リペイント匠、外壁塗装

外壁塗装を検討されている方必見!戸建の塗り替え工事の時期について解説します!

リペイント匠、外壁塗装
現在松坂市で外壁塗装をお考えの中の方はいらっしゃらないでしょうか。
戸建ての塗替えを行いたいが、その時期がいまいちよくわからない方がいらっしゃるかもしれません。今回はそのような方に向けて、戸建の外壁を塗り替える時期について解説します。
リペイント匠、塗装職人
外壁の汚れが気になっているが、それを塗り直すタイミングがわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。もしくは汚れているけど今すぐ塗り直す必要はない、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。ここではそういった方たちに向けて、外壁塗装をし直すタイミングについて解説します。
新築で住宅をご購入された方であれば、築10年が外壁塗装をし直す1つの目安です。そもそも、日本の住宅平均寿命は約30年で、アメリカのものと比較すると約3分の1の短さと言われています。
なぜここまで違うのかご存知でしょうか。
これは日本の高温多湿の気候が原因していて、住宅の基礎を支える木材などが早く劣化してしまうからと言われています。
近年の日本の住宅は約80パーセントが窯業系サイディングボードと呼ばれる外壁素材を使用しています。そのボード自体には元々の防水機能はなくて、出荷前などに工場で防水加工を施してから現場で使用されます。
しかし、その防水機能も5年から7年程度でなくなるので10年を目安にして外壁を塗装し直してください。その他の外壁材もおおよそ10年程度を目安に外壁塗装を行うようにしましょう。
塗装するメリットとしては大きく2つあります。

まずは建物の美観を保てることです。

紫外線や風雨によって外壁は絶えず外気に晒され、経年劣化します。もちろん綺麗に塗り直すことで新築時の外観を取り戻すことができますし、さらにデザインを変えて塗り直すことも可能なので、新しいデザインを考えている方は試してみましょう。

次のメリットは外壁を保護するためです。

劣化した外壁は防水性がなくなるため、水分を壁の中に吸収してしまう可能性があります。そのまま放置してしまうと、壁内部に水分が溜まって柱などの重要な基礎部分を侵食してしまう可能性があるので注意してください。雨漏りや劣化などで住宅そのものの寿命を縮めてしまう危険性もあるので、定期的な外壁塗装でしっかりメンテナンスするようにしましょう。

□外壁塗装のタイミングと適した季節

リペイント匠、屋根塗装、外壁塗装後、ガイナ
外壁塗装にはタイミングと適した季節があります。
そのタイミングと季節の選択を誤ってしまうと、外壁塗装だけで良かった問題に終始せず、カビやひび割れを起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。
まず塗り替えのタイミングになってくると、さまざまな現象や症状が外壁に確認されるようになります。

チョーキング現象

外壁を触った時に壁の塗料の粉が指などについてしまうものです。紫外線や雨などの経年劣化によって塗装が劣化してしまい、塗装成分が粉になってしまう状態のことを言い、この状態を放置してしまうと更なるひび割れや劣化を引き起こす可能性があるので注意しましょう。
塗料が完全に劣化してしまいひび割れたような状態を放置していると、そこからさらに雨水が流入して外壁そのもののひび割れを引き起こしてしまいます。
幅が0.3ミリメートル以上の場合は構造クラックと呼ばれて、直さないと更なる深刻な問題を住宅に引き起こす可能性があるので注意しましょう。
何を軸に外壁塗装を行うかにもよりますが、外壁塗装を行う季節には適した時期があります。
それは春と秋です。
塗料を塗ったらすぐに乾燥してくれるような季節を選ぶと良いでしょう。もちろん梅雨時期などに依頼すると、繁盛期ではないので値段やコストは割安になりますが、雨などが降ってしまうと施工効率が下がってしまうので注意してください。

□工事のチェックポイントについて

外壁塗装:リペイント匠
季節やタイミングを理解して依頼した外壁塗装工事で、業者には丁寧にしてほしいところですが、施工が終わってみるとたくさんのミスが見つかってしまうなんてことは良くあることです。
全てを完璧にチェックしてミスをなくすことは事実上不可能です。
ここではそういった事情も考慮したうえで、外壁塗装の際にチェックしてほしいポイントをまとめて解説するので参考にしてみてください。
・まずは下地をしっかりと高圧洗浄機などで洗浄して、そしてヒビなどは完全に補修したかどうか確認してください。
・そして塗らない部分をマスキングテープや養生でカバーしているかどうかも確認してください。
・塗料の希釈割合や塗料を塗る回数などもしっかりと確認するようにしましょう。
現場で作業員に質問すると良い業者なら必ず答えてくれるはずです。塗り重ねの時期を守っているかどうかや、塗料の使用量が適切かどうかもしっかりと確認するようにしましょう。こういったことを業者側だけでなくて、こちらからも把握しておくことで手抜き工事防止策になります。

□まとめ

今回は外壁塗装工事をお考えの方に向けて、その時期とタイミングなどについて解説しました。
是非参考にしてみてくだい。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ