津市 外壁塗装 屋根塗装

外壁塗装はいつ行うべき?外壁塗装の時期について解説します!

鈴鹿市 外壁塗装 リペイント匠

 

「外壁塗装の塗り替えを検討している」

「どの時期に外壁塗装を行うのが良いのかな」

 

このようにお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。

今回は、外壁塗装の時期について解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

外壁塗装の塗り替え時期について解説します!

外壁塗装の塗り替え時期を考えるときは、塗料の耐用年数を考えると良いでしょう。

主に外壁塗装に使用される塗料には、以下のものがあります。

・アクリル塗料
・ウレタン塗料
・シリコン塗料
・フッ素塗料

一般住宅では、ウレタン塗料かシリコン塗料が使われることが多いです。

それぞれの塗料の耐用年数は、5年から10年、8年から15年となっています。

そのため、前回の塗装から10年経過している場合、塗り替えを検討すると良いでしょう。

フッ素塗料はより耐用年数が長く、12年から20年が目安です。

 

塗装の塗り替えタイミングを逃してしまうと、外壁の破損や、雨漏りにつながってしまい、住宅が腐食してしまう可能性があります。

家自体が腐食してしまうと、外壁塗装よりも大幅にリフォーム費用がかかってしまいます。

そのため、塗膜の性能が失われる前に外壁塗装を行いましょう。

 

耐用年数だけでなく、外壁に現れる症状も塗装時期を検討する目安になります。

同じ塗料を使用していても、太陽光が強く照り付けていたり、湿度の高い場所に家が建っていたりと、環境によって劣化の進み具合が異なります。

 

例えば、外壁が色あせていたり、コケが生えていたりする場合は、塗膜の性能が落ちてきている証拠です。

また、「チョーキング」と呼ばれる、外壁から白い粉のようなものが発生してきている場合は、早急に塗装しなおす必要があります。
外壁の劣化症状を放置してしまうと、さらに劣化スピードが速まってしまうので、定期的に確認しておくことが大切です。

外壁塗装に最適な時期とは?

施工する季節によって、外壁塗装は3つの影響を受けます。

1つ目は天候、2つ目は気温、最後に混み具合です。天候によってはスケジュールがすれてしまう可能性があり、気温が高ければ作業がしにくく、混み具合によって着工までの速さが変化します。

春は、上記の3つすべての条件を満たしています。

しかし、人気が集中する季節なので、予約がとりづらい可能性もあります。

工事を始めたい日の3カ月以上前には、業者とコンタクトを取る必要があります。

 

夏は春や秋と比べると、外壁塗装にはあまり向いていません。

梅雨や台風など、天候による工期の遅れが発生してしまう点や、高温による作業員の作業効率低下、塗料の乾燥が遅れてしまう点などがあるからです。

あらかじめスケジュールに余裕をもっておくと良いでしょう。

 

秋は、春と同様に外壁塗装に向いている季節です。

秋雨の季節以外は天候も安定していますし、作業にも塗料の乾燥にもちょうどよい季節です。

しかし、春と同様に予約が殺到する季節なので、工事開始日の3カ月前には塗装業者に声をかけるようにしましょう。

 

冬は、夏と同様に外壁塗装に向いていない季節です。

雪や霜の影響で作業が中断されてしまう点や、日の出ている時間が短いため作業時間が短縮されてしまう点が原因です。

また、気温が5度以下の環境では塗料が乾きにくいので、工期が伸びてしまうこともあります。

 

しかし、依頼が少ないので、急な工事が必要となった場合でも予約が取りやすい点はメリットと言えるでしょう。

地域によっては、はじめから冬の間の予約を受け付けていない場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

季節ごとの外壁塗装のメリットとデメリットをご紹介します!

津市 外壁塗装 リペイント匠

*春の外壁塗装

春は気候が安定しているので、天候に左右されず、工期が伸びにくい点がメリットです。
気温もちょうどよく、作業のしやすさと塗料の乾燥しやすさの両方を兼ね備えています。

 

風で砂埃や黄砂が舞い上がった際に、塗装面にごみとして付着してしまう点はデメリットと言えるでしょう。また、春は天候が安定するといっても、長雨が降る可能性があります。

長雨が続くと工事が中止され、工期が伸びてしまう点には気をつけましょう。

それぞれの地域の特徴に左右されるので、チェックしておきましょう。

 

外壁塗装に人気の季節なため、予約が殺到する季節でもあります。

ギリギリになって申し込むと、着工が予約待ちになってしまう可能性があります。

余裕をもって、早めに申し込むようにしましょう。

*梅雨の時期の外壁塗装

雨が降っている日は塗料が流れ落ちてしまうので、基本的に工事がストップしてしまいます。

そのため、梅雨の時期はあまり外壁塗装に向いていません。
予定している工期よりも伸びてしまうことが多々あるので、気をつけましょう。

*夏の外壁塗装

梅雨が過ぎた後の夏は、気温が高く塗料が乾燥しやすいので、作業が順調に進む点はメリットと言えるでしょう。

 

しかし、塗装中は窓を養生して閉め切らなければなりません。

エアコンの室外機なども養生する場合があるので、室内がかなり蒸し暑くなることがあります。

また、お盆の時期は業者事態が休みとなることがあるので、工事がストップしてしまうことがあります。

*秋の外壁塗装

秋は春と同じく湿度が低く気温もちょうどよいので、塗料が乾燥しやすく作業効率も高いです。

天候も比較的安定しているので、スケジュール通りに工事が進行しやすいです。

 

しかし、9月から10月にかけては台風が襲来することがあります。

これが原因で工事がストップしてしまうと、工期が伸びてしまいます。

また、秋の初めから冬の始まりにかけては秋雨が多くなり、天候が崩れやすくなります。

お住いの地域の天候状況をよく確認しておきましょう。

 

春と同じく、秋は外壁塗装に人気の季節なので、予約が殺到しています。
塗装業者が繁忙期に入ってしまうので、希望通りの予定で工事を進められないことがある点には注意しましょう。

*冬の外壁塗装

冬は日照時間が短くなり、作業できる時間が短くなってしまいます。

それに加えて寒冷地域では気温が5度を下回ることも少なくなく、工事が行えない環境が多いです。

結露や霜などで工期が伸びてしまうこともある点には注意しましょう。

 

しかし、予約数が少ない季節でもあるので、急に外壁塗装が必要となった場合でも予約がとりやすいです。

業者によってはキャンペーンを開催していることもあるので、チェックしてみましょう。

また、工事期間中に窓を閉め切っても過ごしやすい点は、他の季節と比較した場合のメリットと言えるでしょう。

外壁塗装を長持ちさせる方法とは?

*定期的にメンテナンスを行う

定期的に外壁のメンテナンスを行うことで、塗膜の劣化を遅らせることができます。
例えば、定期的に外壁の掃除を行ってコケやカビなどを取り除いたり、必要な部分に補修を行ったりすることで、外壁の性能を維持するだけでなく、外観の美しさも保てます。

外壁塗装を何度も行うと、その分だけ工事費用がかさんでしまいます。
日ごろからメンテナンスや点検を定期的に行うことで、外壁の耐久性を維持しましょう。

*住宅に適した塗料を使用する

住宅に使われている外壁材や、住宅が建っている地域や環境に適した塗料を使用しましょう。
メーカーが推奨している下地に塗装することで、塗り替え時期を遅らせられます。
塗料に適していない下地に塗装を行うと、塗料本来の性能を十分に発揮できなかったり、耐久性が低下したりすることがあります。

例えば、住宅が汚れやすい環境にある場合は、防汚性の高い塗料を選択するとよいでしょう。
紫外線が良く当たる場合には色あせしやすいので、「ラジカル制御」タイプの塗料を選ぶと良いでしょう。
住宅の環境や状況に適した塗料を選択することで、外壁の劣化速度を抑えられます。

必要なタイミングで外壁塗装をしないと起こる問題とは?

鈴鹿市 外壁塗装 リペイント匠

*外観が悪くなる

外壁の劣化が起こっているのに放置してしまうと、住宅の外観が損なわれてしまいます。
せっかくのマイホームなので、できるだけ美しい状態を保ちたいという方は多くいらっしゃるでしょう。

また、中には外壁が汚れていてもあまり気にしない方もいらっしゃるでしょう。
生活においてはあまり大きな影響はありません。
しかし、外壁が汚れていると悪質な塗装の訪問営業に狙われる可能性もあります。
不必要なトラブルを避けるという意味でも、外観の美しさを保っておきましょう。

*外壁自体が劣化する

外壁の素材には、防水性がないものが多いです。
そのため、外壁塗装で塗膜を形成することで、防水性を高めたり、外壁を保護したりできます。
しかし、適切なタイミングで外壁塗装を行わなければ、外壁の破損や耐久性の低下につながってしまいます。

また、外壁が劣化すると、住宅本体にもダメージが与えられます。
住宅の寿命を維持するためにも、外壁塗装の塗り替え時期を逃さないことが大切です。

*雨漏りが起きる

外壁の防水性が低下すると、雨漏りが発生します。
塗膜が劣化したままの状態では、雨水の侵入を防げないからです。
外壁塗装のタイミングを逃したばかりに、雨漏りの修繕工事が必要となり、より高額な費用がかかってしまうケースもあります。

一般的な外壁塗装の工事は60万円から100万円ですが、雨漏り工事は170万円から250万円かかります。
費用がかかるだけでなく、雨漏りで住宅の寿命が短くなってしまうので、外壁塗装は適切なタイミングで行う必要があるのです。

外壁塗装の時期を決める際のポイントとは?

外壁塗装 リペイント匠 三重県

外壁塗装の時期を決める際は、家族の都合や意見も考慮して決めましょう。

工事期間中は、住宅の周囲に足場を設置し、ほぼ毎日作業員が出入りします。

窓を養生して閉め切らなければなりません。

 

一般的な外壁塗装の工期は10日から14日程度なので、その間は家族全員に影響が出ます。

早い段階で、家族全員にとって最適な時期について話し合い、検討しておきましょう。

 

外壁塗装を行う際は、同時に屋根塗装も検討してみると良いでしょう。

屋根も外壁と同じように、約10年が塗装の目安とされています。

2つの塗装工事を同じタイミングにまとめることで、足場の設置が1度で済むため、費用を節約できます。

 

足場を1度設置するのには、約16万円型から20万円かかります。

屋根も外壁同様定期的なメンテナンスが必要なので、検討してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、外壁塗装の時期について解説しました。
外壁塗装を行う時期について理解を深めていただけましたか。
本記事を参考にしていただければ幸いです。
名張市、亀山市周辺で外壁塗装を検討している方は、ぜひ当社にお任せください。
当社の専門家が全力で皆様をサポートいたします。

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ