外壁塗装のDIY:リペイント匠

DIYで外壁塗装はできる?塗装の専門会社が解説

外壁塗装のDIY:リペイント匠
DIYで外壁塗装を行おうと考えている方はいらっしゃいませんか。
最近は自分で家具を作る方も増えたため、外壁塗装も行いたいと思われる方は多いかもしれません。しかし、外壁塗装をDIYで行うのはあまりおすすめできません。
今回の記事では、外壁塗装のDIYをおすすめしない理由や注意点を解説します。
屋根塗装:リペイント匠
外壁塗装のDIYをおすすめしない理由は4つあります。DIYで工事を行おうとお考えの方も、これから紹介するポイントを考えて、本当にDIYで良いのか検討しましょう。
 

1つ目は、けがをするリスクがあることです。

一般的な塗装工事では、高い部分の外壁を塗る際に足場を利用します。個人で足場を借りると、1カ月で20万円程度もかかるため、DIYの場合ははしごや脚立を使用される方が多いです。しかし、足場のようにしっかりと固定するのが難しいため、倒れるとけがをしてしまうかもしれません。
 
日本塗装工業会によると、平成17年の塗装工事の事故者数は全体で777人なのに対して、転落による事故は553人と約7割を占めています。
特に2階建ての家を塗装しようと考えている方は、けがのリスクに十分注意しましょう。
 

2つ目は、工事が長時間がかかることです。

一般的な大きさのおうちだと、業者に依頼した場合は完了までに14〜20日かかります。DIYを個人で行おうとすると、作業日がどの程度とれるかにもよりますが、45〜60日がかかるでしょう。勢いで外壁塗装をはじめてみたものの、なかなか時間がとれずに、工事の途中で業者に依頼したという方も多いです。
 

3つ目は、長持ちしにくいことです。

初心者でも使いやすい、ホームセンターに売っているような外壁塗料は、業者が用いるものよりも耐久性で劣るでしょう。シリコン系やアクリル系といった種類は同じでも、耐用年数は異なってきます。
 
また、プロが塗る場合と比較して、均等な厚さで塗装するのは難しく、塗り残しやムラになる可能性が高いです。そういった場合は、使用する塗料の耐用年数よりも早く塗り直しを行う必要があるでしょう。
 

4つ目は、長い目で見て高くつくことです。

短期的に見れば、DIY用の塗料の値段はやすいため、業者に依頼するよりも安く済ませられるかもしれません。しかし耐用年数も考慮すると、業者が塗装する方が長持ちするため、塗りかえの頻度が少なくなり、安くなることが多いです。
 
ホームセンターの塗料の上から業者が使用する塗料を重ねられない可能性もあるため、一度DIYをしてしまうと工事の工数が増えるでしょう。外壁塗装を行う際には、目の前の工事だけでなく、長い目でみて考えることが大切です。

□外壁塗装をDIYで行う方法を解説!

解説:リペイント匠
安全性に配慮すれば、外壁塗装はDIYでも行えます。DIYで外壁塗装を行う場合の過程を、必要な道具とともに見ていきましょう。
 

まずは、足場の設置を行います。

足場の設置には、仮設足場と飛散防止ネットが必要です。不安定な足場で工事を行うのは、効率も悪いですし怪我のリスクも高まるため、安定した足場を用意しましょう。
 

次に、外壁の洗浄を行います

洗浄には、高圧洗浄機か長いホースとブラシが必要です。外壁にゴミや汚れがついたままだと、塗料の接着率が低くなるため注意しましょう。
 
洗浄が終われば、養生で塗料が飛び散らないようにします。養生には、ビニールやマスキングテープが必要です。特に隣の家や車に塗料がつくと、トラブルに発展する可能性もあるので、細部まで確認しましょう。
 

そしていよいよ、塗装を行います。

塗装は、下塗りと中塗り、上塗りに分けて3回行いましょう。必要なものは、塗料やローラー、刷毛、ローラーバケット、スプレーガンです。
できるだけ塗り残しやムラがないように、均等な厚みで塗装することが大切です。

□外壁塗装をDIYで行う注意点とは?

外壁塗装:リペイント匠
外壁塗装をDIYで行う際の注意点は3つあります。工事を始める前によく確認して、トラブルやけがを防ぎましょう。
 

1つ目は、安全に十分配慮することです。

先ほども述べたように、個人での工事はけがをするリスクが非常に高いため、特に高所での作業を行うときには注意しましょう。
 

2つ目は、洗浄をしっかり行うことです。

汚れを落としておくことで、塗料の接着性が上がり、耐久力が高くなります。できるだけ長持ちさせたい方は、必ず洗浄を行いましょう。
 

3つ目は、養生に時間をかけることです。

注意しとけば大丈夫だろうという考えから、養生には手を抜きがちですが、塗料が飛び散る可能性は高いため、細かい部分までしっかり行いましょう。

□まとめ

外壁塗装のDIYがおすすめできない理由や注意点について解説しました。
個人で行う場合は危険が伴いますし、長持ちしにくく費用が高くなる可能性もあるので注意しましょう。
 
実際に行う際は、養生や洗浄をしっかり行うのが大切です。
津市で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ