外壁塗装に使う塗料とは?

外壁塗装に使う塗料とは?松阪市の業者が説明します

「外壁塗装で使う塗料のおすすめを知りたい。」
「塗料はどんなポイントを意識して選択すればいいのだろうか。」
松阪市在住の方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
塗料は価格はもちろん、機能や耐用年数など様々な違いがあります。
今回は外壁塗装を行う際の塗料を選ぶポイントについて説明します。

□塗料の種類と特徴

外壁塗装では以下のような様々な塗料があります。
・アクリル塗料
・ウレタン塗料
・シリコン塗料
・ラジカル塗料
・フッ素塗料
・光触媒塗料

ここでは塗装におすすめの塗料を見ていきましょう。
まずはシリコン樹脂系塗料です。
シリコン塗料は汚れや紫外線に強いことから、10〜15年ほどの耐用年数を発揮します。
こういったメリットから戸建て住宅での使用率が最も高い塗料です。

基本的に塗料の選択で迷った際は、水性シリコン塗料を選びましょう。
しかしシリコン塗料にも弱点はあり、金属に対する密着力が良くないため注意しましょう。

続いて、ラジカル塗料です。
ラジカル塗料は比較的新しい塗料でシリコン塗料よりも優れており、シリコン塗料とフッ素塗料の間に位置します。
塗料の中の酸化チタンが紫外線を吸収することでラジカルが発生し、このラジカルが塗料を劣化させる原因です。

ラジカル塗料はラジカルを発生すると、それを包み込むためラジカルは塗料にダメージを与えられません。

これにより耐久性が持続し、耐用年数が長くなります。

□塗料を選ぶ際のポイント

塗料を選ぶ際に、どのようなポイントを選択するのか以下で説明します。

*塗料の色を選ぶ

外壁の外観は住宅のイメージを大きく左右するため、塗料の色は非常に重要な要素です。
色の系統はもちろんのこと、濃淡や明るさによっても印象は全く異なるため色の見本を見せてもらい検討しましょう。

*塗料のタイプを選ぶ

塗料には水性か油性、1液型か2液型をそれぞれ選択する必要があります。
それぞれ塗料としての機能性だけでなく、塗装の作業性なども考慮した上で適切なものを選択しましょう。

*塗料の機能性を選ぶ

塗料の機能性は防水性、防汚性、遮熱性と非常に多岐に渡ります。
気温や湿度といった周囲の環境を考慮して、必要な機能に優先順位をつけて選択しましょう。

□まとめ

今回は外壁塗装をする際の塗料を選ぶポイントについて説明しました。
塗料の選択肢は非常に多いですが、色や機能性、タイプなど様々な観点から考慮して適切なものを選択しましょう。
松阪市で外壁塗装を検討している方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ