外壁塗装の色変更

【最新版】外壁塗装の最中に色変更できるのか?

外壁塗装の色変更

外壁塗装をしている最中で色変更できるか気になる方いませんか?

外壁塗装の契約が済み着工してから、「あれ?なんとなくイメージと違ったなぁ」と思われている方も少なくないかも知れません。そんな方のために外壁塗装が始まってから色変更できるか?について詳しく書いていきたいと思います。

最後まで見て頂けたら、外壁塗装の色変更について詳しくなりますので、長文になりますが、最後まで読んで頂ければ幸いです。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

外壁塗装の色選び

外壁塗装の色変更は着工後でも可能かと聞かれればYESです。

ただそのタイミングによって追加料金が発生したり、工事期間が延びたりする場合がございますので、その点だけ注意が必要になります。では、外壁塗装の色変更について詳しく書いていきますね。

※各会社によって考え方がありますので、ここでは、弊社リペイント匠での実例としてご紹介いたします。

⑵外壁塗装の色変更で追加料金が発生する場合・しない場合

外壁塗装の色選び:リペイント匠

外壁塗装の色変更で追加料金が発生する場合をいくつかご紹介していきたいと思います。

・業者が塗料の発注を終えているor現場に塗料が届いている

ここ微妙なところなのですが、外壁塗装の契約が完了して、色決めをして、工事着工してから、塗料を開封していたら塗料メーカーにも返品がききませんので、追加料金は発生してしまいます。

逆に開封していなくて、日塗工色ではなく、塗料メーカーの標準色であれば返品できる可能性も勿論ございます。

その場合は追加料金は基本的に発生しません。しかし、塗料が届くまでに時間がかかる可能性もありますので、工事期間はずれ込むことは避けられないと思います。

現場にも塗料が届いておらず、発注段階だと大抵は追加料金なしで外壁塗装の色変更が可能になります。

・追加料金発生するか、しないかの3段階

ですので、追加料金が発生するか、しないかの段階で分かりやすく書きますと

1.現場に届いていなけれ塗料によりますが、返品可能な色・商品であれば、ほぼ追加料金が無くても色変更可能です。
2.現場に届いていれば、色変更するのに追加料金が発生する可能性が高くなります。
3.そして最後に現場に塗料が届いて尚且つ開封されていれば100%追加料金が発生いたします。

この3段階に分かれると思います。1番以前の色の打ち合わせをしたした段階などは、1.と同じ様なイメージで大丈夫です。

⑶業者側のミスで外壁塗装の色変更

塗料:リペイント匠

業者側のミスで外壁塗装の色変更は、あまりないケースだとは思いますが、色の打ち合わせを完了した時にメモが間違えていたなどあるかも知れませんので、一応書いておきますが、皆さんもお分かりのように、業者さんが色の発注ミスをしたなら問答無用で追加料金が発生なんてするわけありませんよね。

ここで、「言った、言わない」などにならないように、お互いが確認できるように、お客様と業者側の双方が持っている契約書に色番号を記載しておくと、このような余計なトラブルに巻き込まれないで済むと思います。

⑷外壁塗装の色変更も在庫塗料なら追加料金不要かも…

外壁塗装で使う塗料:リペイント匠

外壁塗装の色変更の場合でも少ない量の塗料で業者さんの倉庫に在庫があるような塗料でしたらそんなに追加料金などと言われることは少ないと思います。

リペイント匠でも付帯部分のシャッターBOXで良くありますが、現状の色と自分が気に入った色、どちらが家に合うか?判断できないという場合は、一つだけ実際にどちらかの色で塗装して気に入ればそのまま塗り進め、イマイチの場合は、もう一つの色も塗装したりしながら、各部位の色を決めていく事が多いです。

⑸外壁塗装の色変更:色が違う

塗料:リペイント匠

外壁塗装の色決めの時に決めた色番号と確かに一緒だけど「なんかイメージが違うなぁ」と思われる方もいると思います。この場合の原因は、大抵塗料メーカーのカタログの小さい見本色を見て室内で決めてしまった場合に多いです。

・面積効果

人は小さい色を見ると濃く見えてしまう目の錯覚が起きます。これを「面積効果」というのですが、こうならないようにカタログでいい色が見つかれば、必ずA4サイズの塗り板を用意してもらい、明るい昼間に外で出来るだけ遠くから見るようにして判断しましょう。

A4サイズの塗り板:リペイント匠

・必ず外で色は確認

室内で見てはいけない理由は、電球の色によっても見え方が変わったりするからです。この他にもガイナなどでしたら、紫外線で乱反射しますので、室内で見ると濃く見えても、

明るい昼間に外で見ると、3トーンくらい明るく見えます。この様に塗料によっては、セラミックなどが太陽の光で乱反射する場合がございますので、外で色を確認する事を強くおすすめします。

⑹外壁塗装の色褪せについて

外壁塗装:リペイント匠

ここで、外壁塗装の色変更とは関係ないですが、色を変更したいと将来後悔しないように外壁塗装の色褪せについて少しお話したいと思います。

皆さん、色褪せとは、どの様に、どの色に進んでいくかわかりますか?

正解は「白」です。色というのは、正確に言うと顔料で出来ていまして、紫外線などの経年劣化でその顔料が浮き出てきて色褪せになる訳です。
ですので、赤色はピンクになりますし、黒はグレーになります。どの色も例外なく年数が経つとともに「白」に近づいていくのです。この事も踏まえて、塗料や色選びをすると、将来、外壁塗装の色変更をしたいと思わないと思います。

⑺外壁塗装の色変更のまとめ

外壁塗装の色変更について詳しく書いていきましたが、いかがだったでしょうか?

外壁塗装の最中で色変更をしたい場合は、その「段階」で有償か無償かきまるという事です。またこれらは、リペイント匠の実例にもとずいて書いていますので、各会社にそれぞれの考え方があると思いますので、そちらも合わせて覚えておいてください。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ