外壁塗装 火災保険 リペイント匠

外壁塗装で火災保険を適用できる場合の条件をご紹介します!

外壁塗装 火災保険 リペイント匠

「外壁塗装で火災保険は適用できるのか詳しく知りたい」

「火災保険を適用するにあたって、クリアするべき条件は存在するのか」

津市にお住まいの方で、このような不安を感じられている方も多いでしょう。

そんな方に向けて今回は、火災保険の種類、火災保険が適用される自然災害についてくわしくご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□火災保険の種類について

外壁塗装 リペイント匠

戸建住宅向けの火災保険は、3種類に大別されます。

それは、住宅火災保険、住宅総合保険、従来の住宅総合保険より補償の範囲を拡大したり、実際の損害額が補償されたりする新タイプの保険の3つです。

3つ目の新タイプの保険は、さらに2つに分けられます。

それは、保証範囲が広いオールリスクタイプと特約火災保険です。

ここでは、これらの4つの火災保険についてくわしくご紹介します。

1つ目は、住宅火災保険です。

これは、もっとも一般的な火災保険です。
戸建住宅向け火災保険の基本的なタイプとして、多くの方が加入している保険と言えます。
火災、落雷、破損、爆発、風災、雹(ひょう)、雪災による損害を補償します。

例えば、台風時の飛来物や落雷で外壁が損傷した場合、適用される可能性があります。

ただし、適用される自然災害の条件が決められているため、注意が必要です。
具体的には、水害、水漏れ、暴行、破損、飛来、落下、衝突、持ち出し家財の損害です。
これらについては、住宅火災保険は適用されません。

2つ目は、住宅総合保険です。

これは、住宅火災保険よりも補償範囲が広く、住宅に関する総合的な補償を受けられる保険です。
そのため、オールマイティな保険であると言えるでしょう。

水害での損害も含まれますし、人の過失による水漏れ事故でも補償を受けることが可能です。
自動車が自宅に突っ込んできた際に発生する壁の破損や、暴動などでの破壊、泥棒の侵入による壁の損壊なども適用される可能性があります。

どのような損害を受けた場合でも補償を受けたいという場合には、この保険に加入することをおすすめします。

3つ目は、オールリスクタイプです。

これは、住宅総合よりもさらに補償範囲が広い火災保険です。
保証会社によって補償内容は異なりますが、実際の損害額が補償される場合もあります。

4つ目は、特約火災保険です。

住宅ローンで家を購入した場合に加入義務がある火災保険であり、補償範囲は狭いものとなります。

以上、4つの火災保険についてご紹介しました。

それぞれに加入するメリットとデメリットがあります。
火災保険を検討される際には、どの火災保険が自分や家族のライフスタイルに適しているかを判断した上で、適切なものを選ばれることを強くおすすめします。

□火災保険が適用される自然災害について

屋根カバー工法 津市 デクラ

ここでは、火災保険が適用される自然災害についてご紹介します。

1つ目は、台風や竜巻です。

これらの災害によって、次のような被害を被る可能性が考えられます。

・外壁材や屋根瓦が風で飛ばされる

・風で飛んで来た物が外壁に直撃した

・台風直後に屋根瓦がずれていた

上記のような被害に対しては、火災保険が適用されます。

2つ目は、雨、洪水、土砂崩れです。

これらの災害によって、次のような被害を被る可能性が考えられます。

・豪雨の影響で雨漏りが発生した

・建物が浸水し、外壁が腐食する

・大雨により雨樋が破損した

上記のような被害に対しても、火災保険が適用されます。

特に雨や洪水による住宅の被害はどのような住宅にも起こり得る可能性があります。そのため、火災保険に加入しておく方が良いと言えるでしょう。

3つ目は、落雷です。

この災害によって、次のような被害を被る可能性が考えられます。

・落雷によって屋根に穴が開いた

・落雷した場所から火災が発生した

上記のような被害に対しても、火災保険が適用されます。
雷による被害を受ける可能性は低いように感じられますが、保険に加入しておくことに越したことはありません。

3つ目は、雪災、ひょうです。

これらの災害によって、次のような被害を被る可能性が考えられます。

・雪の重みで屋根、雨樋が歪んだ

・落下した雪が外壁に直撃し破損した

・ひょうが降り屋根や壁に穴があく

上記のような被害に対しても、火災保険が適用されます。雪が降る地域にお住まいの方も、火災保険に加入するのが良いと言えるでしょう。

4つ目は、地震です。

この災害によって、次のような被害を被る可能性が考えられます。

・地震により外壁にヒビが入った

・地震により屋根瓦が落ちた

・地震の影響による津波の被害を受けた

上記のような被害に対しても、火災保険が適用されます。

日本は、世界有数の地震大国です。地震の被害を受ける可能性は非常に高いため、事前に火災保険に加入しておくと良いでしょう。

□外壁の塗装修理を行う際に火災保険が適用できる場合の条件について

津市 外壁塗装 リペイント匠

外壁の塗装修理を行う際に火災保険が適用できる場合の条件は、大きく3つあります。

1つ目は、原因発生から3年以内であることです。

保険金の請求は、原因が発生して3年以内に行う必要があります。この期間を過ぎて請求を行っても、請求は無効になります。

これは保険会社の規定ではなく、保険法という法律で定められている条件です。

この規定を「消滅時効」といいます。

保険会社が別途定める約款には「原因の発生後、遅滞なく通知すること」と定められているのが一般的です。

法的にみれば3年前の災害やトラブルを理由に火災保険の利用が可能です。

しかし、時間が経過し過ぎていると「災害やトラブルが原因だったとは断定できない」として請求が認められないケースもあるので注意が必要です。

2つ目は、経年劣化が原因ではない場合です。

火災保険がカバーしているのは、原則的に「自然災害が原因の場合」です。

住宅総合保険やオールリスクタイプの保険では、さらに人的なトラブルなども補償対象となりますが、総じて言えるのが「経年劣化が原因の場合は対象外」ということでしょう。

経年劣化を対象とした保険は存在しません。

単なる塗装の色あせや塗膜の劣化、長年の使用によって建材が劣化したことによるひび割れや剥落などは、すべて火災保険の対象外です。

経年劣化をむりやりに自然災害に結びつけようとしても、保険鑑定人によって見抜かれてしまいます。不正な請求だと判断されてしまうので、やめておきましょう。

塗装業者の施工不良が原因となっている場合も火災保険は適用されません。

保険鑑定人が「原因は施工不良にある」と判断した場合、火災保険の利用ではなく、以前の施工業者に対して補償を求める必要があります。

3つ目は、自己負担額の下限を下回る工事であることです。

火災保険では、自己負担額が設定されていることがあります。

保険請求における自己負担のことを「免責」といい、保険証券や約款などに免責事項の記載があるです。しっかりとチェックしておきましょう。

□火災保険を申請する際の流れについて

外壁塗装、おしゃれな色決め、リペイント匠

火災保険を申請する際の流れは、大きく7つのステップに分かれます。

1つ目のステップは業者に連絡して破損箇所を見てもらうことです

まずは、塗装業者やリフォーム業者に現地調査をしてもらい、家の破損の状況を確認してもらいます。

この際、「火災保険申請を考えている」と伝えておくと、その後の流れがスムーズです。

2つ目のステップは、見積書をもらうことです

専門業者の確認の上、工事の必要があれば、業者から見積書を取得しましょう。

3つ目のステップは、保険会社に申請をすることです。

取得した見積書をもとに、保険会社に申請をしましょう。

申請方法は、ご契約中の火災保険のHPやパンフレットなどに記載されています。

4つ目のステップは、書類用意

保険会社の指示にしたがって、必要書類を用意することです。

申請後は、保険会社の指示に従って、以下のような書類を用意しましょう。

・保険金請求書

・修理内容の見積書

・被害がわかる写真

写真などは、業者に依頼すれば撮影してもらえるでしょう。

屋根などの場合は、自分で撮影すると危険なので、業者に撮影してもらいましょう。

5つ目のステップは、必要書類を保険会社に送ることです。

必要書類が揃ったら、保険会社に送付しましょう。

この送付が終われば、申請が完了となります。

6つ目のステップは、鑑定人調査

鑑定人が自宅を調査し、受給の可否と補償金額を決定することです。

申請後、保険会社から鑑定人が派遣され、ご自宅の被害状況の確認と補償額の決定をします。

ここで申請が却下されることもあるので注意してください。

もらえる火災保険金の額は、契約中の火災保険の契約内容によって異なります。近年では、エクセス方式の火災保険が主流となっています。

火災保険での外壁塗装を検討する場合は、事前にご自身の免責金額を確認しておきましょう。

7つ目のステップは、保険金支払い。

受給が決定した場合、保険金が支払われることです。

鑑定人による調査が完了後、問題がなければ保険金の受給が確定し、保険金が支払われます。

火災保険金の支払い期限は「保険法」と呼ばれる法律で定められており、保険金の請求手続きが完了した日から30日以内に支払われるのが原則となっています。

請求内容と損害状況の確認がスムーズにすすめば、1週間以内に振り込まれることもあります。

しかし、これはあくまでも原則であり、現地調査や請求内容の確認等に時間がかかる場合には30日を超えるケースもあります。

特に、大規模な台風のあとなどは請求が集中するため、請求内容の確認に時間がかかり、支払いが遅れることがあります。

□まとめ

今回は、火災保険の種類、火災保険が適用される自然災害についてくわしくご紹介しました。
本記事が、火災保険への加入を検討されている方の参考になれば幸いです。
火災保険といっても様々な種類があります。
それぞれの適応する範囲などをしっかり確認しておきましょう。

外壁塗装に関してお困りの方は、お気軽に当社にご相談ください。
真摯に対応することをお約束します。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

リペイント匠のYouTubeチャンネルでも、外壁塗装、屋根塗装、屋根工事、防水工事などお役に立つ情報からお客様の声など色々な動画をUPしていますので、ぜひチャンネル登録をして見てみてください😊

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ