ラジオ FM三重 リペイント匠

FM三重ラジオ「ゲツモク!」外壁塗装の時期

ラジオ FM三重 リペイント匠

毎週火曜日の午後18時12分からはゲツモクの中で「リペイント匠の匠Radio!」生放送中!

今日の放送内容は、FM三重ゲツモクのパーソナリティの代田さんと「外壁塗装の時期」について楽しくお話してきました。

放送内容を記事にしたもの

家の寿命を20年延ばす外壁塗装をする時期やタイミング

聞いてくださった方で、分からない事や、もっと話を聞きたい、相談したいなどありましたら、ラインでお気軽にご相談してください。

勿論、お電話でも受け付けていますので、電話で外壁塗装の色選びについてご相談したい方は、0120-804-902(8:00~20:00)まで『ホームページ見ました』とお気軽にご相談してください。

またリペイント匠のYouTubeチャンネルでも外壁塗装や屋根塗装、屋根工事、防水工事に関して様々情報を出していますので、見てください。またチャンネル登録もよろしくお願いします。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

後から聞きたい方は、携帯で「radiko」というアプリをダウンロードして頂いて、FM三重 RADIO FLAPPERの毎週木曜日の午後2時20分からの「リペイント匠の匠Radio!」をお聞きください。

iPhoneの方はコチラ ・radikoをダウンロード
androidの方はコチラ ・radikoをダウンロード

話した内容の文字起こししたものはコチラ

代田さん:このコーナーではリペイント匠の久保信也社長をお迎えして、住宅塗装、防水工事などについて伺っていきます。

今回もよろしくお願いしますー!

久保:はい!よろしくお願いします!

代田さん:今日はですね、テーマ、外壁塗装にベストな時期!ということで、前回は、前々回になりますかね?

いつ頃外壁塗装を注文したらいいのか、頼んだらいいのかっていうことでね?

久保:はい。

代田さん:例えばこう・・・壁がちょっとこう、、コーキングでしたっけ?手に付いたり。。

久保:あぁ!そうですね!あとはコーキングのひび割れとか。

代田さん:いろいろな症状が出た時、そういう意味での時期として伺ったんですけど、今回は、例えば・・・

久保:季節ですね!

代田さん:そうですね!春夏秋冬だったら、ベストな時期ってあるのかな?ってお話ですね。

久保:はい!ありがとうございます!

結構聞かれるんですけど、みなさん結構春とか秋が大好きなんですよ。大好きというか人気なんですよ。

代田さん:お客さん側がってことですか?

久保:そうですそうです。でも結局僕たち春は春雨があったりだとか、夏は梅雨があるじゃないですか?梅雨があって暑かったりするんで。

あとは秋雨と台風ですね。

代田さん:あー、台風時期ですね。

久保:あとは、冬であれば霜が降りたりとか、寒さであったりだとか。そうやって年がら年中何かはあるんで、年がら年中工夫しながら仕事してるで、1年中全然問題ないってことですね。基本的には。

代田さん:wwwそうなんですねwそっか、じゃあこちら的にもそんなに考えなくてもいいかなっていう。。

久保:そうですね。全然問題なく、お客様でも1月とかちょっと寒いで職人さんに悪いで、春ぐらいにお願いしますって結構言われたりするんですけど、逆に僕たち仕事ないと困っちゃうんでw1月でも全然問題ないですっていう感じで。

代田さん:そうなんですねー。先ほどチラッとお話ありましたけども、やっぱり雨の時期っていうのはちょっと工事が止まっちゃったりするわけですかね?

久保:そうですね!はい。なので、雨の日は高圧洗浄だったりとか、あとは足場の組み立てだったりとか、そういう塗り仕事とは関係ない仕事?そういう仕事を雨の日にしてます。

代田さん:そうですか。それでも着々といろいろ進んでいくわけですね。

久保:そうですね!

代田さん:ということは、私たちは何も気にせずに・・・

久保:でもまぁその中でもどの時期がいいなって職人目線でいうと、やっぱり11月から冬の間ですかね。

冬の間が一番いいんじゃないかなって思います。個人的には。

代田さん:というと、何かメリットあったりするんですか?

久保:えーっと塗料っていうのはですね、温度が5度以下はダメで、湿度が85%以上は塗れないんですよ。

でも、三重県の方は日中5度以下っていうのはなかなかなくて、空気も乾燥してるんで。

塗料塗る中で一番ダメなのは湿度なんで。冬はカラッとしてて空気が乾燥してるんで。

代田さん:あ、なるほど。

久保:はい。一番向いているんじゃないかなと思います。

代田さん:年中できるけれども、今がベストな時期かもしれない?あえて言うなら・・・

久保:そうです。台風も落ち着いて。

代田さん:えぇえぇ。そういうことなんですね。

久保:その代わり冬はですね、朝行くと霜が降りてたりするんで、9時ぐらいから3時ぐらいまでしか塗れないんですよ。

なので、工期が、工事期間が長くなっちゃいます。

代田さん:はいはいはい。ただまぁちょっと長くなるだけで、しっかりできますよという・・

久保:そうですね!一切全く問題ないです。

代田さん:すごいですね、どんな時期でも対応して頂けるんですね。

久保:そうですね。まぁでも時期とか結構気にしやすいんですけど、やっぱ一番大事なのは業者さんかなと思います。

業者さん選びというか。その時期時期に対応してちゃんと塗ってくれるかとか。

あとは先々月ぐらいのお客様で言われたんですけど、どっかのセミナー行ってきた。外壁の中塗りと上塗りは違う色で変えた方がいいって言われたとか。

それはなんでかって言いますと、中塗りと上塗り色変える事がわかりやすいじゃないですか?

手抜いてないなとか。

なのでそういう風に色変えられた方がいいって教えられたそうなんですけど、基本的には傷む時って上塗りから傷んでくるんですよ。

全く別の色にしたら上塗りが色褪せてきて中の色が見えてくるじゃないですか?

代田さん:あ、確かにそうですね。

久保:そうです。なので、テントウムシみたいな感じになっちゃうといけないので、ムラムラに。

基本的には中塗りと上塗りは同じ色でした方がいいです。

代田さん:あwそうなんですねw

久保:そうです!そのために塗り重ねるんで。

代田さん:ちょっとその情報は誤ってる部分があるよということで。

久保:そうですね。個人的には、、まぁ普通に考えたらそういうことなんですけど、中塗りで違う色を使うというのはまぁ僕らも自分とこの職人でやってるのでわかるんですけど、在庫処分っていうのが一番目的かなっていう。

代田さん:おぉおぉー、なるほど。この塗料早く使っちゃいたいから、ちょっとここは変えといた方がいいですよっていう、
説明をしてくる?

久保:そうです。お客様にはそうしたら手抜きに見えにくいですよって言って、僕らとしてはその塗料代浮くわけじゃないですか?

上塗りだりだけ色変えればいいんで。新品で注文したらいいんで。そういう理由もあるのかなって、、僕の勝手な考えなんですけど。

代田さん:なるほどね。ということはあれですね、今回はベストな時期について伺いましたけれども、次期を選ぶぐらいだったら、業者さんをしっかりと見抜いていった方がいいよと。

久保:そうですね。それが一番大事かなと思います。

代田さん:ということですね。わかりました。ま、年中しっかり対応してくれる、リペイント匠さんということですからね、是非ご利用ください。

久保:はい、よろしくお願いします。

代田さん:リペイント匠フリーダイヤル0120-804-902となっております。是非お問合せしてみてください。

今日伺ったお話も丁寧に懇切丁寧に説明してくれると思います。

そして、リペイント匠といいますと、ホームページだとかYouTubeがかなり充実しています。

久保:ありがとうございます。
ぜひYouTube見てください。

代田さん:えぇ。いろんな疑問にサッと答えてくれるので久保社長、見られるとおもいますのでぜひリペイント匠で検索してみてください。

ということで今回も為になりました。久保社長、ありがとうございます!

久保:ありがとうございました!

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月22日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ