リペイント匠、外壁塗装

【動画付】外壁塗装を検討されている方必見!オススメの外壁塗装の塗料や種類について紹介します!

リペイント匠、外壁塗装
【職人目線】塗料の種類は多いけど塗装職人目線では?外壁塗装編
現在松坂市で外壁塗装をご検討されている方はいらっしゃいませんか。今回はそのような方に向けて、オススメの外壁塗装の塗料やその種類について紹介します。是非参考にしてみてください。
リペイント匠:塗料
外壁塗装の業界で少し前まで良く使用されていたのは、ウレタン塗料です。現在でも根強い人気を誇っており、まだまだウレタン塗料を使用している業者は多いです。

シリコン塗料

しかし、現在最も多い割合で使用されているのがシリコン塗料です。迷ったときはシリコン塗料で間違いないでしょう。メリットしては、耐久性や耐候性の高さや汚れにくさ、そして色褪せが起きにくいことが挙げられます。
ややひび割れしやすく密着度も低めですが、最近では価格も下がってきていて、より取り入れやすくなってきています。外壁での耐用年数は10年から15年程度で、屋根では8年から10年程度その効力を発揮します。
 
より取り入れやすくなった反面、気を付けないといけないこともあるので注意してください。まず、シリコンが少ししか配合されていないのにも関わらず「シリコン塗料」として販売されているケースがあることです。
少しの配分量ではシリコン本来の性能は発揮できません。そういったリスクを回避するには塗料は信頼できる大手メーカーのものを選ぶようにしてください。施工依頼する業者などに質問してみてください。
 

□外壁塗装のプロがおすすめする塗料

屋根塗装:リペイント匠
外壁塗料にはグレードがあって、それにより耐久性と費用が変わってきます。各塗料にグレードと具体的な耐用年数・単価相場も記載されているので、比較して目安にしてみてください。予算などをあらかじめ決めておくと、より塗料選びがしやすくなるので是非参考にしてみてください。

*RSゴールドF

関西ペイントが生産しているRSゴールドFです。耐用年数も高く、汚れにくさにも定評のある塗料です。この塗料はメーカーの認定を受けないと扱えない高品質塗料なので、もし依頼する施工業者がこの塗料を使用していた場合は優良な塗装会社と言えるでしょう。これを使って塗装するということは、その会社がその塗装業界でメーカーから信頼されて実績があるということです。
 
性能としては約15年程度の耐候性を有していて、弾力のある塗膜でひび割れが起きにくいのが魅力です。低汚染性機能もあるため、雨が降ると雨水が一緒に汚れと共に流れていくので、外壁を綺麗な状態に保てるでしょう。シンナーも使っておらず、水性塗料なので工事中のにおいも少なく、健康被害もありません。

*アレスダイナミックTOP

こちらも関西ペイントから出ているアレスダイナミックTOPと呼ばれる塗料です。先ほどのRSゴールドFはフッ素を用いていますが、このアレスダイナミックTOPはシリコンです。そのフッ素にも匹敵するほどの約15年の高い耐候性を有していて、耐候性に関してはRSゴールドFと遜色ないでしょう。
 
ラジカル制御という外壁劣化の原因物質を抑制する機能を有していて、紫外線による外壁の劣化を抑える効果があります。他のシリコン塗料よりも耐用年数が3年から5年程度長くなっているので、コストパフォーマンスも高いところが魅力です。塗料は高額過ぎず、でもしっかりと外壁は長持ちさせたいとお考えの方にオススメかもしれません。

*セラスターウォール

ジャパンカーボラインから出ているセラスターウォールです。無機塗料なので、耐候性は約20年から25年ととても長くなっています。中部国際空港や東京国際フォーラムの塗装にも使用されていて、数ある無機塗料の中でも信頼性が高くてオススメです。しかし、価格は少し高くなるので注意しましょう。
価格よりも耐久性を重視する方にはオススメです。

□自宅に合った塗料を選ぶポイントについて

外壁塗装フッ素
家の状況、外壁の状態、外壁の材質、屋根の材質などによって条件は大きく変化するため、絶対に失敗のない塗料というのは存在していません。しかし、専門家や業者にしっかりと相談することでそのようなこともカバーできるので、コミュニケーションは適切にとるようにしましょう。ここでは、自宅に合った塗料を選ぶポイントについて解説します。

まずは長い目で見たときの費用対効果を考えましょう。

先ほども申し上げましたが、アクリル塗料に代わって耐久年数の高いシリコン塗料などが人気になってきています。もちろんアクリル塗料などよりは値段がかかりますが、現在ではシリコンやフッ素塗料を用いて施工を行った方が、耐用年数も高く割安です。
施工方法や塗料の種類などによって大きく値段が変わるのが外壁塗装工事なので、何を優先的にするのかはしっかりと考慮するようにしましょう。
値段なのか、耐用年数なのかなどは優先順位を付け難いですが、そういったことを確認するためにも業者に見積もりを依頼してください。

□まとめ

今回は外壁塗装をお考えの方に向けて、オススメの外壁塗料やその種類について紹介しました。
是非参考にしてみてください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ