外壁塗装をする際に知っておきたい挨拶について!松阪市の専門家が説明します

松阪市で外壁塗装をお考えの方々に質問です。
ご近所にお住まいの方に挨拶が必要か迷っているという方はいらっしゃいませんか。
引っ越しやリフォームの際には挨拶したものの、外壁塗装の場合は必要ないような気がする方もいるかもしれません。
今回は外壁塗装での挨拶の有無と外壁塗装の挨拶で伝えておきたい内容を解説します。

⑴外壁塗装する際の挨拶の必要性について

挨拶周り

結論から言いますと、外壁塗装の場合でも挨拶回りはすべきだと言えます。外壁塗装の際には家の養生や足場の組み立てが必要となり大規模な作業をすることになります。また、工事専用車を路上に止めたり、日中大きな音やホコリが発生したりする場合もあるかもしれません。

近隣の住民の方々に大きな迷惑を及ぼす可能性があるため、事前に挨拶回りしておくのが良いと言えます。

それでは、挨拶回りは誰がすればいいのでしょうか。中には挨拶回りしてくれる塗装業者もあるでしょう。しかし、そのような場合も業者に加えて自分も別途挨拶回りされることをおすすめします。

なぜなら、業者と施主では挨拶回りの際に伝える内容が若干異なっているからです。

また、どのくらいの範囲に挨拶回りすればよいのか不安だという方もいるかもしれません。一般的には両隣に加えて、向かいと裏に挨拶回りに行きます。

ただし、工事内容や周辺環境によってはその他の家にも挨拶に行くのが丁寧です。

例えば工事車両によって突き当たりの家が車を出しにくくなる場合は、突き当たりにお住まいの方にも挨拶回りするのが良いでしょう。

業者の方が挨拶回りする場合、その主な内容は工事の期間、場所や内容、そして工事期間中の近隣の方へのお願いや注意事項です。一方で施主の方の場合、主にご近所付き合いの一環としての目的が強くなるでしょう。トラブルを防いだり、良い印象を残すためにも挨拶回りは業者と施主の両方が行うのが良いでしょう。

また、挨拶回りの際は手土産を持っていくと丁寧な印象を与えられます。しかし、ここでも注意が必要です。例えば、高価すぎる手土産は相手の方を恐縮させてしまう可能性があるため注意しましょう。

加えて、人からもらった食べ物に抵抗感がある方や、ある特定の洗剤に対してこだわりがある方もいらっしゃるかもしれません。置物なども相手に負担を与えてしまう可能性があるため、タオルやティッシュ、ラップなど気軽に使える品物がおすすめと言えるでしょう。

最後に、挨拶回りに行ったものの不在だった場合はどうすればよいでしょうか。

何回も挨拶に行ったとしても、毎回不在で結局挨拶できないまま工事が始まってしまった場合は失礼な印象になってしまう可能性があります。

また、在宅でも相手の方が忙しいこともあります。そのようなときにそなえて事前に挨拶文を持参するのがよいでしょう。挨拶文には工事の内容や迷惑をかけるかもしれない旨を記載しておくと好ましいです。

⑵挨拶時に伝えるべき内容について

それでは、挨拶時には何を伝えればよいのでしょうか。ここでは工事の内容を3つに分けて伝えるべき内容を解説します。

1つ目は足場の組み立てや解体に関する内容です。

足場の組み立ては金属の部品を頻繁に移動させたり固定したりする必要があり、大きな騒音を周囲に発してしまうでしょう。

また、大量の部品は面積も重量もかさむため、大型のトラックを使って輸送します。そのため、現場付近の道路にトラックを駐車させるのですが、特に住宅街などであればトラックが通行を大きく妨げてしまう可能性もあります。

そのため、挨拶回りの際に具体的に何日程度、何時から何時まで騒音で迷惑をかけてしまうか、そしてどのくらいの期間、大型トラックが出入りするのかを明確に伝えましょう。

2つ目は高圧洗浄に関する内容です。

外壁塗装の際には壁を施錠する必要があるものの、このときに用いる高圧洗浄機はエンジンが搭載されていて非常に大きな音を立てます。
さらに、気をつけていても高圧洗浄の水が近隣の住居に飛び散ってしまう可能性もあるかもしれません。
ここで気をつけたいのが洗濯物を汚してしまうことです。
高圧洗浄する日も足場と同じく大きな騒音が発生するかもしれないこと、そしてその日は洗濯物を室内干ししてもらうようにお願いしておくのが良いでしょう。

3つ目は塗装作業に関する内容です。

外壁に用いる塗料は、素材によっては強い臭いや少し不快な臭いを発する場合もあります。ご近所とのトラブルを防ぐためにも、あらかじめ臭いに関して伝えておくのが望ましいでしょう。また、高圧洗浄と同様に塗料も場合によって周囲に飛び散ってしまうことがあります。

隣家の洗濯物や自動車を汚さないためにも、塗装作業が行われる日程を伝え、その日は自動車を他の場所へ動かしてもらったり、カバーをかけてよいかの確認をとったりして汚れを防ぐようにしてもらうようにしましょう。

また、工事内容や日程に関しては業者の方が挨拶回りの際にしてくれるという場合も、上記の3つの工事内容に関する注意点を伝えてくれるか確認しましょう。

⑶まとめ

今回は外壁塗装での挨拶の有無と、外壁塗装の挨拶回りで伝えておきたい内容を解説しました。
工事の過程でどんな影響が近隣の方に及ぶかを詳しく伝えておくことがトラブルを予防する上で大切だとご理解いただけたでしょうか。
当社は松阪市で塗替え関するお問い合わせを随時受け付けております。
ぜひお気軽にご相談ください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ