強引な訪問販売の対処法

強引な訪問販売の対処法

強引な訪問販売の対処法を住宅の外壁塗装や屋根塗装、倉庫の外壁塗り替えなどをお考えの方に三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社がお話をしたいと思います。

良くお客様から「この辺りを回っている営業マンがしつこくて・・・」などの話を聞きます。

毎回、お断りするのにも労力はかかるものです。居留守を使えばその日は帰りますが毎回そう上手くいくとは限りません。玄関に上げてしまったら最後、長い営業トークを何時間も聞き続けなければいけません。今回はそんな「訪問販売の断わり方」について一部をお話しさせていただきます。

「2020年」悪質な訪問販売の撃退のコツ!これで心配なし

無意識でドアを開けてしまったら

毎回、玄関ドアを開けずに断れれば一番いいのですが、毎日そんにに気を張っていられないと思います。たまたま玄関ドアを開けてしまい営業マンの話を聞いているうちに買わなければいけない流れになっている…。そんな経験があるからこそ困っているのだと思います。

・入口に立つ

思わず玄関ドアを開けてしっまったら入り口に立ちましょう。決して相手を中に入れてはいけません。

・相手の話にのらない

初めは「〇〇様のところは築何年ですか?」など質問をしてきます。それに対して相手の話に乗らない事が大事です。相手の話にのるとそこから会話を広げて話が終わらない状況になりますので、「興味がないです」「いりません」「とりあえず興味ないから帰ってください」この言葉以外は言わないようにしましょう。

・警察を使う

何回も断っているのにしつこい状況などでは「警察よびますよ」と言いましょう。それでもしつこいようであれば本当に連絡しましょう

三重県警察では、各種相談や要望を受け付ける警察安全相談電話を開設しています。三重県警察では、各種相談や要望を受け付ける警察安全相談電話を開設しています。相談は、110番ではなく、「#9110」をご利用ください。十分威嚇になります。

その場で契約しない

相手の話を聞いてて「これいいかも」と思ってもその場は「家族に相談してから決めます」といい帰ってもらいましょう。特に訪問販売から買うときはいつもより慎重になりましょう。

□まとめ

基本的に相手の話をまともに聞かない。「興味ないです」「いらないです」これ以外は言わなくて大丈夫です。本当にいい商品だと思っても、その場で絶対に契約をしない。いつもより2倍も3倍も慎重になる。

三重県津市・鈴鹿市での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3