塗装出来ない屋根

屋根カバー工法について

屋根カバー工法とは、今ある屋根の上から新たに屋根を被せる屋根リフォームの事をいいます。

カラーベスト屋根と呼ばれる基本的に屋根塗装を繰り返し行う屋根に、今最も適している屋根リフォームの1つでもあります。

塗装できない屋根とは?

※動画で詳しくまとめました。

私たちは塗装専門店ですので、基本的に屋根塗装を求められているお客様のご依頼が多い訳ですが、その中で屋根塗装では補う事のできないカラーベスト屋根をたくさん見てきました。屋根塗装で補う事のできない理由としましては、簡単に説明させて頂きますと屋根塗装で10年持たせる事が出来るかどうかです。

ではどういった基準で屋根塗装をしても10年長持ちできないのか?

1.カラーベスト屋根自体の経年劣化です。
2.カラーベスト屋根自体の製品の問題です。
3.カラーベスト屋根の塗装後の状態です。

1、カラーベスト屋根の寿命は約30年といわれています。

30年を超えると直ぐに破損したりするという訳ではありませんが、年数が10年20年と経つにつれカラーベスト屋根の上下重なり部の隙間が大きく開いてきたり、屋根の交わるカ所に取り付けられた金属製の棟板金といった物を取り付ける下地である木が腐食してくる等、様々なリスクが生じてきます。

これらの現状を見ることなく屋根塗装を行っても、屋根の上下重なり部の開きは直す事ができませんし、棟板金の木下地が直るわけでもありません。近年訪れる大型台風が来た場合、屋根の開きから雨水が侵入し雨漏りを起こす可能性や、腐食した棟板金の木下地が棟板金ごと飛ばされる可能性だってあります。

2、カラーベスト屋根の製品といった問題です。

この製品の問題につきましては10年目で不具合が生じてきます。昔のカラーベスト屋根にはアスベストが含まれていましたが、皆様もご存じのようにアスベストは人体に悪影響を及ぼします。

アスベスト入りのカラーベスト屋根は割れた場合にアスベストが飛散しますので、現状は問題はありません。ですがカラーベスト屋根にアスベストを使用するのは良くないといった事から、アスベスト抜きで作った最初の方のカラーベスト屋根は製品自体にひび割れが発生するなどの問題が多くでています。

 

 

最も有名なものでパミールとよばれる上記のようなカラーベスト屋根は年月が経つと層間剝離(そうかんはくり)といって屋根の断層が表面にでてきます。ミルフィーユ状になってしまい屋根がボロボロになってしまうのです、他には一見、屋根自体は普通に見えても細かなクラックが発生してきたり、屋根の上を歩いた場合に簡単にヒビ割れしてしまう等の問題があるカラーベスト屋根があります。

この様な状態では屋根の塗装を行う事は本来不可能ですが、こうした知識を知らなかったり、知っていてもお客様に屋根塗装を提案して実際に塗装を行ってしまう業者も中にはいます。

3、カラーベスト屋根を塗装する場合、本来コーキングは必要としません。

ですがヒビ割れ部にコーキングをベタベタに塗ったりすることで、カラーベスト屋根に流れ落ちる雨が正しく排出されず屋根下地を痛めてしまったり、棟板金とカラーベスト屋根に隙間にコーキングを充填することで棟板金が取り付けられる木下地の腐食を増進させるなど屋根塗装を行ったのに逆に屋根を痛めてしまうといったケースです。

その様な状態ですと、現実的な所、屋根を塗りなおしても元通りにすることは不可能です。

こうした3つの原因の内、1つでも当てはまるカラーベスト屋根というのは年々増えてきているように私自身感じています。そうした事から、今では屋根塗装を検討される方はご自身でも屋根カバー工法について調べられていることが多く「屋根カバー工法も匠さんはされていますか?」と尋ねられるケースも増えてきております。

Show