汚れの目立たない外壁塗装の色合い。

外壁の塗り替えをお考えの方必見!汚れの目立たない外壁塗装の色合い。

汚れにくい色について詳しく住宅の外壁塗装や屋根塗装、倉庫の外壁塗り替えなどをお考えの方に三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社がお話をしたいと思います。

「どうせお家の外壁を塗り替えるなら長く綺麗に保ちたい!」

そう思われる方が多いのではないでしょうか?

お家の顔の様な存在の外壁ですから、外壁塗装をしたら綺麗な状態を長くキープしたいのは当たり前ですよね。

そこで今回は、外壁塗装で汚れが目立たない色や方法についてポイントをまとめてみました。

汚れが目立たない色

外壁の汚れの主な原因は、排気ガス、水垢汚れ、カビ、コケと言われています。
よほどひどくない限りは汚れというのは中間色が多いです。

その様々な汚れに対し、目立たないようにできる一番のオススメはグレーです。サイディングや床材などにも多く使われている色ですが、その理由もやはり汚れが目立ちにくく長く美観を保つという理由があります。

グレー一択しかないのか?というとそうでもありません。その他のベージュやクリーム系の「中間色」がオススメです。

逆に、汚れが目立ちやすい色は、白、黒、原色といった、コントラストがはっきりしている色です。

車で汚れやすい色は何色ですか?

と聞かれたら分かりやすいと思います。原色系も紫外線による色あせが早い色になるので多くの面積を塗装する外壁には不向きだと言えます。このように黒、白、原色は、確実に汚れが目立つ色合いです。

このようにグレーなど淡い色合いで仕上げる事により汚れが目立ちにくい理想の外壁に仕上がる事と思います。

塗料にもこだわる

汚れにくい色を選ぶことも大切ですが、その前に塗料を選ぶことと思いますので、長く汚れの目立たない外壁を目指す方は、塗料にもこだわりましょう。

今はセルフクリーニングと呼ばれる雨水で汚れを洗い流す塗料や、最近は歯医者さんなどでも良く聞くフッ素コートで汚れを付着させない塗料。

高い親水性を発揮する無機塗料。

さらにその上位塗料の有機HRC樹脂塗料など色合いだけでなく、塗料選びも大事な一つのポイントです。

□まとめ

今回は、外壁塗装で汚れが目立たない方法や色選びについてご紹介しました。色合い・塗料選びを踏まえたうえで、やはり一番大切なポイントは信頼できる地元の専門業者を選ぶという事です。