鈴鹿市で外壁塗装はどこの業者に依頼するべき?失敗しない選び方と注意点をプロ目線で伝授

マイホームを建ててからある程度の年数が経つと、そろそろ外壁塗装をしないといけないのかな、なんて考えている人は非常に多いのではないでしょうか。

なぜなら、外壁塗装をせずにそのまま過ごしていると、見た目が悪くなるのはもちろん、ひび割れなどにより雨漏りが発生するからです。

そこで、定期的に外壁塗装をしてあげることで、いつまでも美しく快適に過ごせるというわけです。

今回は、鈴鹿市で外壁塗装業者の選び方と注意点についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装をしないといけない理由について知っておこう

そもそも、なぜ外壁塗装が重要なのでしょうか。

大切な住まいを守るため

私たちが普段、何事もなく幸せに生活できているのは外壁があるからこそだと言えます。なぜなら外壁は、24時間365日、雨や風、紫外線などどんな過酷な環境であっても私たち住人を守ってくれているからです。

当然外壁は、そんな過酷な状況で頑張ってくれているからこそ手入れが必要というわけです。

新築同様の見た目を取り戻すため

外壁材によっては、塗装が施されています。しかし、塗料の種類によっては数年で剥がれてしまうため、新築時にキレイだった外壁は築年数相当以下の見た目になってしまいます。

できれば、いつまでも新築同様の見た目にしたいのではないでしょうか。外壁塗装をすることで、新築時のような輝きを取り戻してくれるのはもちろん、違う色に塗り替えることでイメージチェンジも可能です。

また、近年では断熱や遮熱などの機能性をもった塗料が発売されているため、外見だけではなく住みやすさも改善されるという特徴があります。

資産価値を高めるため

既存の家が2つあって、片一方は外壁塗装が施されている家と、もう片一方は塗装がされていない築年数相応のボロボロの家があった場合、どちらを購入したいと思いますか。

ほとんどの人は、外壁塗装がしっかり施されている家を選ぶはずです。築年数が同じであれば、キレイな家を選ぶのは当然の意見と言えます。

つまり、定期的に外壁塗装をすることで見栄えが良くなるため、資産価値が高まる可能性があります。

外壁塗装を行うタイミングについて

外壁塗装はとても重要ですが、実際にどのタイミングで行うのかは非常に難しいのではないでしょうか。

一般的に外壁塗装を行うタイミングは、新築から10年程度と言われています。しかし、10年と言ってもそれぞれ家の環境は異なるため、外壁におこりえる症状で判断するべきです。

外壁が色あせている

外壁の塗装は、年月の経過と紫外線により色あせがおきてしまいます。ちょっとした色あせ程度であれば問題ありませんが、著しい色あせの場合は外壁塗装が必要です。

クラック(ひび割れ)

外壁のなかで、もっとも危険なトラブルと言えばクラック(ひび割れ)ではないでしょうか。外壁にクラックが生じてしまうと、その割れ目から雨水がダイレクトに浸入するため、雨漏りの原因となってしまいます。

雨漏りが発生しているということは、外壁内部や建物内部が湿っている状態になっているため、木材が腐ってしまうというわけです。軽微なクラックであれば塗装で対応できる可能性がありますが、構造クラックと言う深いひび割れになると塗装では対応できなくなってしまいます。

ですから、クラックを発見した場合は塗装だけでいいのか、修繕が必要なのかを専門業者に確認するべきと言えます。

外壁にコケが生えている

新築からある程度の期間が経過すると、外壁にコケが付着するようになります。コケの胞子が風に飛ばされて外壁に付着することで、コケが増殖していきます。

また、コケは湿気や栄養などがあれば、どんどん増殖していくという特徴があります。コケの増殖により、外壁の見た目が悪くなるのはもちろん、常に水分を保っているせいで塗膜膨れや剥離に繋がります。

塗膜が剥がれている

外壁に施された塗装は、紫外線や雨風によって剥がれていきます。

また塗装業者が、下地処理を手抜きしたり適していない塗料を選んでしまったりすることにより、塗膜が剥がれることもあります。塗膜が剥がれてしまうと、外観の見た目が悪くなるのと外壁を守れなくなってしまいますので外壁塗装が必要です。

外壁塗装の種類の選び方

実は外壁塗装をする際には、いくつかの塗料があることをご存知でしたでしょうか。塗料によっては特徴が違いますので、知っておいて損はありません。

ウレタン

ウレタンは素材が非常にやわらかいため、複雑な形状の外壁にも有効ですし、ひび割れしにくいという特徴があります。ウレタンの耐用年数は6年~8年程度ですが費用が安いこともあり、選ばれる方も見えます。

施工費を安くしたい、とりあえず塗装の剥がれが気になって補修したい人にウレタンはおすすめと言えます。ただし、今はランクが高いラジカルやシリコンの価格が安く機能性が高くなっていることもあり、ウレタンの活躍は減っています。

ラジカル

ラジカルとは2012年に発売された、ラジカル成分を抑える新しい塗料のことを指します。ラジカルは紫外線によって発生し、外壁の劣化を早めてしまう要因となります。

この塗料は、ラジカルを制御する特殊な機能が備わっているため、長く美観を保てるというメリットがあります。またこの塗料は汚れが落ちやすく、藻やカビの発生も防いでくれます。

ラジカルの耐用年数は8年から15年程度と長持ちしますし、コストパフォーマンスに優れているため人気のある塗料と言えます。

シリコン

耐熱性、耐水性、耐候性に優れている塗料がシリコンです。シリコンは耐用年数が長く、8~12年と長持ちする傾向にあります。またシリコンは、光沢やツヤがあり汚れにくいため、長い期間で美観を保てるというメリットがあります。

少しでも外壁を長持ちさせたい、バランスの良い塗料をお探しの人におすすめできる塗料です。

光触媒

雨水を利用して、外壁をセルフクリーニングしてくれる塗料が光触媒です。光触媒は酸化チタンという、光をエネルギーとして化学変化をおこさせる仕組みを利用して、自力で汚れを落としてくれます。

ですから、外壁が汚れにくくなるためメンテナンスの回数が減るというメリットがあります。光触媒の耐用年数は10~15年と長いこともあり、人気の塗料と言えます。

光触媒はどの塗料よりも割高なため、初期費用を抑えたい場合は選択肢として外れることでしょう。ただし、長い目で見れば清掃の手間などを省けますので、楽をしたいとお考えの人におすすめの塗料と言えます。

【塗料の種類】外壁塗装でおすすめの塗料や種類について

こんな業者は要注意?鈴鹿市で外壁塗装を依頼する際の注意点

外壁塗装業者にお願いしようと思った場合、鈴鹿市に限定してもたくさんの業者が存在しているため、どこに問い合わせするべきなのかを迷ってしまうはずです。

とくに、運悪く悪徳業者にひっかかってしまったものなら、後悔でしかありません。ここからは鈴鹿市で外壁塗装の悪徳業者の行動パターンについてお話しします。

不安感をあおってくる

外壁に何らかしらの異常があるから、そろそろ問い合わせをしようと思うことでしょう。つまり、少なからず不安があるから問い合わせをするというわけです。

その不安に付け込み、あたかもいまスグに工事をしないと危ない、などの言葉であおってくる業者には注意しましょう。

とくに災害の後は、より不安に感じてしまうこともあり、そのタイミングで訪問や連絡してくるような業者には注意するべきと言えます。

即決契約をさせようとしてくる

悪徳業者は、その日のうちに契約を求めてくるケースがあります。とくに、依頼主が冷静な判断ができていないときは要注意です。

本来であれば、家族と相談したい、他社と比較したいと伝えると言っても嫌な顔をされません。しかし悪徳業者の場合は、何が何でも今日中の契約をとろうとしてくる傾向にあります。

大幅な値引きをして契約させようとする

どんなサービスでもそうですが、あなただけ特別と言われたり、期間限定割引だったりなどを言われたら、ついつい勢いで申し込んでしまうのではないでしょうか。

それは今申込まないと、絶対に損するという心理状態が働くからです。

とくに外壁塗装に関して言えば、決して安くはない金額のため、少しでも負担を軽くしたいというのが本音のはずです。そんなときに、大幅な値引きを提示されて今日だけ特別です、と言われた場合、何も考えずに申込んでしまうでしょう。

ですが、大幅な値引きで契約を急かされる場合も、いったんは落ち着いて冷静に対応することをおすすめします。

たとえば相場が100万円なのに、それを知らず大幅割引で200万円から150万円にできるから契約した、なんてケースがあるからです。

50万円も割引されたら、お得感がでてくるものです。

しかし相場は100万円ですから、50万円の損をしているというわけです。大幅割引というフレーズに食いついた結果、一般的な費用を知らなかったことで、逆に損をする可能性があります。

ありえないくらいの寿命を言ってくる

どんな最新の塗料であっても、耐用年数は長くても20数年程度です。高性能な塗料の耐用年数は最長20数年程度ですから、塗り替えという観点で考えますと10年から15年くらいが理想と言えます。

しかし、業者によっては弊社の塗料は40年や50年もちますや、永久にもちます、メンテナンス不要、などありえないことを言う場合があります。

依頼主からすれば、10年より40年もったほうが嬉しいですが、ウソをついてまで契約をさせようとするのは悪い業者だけです。

「2020年」悪質な訪問販売の撃退のコツ!これで心配なし

鈴鹿市で外壁塗装業者の失敗しない選び方

外壁塗装を検討した場合、優良で安心できるところにお願いしたいのは当然のことではないでしょうか。

しかし、はじめて問い合わせする場合は、何を基準にするべきなのかを迷ってしまうはずです。ここからは、鈴鹿市で外壁塗装業者の失敗しない選び方についてお話しします。

相見積もりをとる

サービスを利用する場合、少しでも安くしたいと思うのは当然のことと言えます。しかし、あまりにも相場より安すぎると、対応が悪かったり手抜き工事をされたりする可能性があります。

もちろん、企業努力によって安くなっているケースもあるため一概には言えませんが、安さだけで選ぶのは辞めておくべきと言えます。

できれば複数社で見積もりを取って、しっかり比較すれば相場より高い低いの差がはっきりわかるため、より安心ではないでしょうか。

説明がわかりやすい

依頼主のほどんとは、外壁塗装の知識をおもちでないため、たくさんの疑問や不安があるはずです。

その際に、しっかり初心者でもわかるような説明をしてくれるのかや、メリットだけではなくデメリットなども丁寧に教えてくれるような業者を選ぶべきと言えます。

外壁塗装の実績が多い

外壁塗装の業者にお願いする際に、実績の有無が重要になってきます。なぜなら、昨日今日はじめたばかりの業者ですと実績がないからです。

実績がないということは、満足のいく外壁塗装ができない可能性があります。ですからホームページなどに施工実績や経験などを記載している業者が多いため、あらかじめチェックしておきましょう。

アフターフォローがしっかりしている

外壁塗装は、施工が完了すればそれで終わりではありません。なぜなら、何らかの理由で再度塗装をしなければならないことがあるからです。

そんなときにアフターフォローがないと、施工で別途料金を請求されるなんてことにもなりかねません。ですから、万が一のことや将来的に再度塗装をすることも考え、アフターフォローがしっかりしている業者を選ぶようにしましょう。

鈴鹿市で外壁塗装業者をお探しなら「リペイント匠」へお任せ

外壁塗装をお考えなら、鈴鹿市の職人直営リペイント匠にお任せください。当社では、最初から最後まで一貫して業務を行っているため、最後まで責任をもって対応しています。

ですから、下請けに丸投げのようなことはありませんので、余計な費用をいただきませんし、お客様のご要望やご希望をダイレクトに漏れなく反映させられます。

また当社では、すべてのお客様に喜んでいただけるような丁寧な施工にこだわっています。はじめての外壁塗装であれば、たくさんの不安や疑問をおもちのはずです。

そんなときはお気軽に当社へお問い合わせください。専門のスタッフが、親切丁寧におこたえいたします。

鈴鹿市で外壁塗装業者の選び方と注意点のまとめ

今回の記事を簡単にまとめますと、

・相見積もりをとって比較する

・実績が多く親切な業者を選ぶ

・アフターフォローがしっかりしている業者を選ぶ

・訪問販売業者の即決や大幅割引には気をつける

もし、鈴鹿市で安心できる業者をお探しであれば、リペイント匠へお問い合わせください。

この記事を書いたのは

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ