鈴鹿市 外壁塗装 リペイント匠

外壁塗装のふさわしくない月は?外壁塗装の時期を相談する際の重要なポイント

松阪市、外壁塗装、リペイント匠

「外壁塗装するのに、ふさわしくない月っていつ?」

「外壁塗装に最適な月は?」

 

外壁塗装を検討しているのであれば、できる限り、ふさわしくない月は避けたいと考えるのは当然でしょう。

 

塗料を使って外壁に塗装するのですから、乾燥しやすい月が最適で、乾燥しにくい月はふさわしくないと言われます。

 

ただ、気候は一定のものではなく、またお住いの地域によっても差が生じるものですので、季節にかかわらず、より塗装に適している条件で選択することが大切になります。

 

そこでここでは、外壁塗装の季節や時期をテーマにして、三重県津市、鈴鹿市、松阪市、亀山市、名張市、伊賀市の外壁塗装専門店が詳しくお伝えしていきましょう。

 

 

外壁塗装にふさわしくない月とは?

津市 外壁塗装 リペイント匠

結論から申しますと、一部の地域を除き、外壁塗装にふさわしくない月はありません。

 

ふさわしくない月に該当する条件としては、次の章でも詳しくお伝えしますが、

 

  • 雨や雪が多い
  • 気温が5℃未満にまで下降する
  • 湿度が85%以上にまで上昇する
  • 台風シーズンなど暴風・強風の日が多い

 

といったものになります。

 

「雨が多い」というと梅雨時期を、「雪が多い」というと冬場をイメージするかもしれません。

 

ただ、梅雨時期でも雨が降らない日がない訳ではありませんし、冬場でも雪が降らずに天気である日も少なくありません。

 

そのため、基本的には「ふさわしくない月」はないと考えても大丈夫であるように思います。

 

ただ、北海道や東北などの寒冷地であれば、積雪のシーズンにはふさわしくないと言えますし、台風がよく通過する沖縄や九州などにおいて台風シーズンは避けるべきだと考えます。

 

しかし、三重県ではそのような気象条件になるシーズンはありませんので、基本的には天気と相談しながら塗装を進めていくことになります。

 

 

外壁塗装にふさわしくない気象条件

  • 津市 外壁塗装 リペイント匠
  • 雨や雪が降っている
  • 気温が5℃未満にまで下降する
  • 湿度が85%以上にまで上昇する
  • 台風など暴風・強風の日

 

外壁塗装に適しているシーズンであるとしても、塗装作業ができない気象条件が存在します。

 

それらを4つのポイントにまとめましたので、なぜ塗装作業ができないのか詳しくお伝えしていきましょう。

 

雨が降っている

雨や雪が降れば、基本的に外壁塗装の作業はできません。

 

雨が直接的に外壁に当たっている場合には、塗料が雨で流れてしまう可能性があるからです。

 

外壁に雨が当たらないとしても、塗料をしっかりと乾燥させることができない可能性もあります。

 

塗料が十分に乾燥しないと外壁にしっかりと付着させることができませんので、塗膜が剥離したり、ひび割れしたり、何かしら劣化が生じる可能性があります。

 

また、仕上がりがまだらになってしまうなど、光沢が十分に引き出せないようなことも考えられます。

 

そのため、天気予報で雨の予報である場合には、塗装作業が中止されるケースが少なくありません。

 

ただし、足場や養生シートを設置するなどといった工程については、雨が降っていても進められることがあります。

 

気温が5℃未満にまで下降する

気温が5℃未満にまで下降する場合には、塗装に不適切であるとして工事を進めることができません。

 

この理由として、

 

  • 気温が低いと塗膜がなかなか硬化しない
  • 結露が発生して塗装できない

 

といったものが挙げられます。

 

塗料の持っている性質によるものですが、5℃未満になると乾燥しづらくなってしまい、そのような条件下で塗装すると、剥がれやひび割れなど劣化症状の原因になります。

 

そのため、最低温度が条件として設けられているのです。

 

湿度が85%以上にまで上昇する

湿度が85%以上に上昇してしまう場合には塗装作業を進めることができません。

 

塗装したとしても塗膜が乾燥せず、外壁にしっかりと付着されることができないからです。

 

では、どのような状態が「湿度85%以上」であるかというと、雨や雪の日と理解してもいいでしょう。

 

私たちの住む地域では、雨や雪が降っていない日に、湿度85%以上に上昇するようなケースはほとんど見られないからです。

 

ただし、夏場には水辺近くでは湿気が上昇することがありますので、塗装業者と相談しながら適切な時期を選ぶといいでしょう。

 

台風など暴風・強風の日

台風が発生しているなど、暴風や強風の日は、塗装作業を進めることができません。

 

作業自体が危険であるということと、塗料が近隣に飛び散ってしまう可能性が高いからです。

 

もし、塗装期間に台風が発生した場合には、地域に影響を受ける日は作業を中止します。

 

それまでに足場に張っているシートをたたんで風通しを良くしたりして、足場の壁当てを固定し足場の揺れを防ぐようにします。

 

 

外壁塗装にふさわしい気象条件

津市 外壁塗装 リペイント匠

冒頭から、外壁塗装にふさわしくない月や気象条件についてご紹介しましたが、逆に塗装に適している気象条件も存在します。

 

塗装に適している気象条件が続けば、塗料が乾燥しやすく外壁にしっかりと付着させることができ、また塗装作業がスムーズに進むために工期を最短で終了させることができます。

 

では、どのような気象条件が外壁塗装にふさわしいのかお伝えしていきましょう。

 

気温5℃~35℃

一般的に外壁塗装において推奨されている気温は5℃~35℃であり、おおむねどのシーズンでも当てはまることがお分かりになるでしょう。

 

ただし、近年では夏場になると35℃を超えるようなこともあり、中には40℃を超えるような地域も存在します。

 

塗装作業が熱中症などによって危険であるということもありますが、暑すぎると施工不良を引き起こす可能性がありますから注意が必要になります。

 

晴れ、もしくは曇り

外壁塗装に適している気象条件として、晴れが望ましいと考えられます。

 

基本的に晴れている日であれば、外壁に塗装した塗料が乾燥しやすく、塗膜を強固に付着させることができますから、塗料の機能を十分引き出すことが可能です。

 

ただし、上記でもお伝えした通り、夏場で35℃を超えるような日であれば、気温が高すぎて問題が生じることもありますから、そのような日では曇りが適していると言えます。

 

湿度85%以下

湿度が85%以上になると塗装に適していないと上記でもご説明した通り、85%以下の条件下において作業する必要があります。

 

湿度が85%を超える日は、基本的に雨が降っている日であり、雨を避ければ湿度の心配はそれほど必要ではないと言えます。

 

ただし、川沿いや水辺の場合であれば、日によって湿度が高くなる日がありますので、塗装業者と相談しながら塗装日程を決めるといいでしょう。

 

昼前から夕方ごろ

外壁塗装に向いている時間と言えば、昼前くらいから夕方頃でしょう。

 

午前中は時期によっては結露が発生しやすいですし、夕方以降になると暗くなってしまいますので塗装に適していると言えません。

 

ただし、夏場などであれば朝早くから塗装しても問題ないでしょうし、夕方を過ぎても太陽が落ちていなければ塗装作業には問題ありません。

 

 

外壁塗装の季節ごとの特徴

松阪市、外壁塗装、リペイント匠

外壁塗装の塗料は、品質が向上しており、上記でご説明した気象条件に適合していれば、どのような時期でも塗装作業が行えます。

 

季節ごとの特徴をご説明いたしますので、塗装の時期選びの参考にしてみてください。

 

春(3月~5月)

春になるとポカポカした陽気に包まれる日が多くなり、外壁塗装にはとても良い気象条件の季節であると言えます。

 

塗装作業の期間は、窓を締め切って過ごすことになりますが、暑くなりすぎるようなこともなく、過ごしやすいのではないでしょうか。

 

春の外壁塗装の注意点としては、

 

  • 春雨前線の影響
  • 繁忙期なので希望日と予定が合わない可能性がある

 

といったものがあります。

 

春雨前線の影響を受けると、梅雨時期のような雨が続いてしまいますので、工期が長引いてしまう可能性があります。

 

また、繁忙期なので、希望日に予定を組むのが難しい場合もあり、価格も高騰しがちです。

 

夏(6月~8月)

6月になると梅雨時期となりますが、雨や多湿を避ければ、塗装工事を行うことができ、また雨が降っていても、塗装以外の作業を進めることになります。

 

雨が降り続くと工期が延びてしまう可能性があるものの、比較的、希望日に予定を組みやすく、割引キャンペーンが開催されるなどコスト面においてもメリットも感じられるでしょう。

 

ただ、塗装作業はしっかりと乾燥させる必要があることから、しっかりとした施工管理ができる塗装業者を選ぶことが大切です。

 

梅雨時期があけると晴れた日が多くなり、空気も乾燥するために、塗装に適している時期となります。

 

しかし、夏場に窓を自由に開けられない点や、夕立が降りやすく作業を中断しなければならない点についてはデメリットと言えるでしょう。

 

秋(9月~11月)

秋の外壁塗装は、春と同様に天気が良く過ごしやすいために、作業に適している季節であると言えます。

 

ただ、秋雨前線の影響を受けるような時期があり、また人気の季節であるがゆえに希望通りの日程が確保できない可能性もあります。

 

そのため、秋の外壁塗装を希望する場合には、早めに相談しておくことをおすすめします。

 

冬(12月~2月)

冬場の外壁塗装は、降雪地域ではない限り、それほど雪に影響を受けるようなこともなく、比較的湿度も低く推移しますから、作業に適している日は多いです。

 

梅雨時期と共に避けられがちな季節ですから、希望した日に予定を組みやすく、さらにコスト面でも割引などを受けるチャンスがあるかもしれません。

 

とは言え、気温が5℃以下になってしまうようなことや、夜露の発生によって塗装に適さない気象条件になる可能性もあります。

 

降雪地域の場合であっても、実績豊富な塗装業者であれば柔軟に対応できますから、相談しながら進めていくといいでしょう。

 

 

外壁塗装の時期を相談する際の重要なポイント

津市、フッ素、外壁塗装、リペイント匠

外壁塗装にはふさわしい気象条件があることから、やはり時期にはこだわって取り組みたいとお考えのご家庭も多いのではないでしょうか。

 

塗装時期を塗装業者に相談する際には、次にお伝えする内容を把握しておくといいでしょう。

 

塗装時期は早めに相談しておく

外壁塗装を検討しているのであれば、早めに塗装業者に相談しておき、塗装時期を決めるといいでしょう。

 

というのも、塗装時期によっては、すぐに対応できないことも少なくないからです。

 

外壁塗装の依頼が多い時期は、一般的には春や秋であり、その時期には集中してしまうことも珍しいことではありません。

 

そのため、直前に相談することによって、梅雨時期や台風シーズンなどに食い込んでしまうことも考えられるのです。

 

もし、ご家庭でこの時期がいいというご希望をお持ちであれば、早い段階から相談しておけば、スムーズに取り組むことができるでしょう。

 

閑散期には低コストでできる可能性が

塗装業者の中には、閑散期において外壁塗装の値引きを行っていることがあります。

 

例えば、一般的に雨や湿度の高い梅雨時期には、ほかの時期と比較するとご依頼は少なくなりますが、そのようなタイミングでキャンペーンなどを開催し、通常の価格よりも値引きして集客を図っているのです。

 

上記でもお伝えした通り、梅雨時期であるとしても晴れた日は多く、外壁塗装がスムーズに進められますので、このような時期を狙うのもコスト削減の方法になります。

 

ただ、そのようなキャンペーンに便乗して、極端な値引きで目を引き、作業効率だけを優先させて塗料の良さを引き出せていない悪徳業者も少なくないのが現状です。

 

そのため、実績や口コミ、評判なども踏まえて、安心できる塗装業者を選択することが重要なのです。

 

地元で実績のある塗装業者に相談しよう

外壁塗装をスムーズに、しかもコスパよく取り組むためには、

 

  • 地元の塗装業者
  • 実績のある塗装業者

 

を選ぶことをおすすめします。

 

地元の塗装業者のメリットとして、

 

  • 地元の情報に詳しい
  • 大手よりも低価格
  • 丁寧な作業でアフターフォローも万全

 

というものが挙げられます。

 

地域によって「この時期は塗装に向いていない」「この時期なら大丈夫」というものがあります。

 

地元の塗装業者であれば、そのような地域に特化した情報に精通していますから、安心してお任せできるでしょう。

 

また、塗装作業は自社の職人によるケースがほとんどですから、大手のように下請け費用が必要なく、低価格で外壁塗装に取り組むことができます。

 

地元で営業活動を行ってきたのであれば、口コミや評判を大切にしますから、丁寧な作業やアフターフォローも期待できます。

 

しかも、十分な実績があるとしたら、それだけで安心を得られるでしょう。

 

 

まとめ

外壁塗装のふさわしくない月について詳しく解説しました。

 

外壁塗装は塗料をしっかりと乾燥させ、外壁に付着させる必要があることから、気象面においてふさわしくない条件、ふさわしい条件があります。

 

ただ、気象は変わりゆくものですから、早めに実績のある塗装業者に相談しておき、適切な時期に塗装できるようにしておくといいでしょう。

 

そのためには、地元で実績のある塗装業者に依頼しておけば安心です。

 

疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

 

津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心に三重県全域が施工範囲です。

 

外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ