久性に優れており、傷みやすい屋根材の塗装に用いられるケースが多いでしょう。

◻︎まとめ

このように、外壁塗装には外観のイメージチェンジの他にも保護面や機能面での効果がありました。
機能面では断熱、遮熱することで室温を保てますし、防水、防カビ効果によって外壁材や屋根材を腐食や劣化から守れます。
したがって、外壁塗装をご検討される際は、美観性の他にもこのような機能があることに留意しましょう。