リペイント匠:外壁塗装

外壁塗装の流れとは?塗装会社が解説します!

リペイント匠:外壁塗装
津市にお住まいで、外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか。
実際に塗装工事を行う前にチェックしておきたいのが、塗装が完成するまでの流れです。全体の流れを把握しておくと、スムーズに工程を進められるでしょう。
そこで今回の記事では、外壁塗装の流れについて、津市の塗装会社が詳しく解説します。
 
外壁塗装:リペイント匠
ここからは、外壁塗装の工事を行うまでにたどる流れを詳しくご紹介します。
ご自身で外壁塗装を考える際に参考にしてみてください。
 
まずは、外壁塗装の劣化症状を確認します。
一般的には、前回の塗装から10年以上経っていると、塗料の耐久性が落ちているので、簡単にセルフチェックを行いましょう。
 
再塗装が必要な劣化症状としては、触ると白い粉がつくチョーキング現象や、ひび割れ、剥がれが挙げられます。
これらの症状に当てはまる場合は、塗装会社に相談してみましょう。
 
会社はお問い合わせを受けると、現地調査と診断を行います。
この際、ご自身のお家について、さまざまなことをヒアリングされるため、あらかじめ準備しておきましょう。
 
現地調査が終わり、契約内容に納得できれば、塗装会社と契約を行います。
見積もりや工程をチェックして、本当にその会社に依頼しても良いかを判断しましょう。
 

□塗装工事の流れを紹介!

外壁塗装:リペイント匠
ここでは、塗装工事の流れを7つのステップに分けて解説します。
工事を依頼する前に、それぞれのステップをしっかりと確認しましょう。
 

1つ目のステップは、近隣への挨拶です。

塗装工事では、塗料の匂いや騒音で近隣に迷惑がかかるため、必ず挨拶を行いましょう。
最近では、挨拶を代わりに行ってくれる塗装会社もあります。
場合によっては、粗品を持参しても良いでしょう。
 

2つ目のステップは、足場の設置と飛散防止シート張りです。

塗装工事を安全に行うためには、足場の設置はとても大切です。
また、飛散防止シートを張ることにより、塗料や洗浄水が周りに飛び散るのを防いでくれます。
基本的には、このステップは1日で完了できるでしょう。
 

3つ目のステップは、高圧洗浄です。

塗料の耐久性を高めるために、汚れやホコリを高圧洗浄水で洗い落とす必要があります。
汚れが強い場合は、バイオ洗浄という薬剤が用いられることも多いです。
汚れの程度にもよりますが、洗浄には1日、乾燥にはさらに1日から2日がかかるでしょう。
 

4つ目のステップは、下地処理と養生です。

下地処理では、剥がれかけている古い塗装の膜をきれいにしたり、平らにしたりします。劣化がそれほどひどくない場合は、1日で作業が終わるでしょう。
 
しかし、サイディングの外壁であると、コーキング工事という作業を追加で行う必要があるため、2日以上かかるケースがあります。養生では、塗装しない場所にテープや保護シートを貼ります。この作業は、窓ガラスや室外機に塗料がつくのを防ぐのに大切な工程です。
 

5つ目のステップは、塗装作業です。

塗装作業は、下塗りと中塗り、上塗りの3回に分けて行われます。これらの作業にはそれぞれ1日程度かかるため、スムーズに進んでも合計で3日は要するでしょう。
 

6つ目のステップは、点検と見直しです。

塗装会社の立ち会いのもとで、塗装の仕上がりをチェックしましょう。細かい部分までしっかりと見て、塗り残しやムラがないかを確認します。もしも気になる点があった場合は、その場で塗り直しを依頼しましょう。

7つ目のステップは、片付けと足場の撤去です。

基本的にこのステップは1日で終わり、全ての工程が完了します。足場を撤去する際には、部品が外壁に当たって傷がつく可能性があるので注意しましょう。
また、全ての工程が終わったら、近隣の方に工事が完了したことを伝えるのも良いです。
 

□工事中の注意点を解説!

屋根高圧洗浄:リペイント匠
外壁塗装の工事中には、3つのことに気をつける必要があります。事前にそれぞれをしっかりと確認して、失敗を防ぎましょう。
 

1つ目の注意点は、作業現場の様子をチェックすることです。

塗装会社の不正を防ぐために、できるだけ作業現場に足を運びましょう。また、細かい部分まで観察し、不安な点があればすぐに担当者に相談することが大切です。
 

2つ目の注意点は、工程通りに進んでいるかを塗装会社に確認することです。

工程表と照らし合わせて、作業にズレがないかをチェックします。もしも工程表とペースがズレている場合は、すぐに塗装会社に伝えましょう。
 

3つ目の注意点は、塗装のチェックを昼間に行うことです。

外壁の見え方は、外の明るさによっても異なってきます。そのため、外壁や屋根がしっかりと観察できる時間帯に、現場をチェックすると良いでしょう。
万が一のためにも、カメラで写真を残しておくのがおすすめです。
 

□まとめ

今回は、外壁塗装の流れについて解説しました。
どのような流れで工事が進むのかを確認し、スムーズに工程を進めましょう。また、塗装工事における失敗を防ぐために、工事中の注意点を押さえることも大切です。津市で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。【0120-804-902】プライベートは男の子2人の子供がいますので、仕事ばかりでなく子供との時間も大切にするようにしています。【プロフィールはコチラ