津市で外壁塗装を検討している方必見!剥がれが起きたら直ちに補修しよう

自宅の外壁に不具合はないでしょうか。
実際に自分の家の壁に傷やヒビ割れ、さらには原因不明の汚れなどがあり、簡単に修復できないと不安をお抱えの方もいらっしゃるかもしれません。
今回は外壁塗装工事を終えても尚、そのような問題を抱えてる方々に向けて考えられる原因、その対処法について解説していきます。

⑴外壁塗装後にひび割れや膨れが発生する原因

1-2主な原因は施工不良

外装塗装を依頼し、施工した後にヒビ割れや、原因不明の壁の膨れなどが発生することがあります。この原因として主に挙げられるのが、施工不良です。

特に、外装塗装後の2~3年程度でそのような問題が発生した場合、施工不良の可能性が大きく高まります。現在このような問題に直面している方々はいらっしゃいませんか。

通常、下塗り・中塗り・上塗りの段階を得て塗装を行います。もちろんその工程で、一度塗装すると完全に乾燥させる必要があるのですが、施工業者の中には乾燥の工程を飛ばして行うような手抜きをする業者もいます。

これにより、不完全な乾燥状態の外壁にさらに塗り重ねることにより、塗膜同士が上手くくっつかず、ヒビ割れを生じさせる可能性があるのです。

また、外壁材に不適切な下地剤、塗料を用いてしまうと、外壁材の熱量で塗膜が膨れ上がる可能性もあるため、外壁塗装を業者に依頼する際は、そのような知識を持ち合わせている業者にお願いするといいでしょう。

もし、上記のような問題が2~3年程度で発生した場合は、まずは施工した業者に直接相談してみてください。

⑵施工不良と疑いを持った時に知っておくといいこと

2-1進行速度は遅くない

「これくらいなら、気にしなくてもいいか」

この考え、実は危険です。

もちろん、このような考えを持たずに早急に相談されるお客様もいらっしゃいます。しかし、ちょっと見た目が悪くなるだけなら別に問題ないと考え、放置されていないでしょうか。剥がれやヒビ割れは、一か所にとどまらず範囲が広がり、さらには別の個所で発生する可能性もあります。

ヒビ割れを放置していると、その損傷箇所から雨水が入り込みやすくなり、家を支える柱や支柱にまでも浸透し、住宅によっては非常に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。このような負のスパイラルを起こさないためにも、施工不良を確認した際は、別の個所でも発生していないかなどを疑わなくてはなりません。

2-2保証の有無

 

外装塗装業者には、保証対象外で作業を行うところもあり、注意が必要です。外装塗装後、施工不良を発見し問い合わせたが、「うちでは保証が効かない」などと言われてしまうケースも少なくありません。

基本的には、外装塗装における保証は、通常、業者が独自発行する「自社保証」を意味します。そのような保証内容において、法律による最低限度の規定事項などの決まりはなく、裁量は全て業者に委ねられています。

施工不良が発生した場合対処するなどといった曖昧な記載にとどめる保証内容から、施工後、例えば3年間、保証対応します、といった内容で保証を行う業者など様々です。

それにより、中には保証対象外になってしまい、不安を抱える方々は少なくありません。つまり、契約後ではなく、契約前に保証の有無を確認しておくことが必要です。

保証の効力期間は業者によって様々で、それほど長くない業者もいれば、10年保証してくれる業者もいるので、こういったことも踏まえておくと良いでしょう。
業者による保証が効かないとなった場合は、メーカー保証を受けられるかもしれません。外壁に使用する塗料によっては、メーカーが直接保証してくれるところもあります。

そして、業者の中には、自社保証とメーカー保証を合わせて付与してくれるところもあります。ただ、メーカー保証は、値段が高い一部の塗料にしか付いていないことが多く、基本的には、自社保証がメインになる為、「メーカー保証を受けられケースは少ない」と認識しておくのがいいかもしれません。

2-3施工不良の発生はほとんどが2~3年で起きる

塗装不良、施工不良の外壁塗装の不具合は、通常すぐには起きず、2~3年経過して、突然発生するケースが多いです。理由としては、塗装直後は、施工不十分な塗膜でも、塗料そのものの効力で何とか2~3年剥がれずに持ちこたえる為です。

それだけ猶予があるなら慌てることはない、という考えをお持ちの方もいらっしゃいますが、外壁塗装は一度行うと10年~15年効果が持続するのが普通です。

場合によっては数百万円と予算をかけて行う外壁塗装、施工不良についてある程度理解しておくといいのではないでしょうか。もし、問題が発覚した際は、施工依頼した業者だけでなく、別の外装業者、設計事務所の建築士、第三者の視点、見識を入れることも「素人には施工不良かどうかわからない」といった問題を解決するうえでも不可欠です。

2-4消費者センターに頼るべし

もし施工業者が取り合ってくれない場合、保証、修復再依頼を断られた場合は、消費者相談センター、紛争処理支援センターの無料相談を利用してみましょう。

一度、施工不良を起こった業者はまた同じことを繰り返すかもしれません。例えば、返金依頼をして、別の業者に頼むという方法もあります。ただ、スムーズに返金してくれるとは限らないので、そういった場合は、上記の相談センターを利用してみてください。

□まとめ

今回は、外装塗装で施工不良を見つけた場合、どのように原因を究明し、対処すればいいかについて解説しました。もちろん、上記のような施工不良を見つけた、あるいは施工不良かもしれないといった相談は当社でも受け付けております。ぜひご相談ください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ