津市で外壁塗装を検討している方必見!火災保険は適用できる条件とは?

外壁の工事に火災保険が適用されるのをご存じですか。

一見無関係に思える外壁塗装と火災保険ですが、保険金の適用対象となる可能性があります。一方でその条件にも注意が必要です。今回は津市で外壁塗装をご検討中の方に向けて、外壁塗装に火災保険を利用できる条件と、火災保険を利用する際のポイントを解説します。

⑴外壁塗装に火災保険は適用される?

火災保険と言えば火災やガス爆発に伴う住居の破損など補修するための費用負担を想像される方が多いかもしれません。しかし、自然災害に伴う損害に対しても適用される場合があるのをご存じでしょうか。

外壁塗装に関して言えば、地震や台風などの自然災害が原因で生じた外壁の損害を保険で直せる可能性があるということです。ここでは住宅火災保険と住宅総合保険の2種類の保険について、それぞれの適応条件を解説します。

まずは住宅火災保険についてです。

住宅火災保険は戸建て向けの火災保険としては基本的なタイプなのでご存じの方も多いかもしれません。火災による損害のみならず落雷や風、降雪によるダメージも補償してくれます。

しかし、このタイプの保険は水災や水濡れによる損害は補償されないので注意が必要です。例えば、台風の暴風による飛来物や、落雷での損害は補填される一方で豪雨や洪水によって生じた損害に対しては保険を利用できないので気をつけましょう。

次は住宅総合保険です。

こちらの保険は上記の住宅火災保険に比べて総合的な補償を受けられるのが特徴です。具体的には、先程の住宅火災保険では適用外だった水害や水漏れによる損害にも対応しています。

その上自動車事故や暴動のような他人の過失による損害にも適用されるかもしれません。より広範囲な補償を期待できるのがこの保険の特徴ですが、利用を考える方は保険の内容や対象範囲を今一度確認してみるようにしましょう。

これら2つの保険は幅広い範囲の損害を補償してくれるものの、経年劣化や老朽化に伴って生じた傷や変色は適用外となるので注意しましょう。例えばモルタル癖に発生したカビ、ヒビ、黒ずみやサイディングの色あせ、割れといった劣化には適応されません。

また、リフォームや新築の際に工事を担当した施工業者の整備が不良であったことに起因する外壁のトラブルも同様に適用範囲外となります。

例えば雨漏りや外壁材の不具合は豪雨や突風のタイミングで発見されたとしても、整備不良が原因と判断されれば保険金を補修に利用できないので気をつけましょう。

自分の外壁に生じた劣化が自然災害によるものか経年劣化か分からないという方は、一度保険会社に相談してみると良いかもしれません。

⑵火災保険を利用する際のポイントは?

それでは、外壁の補修に火災保険を使う際にはどんなことがポイントなのでしょうか。

火災保険は便利な制度ですが、それにつけ込もうとする悪徳業者が存在します。そういった悪徳業者は無駄な工事を追加したり虚偽の報告を強要したり、さらには保険金を持ち逃げしようとするため注意が必要です。

1つ目のポイントは、保険の契約書や証券をよく確認することです。

特に自然災害が原因で外壁に毀損が生じた場合、すぐに保険会社へ問い合わせて確認をとるのは難しい場合もあるでしょう。そのような事態に備えて火災保険の契約書や保険証券は、忘れにくくいつでも確認できる場所に保険しておくようにしましょう。

また、災害発生時に迅速な対応をできるように、定期的に保険の補償範囲や補償条件、それぞれの損害に対する補償金額を確認し、ある程度頭に入れておくのが良いかもしれません。

2つ目のポイントは、長い間地域で営業している塗装業者に工事を依頼することです。

地元に密着した業者を選ぶことにはいくつものメリットがあります。例えば、そうした業者はその地域に起こりやすい災害や気候を熟知しており、それぞれに適した工事の方法を選択してくれるでしょう。

外壁塗装は継続したメンテナンスが必要な場合もありますが、地域密着の業者はいつでもメンテナンスを依頼でき、さらにはそのタイミングを相談して決めやすいのも大きなメリットの1つです。

加えて、火災保険が適用される工事に関する知識や経験が豊富なことが多く、気軽に相談できることもメリットです。

知識や経験が豊富であれば、経年劣化でなく自然災害に起因する毀損を適切に発見してくれたり、火災保険会社からの信頼度が高く保険金の申請が通りやすくなったりといったメリットも考えられるでしょう。

地域で長年営業している業者は地元の人々からの信頼が高い場合が多く、悪徳な工事や見積もりによる被害を受ける可能性は低いと考えられるでしょう。

⑶まとめ

今回は外壁塗装に火災保険を利用できる条件と、火災保険を利用する際のポイントを解説しました。保険の種類に応じて自然災害や他人の過失による損害も保険適用範囲内となることをご理解いただけたでしょうか。当社は津市で外壁塗装に関するお問い合わせを随時受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事を書いたのは

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ