津市で外壁塗装を考えている方へ!業者への差し入れは必要なの?

「外壁塗装をする際に業者に差し入れをする必要はあるのか。」
「差し入れでは何を持っていけば良いのか。」
津市に在住の方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
差し入れをすべきかどうかという問題は誰しも悩みますよね。
今回は外壁塗装をする際の業者への差し入れについて説明します。

□差し入れは必要なのか

差し入れは何となく義務かと思いがちですが、実際はどちらでも構いません。
実際、塗装を行ってもらうための工事費用は支払うため、職人さんたちも気にしていないという現状です。
通常の塗装は2週間ほどですから、無理に持っていかなくとも良いでしょう。
ただし塗装が一ヶ月以上にも渡る時は、コミュニケーションをとる機会も増えるという意味ではいいかも知れません。

とはいえ、毎日差し入れをするのも金銭的負担が大きくなるため、時々持っていくくらいがおすすめです。

□差し入れをするときに押さえておきたいポイント

差し入れをするときに、職人さんたちにどんな物を持っていくと良いか気配りできると良いです。
以下でどのような物が喜ばれるのか説明します。

*小分けされたもの

職人さんたちは複数人きているため、袋に小分けされた物が良いでしょう。
夏場は汗で塩分が排出されていくので、塩分のある煎餅やおにぎりなどがおすすめです。
他には、クッキーやチョコレートが定番です。

*日持ちするもの

差し入れをしても、職人さんたちがその日のうちに食べられないという場合もあるでしょう。
その時、日持ちする食べ物であれば持ち帰ってもらえます。
飴やガムなどは長持ちするので食べやすいですね。

*季節に適したもの

夏と冬でそれぞれ適した差し入れをすると、気配りをしてもらえたと職人さんたちも喜んで作業に熱が入ります。
夏場は水分と塩分が排出されるので、スポーツ飲料や水、お茶などを多めに用意するのがおすすめです。
常温だとすぐにぬるくなってしまうため、クーラーボックスに入れると良いでしょう。

一方、冬場は寒くなるため温かい飲み物がおすすめです。
自販機で売っているような温かいドリンクも良いですが、ぬるくなるのが早いです。
できればポットなどの冷めない容器に、コーヒーやお茶などを入れて持っていきましょう。

□まとめ

今回は外壁塗装を行う際の業者への差し入れについて説明しました。
差し入れは義務ではありません。弊社では基本的に差し入れは気を使って頂かなくて大丈夫です。津市で外壁塗装を検討している方は、是非参考にしてみてください。