外壁塗装、時期、リペイント匠

ラジカル塗料で外壁塗装!特徴や耐久性、単価、製品をご紹介

津市 外壁塗装 リペイント匠

「ラジカル塗料ってどう?」

 

外壁塗装で活用されるシーンが多くなった『ラジカル塗料』。

 

一般的に活用されているシリコン塗料と比較して、耐候性に優れており、それほど価格差もないことが知られています。

 

大手メーカーから優れたラジカル塗料も開発され、さらに注目度が高まっています。

 

そこでここでは、ラジカル塗料の特徴や耐久性、単価、メリット・デメリットなどについて、三重県津市、鈴鹿市、松阪市、亀山市、名張市、伊賀市の外壁塗装専門店が詳しくお伝えしていきましょう。

 

 

ラジカル塗料の特徴

外壁塗装工程、手順、リペイント匠

外壁塗装において『ラジカル塗料』の活用が注目されています。

 

一般的な塗料に生じやすいチョーキング現象を抑えることができ、汚れが付きにくい特徴があり、さらにコストパフォーマンスにも優れていると言われます。

 

どのような特徴があるのか、詳しくお伝えしましょう。

 

ラジカル塗料とは

『ラジカル塗料』とは、正式には『ラジカル制御型塗料』と呼ばれているもので、塗料に多い劣化原因である”ラジカル”を抑える機能に優れている塗料のことを言います。

 

よく活用されている『シリコン塗料』『フッ素塗料』のように、樹脂の名前が塗料に付けられているものではなく、『ラジカル制御型の酸化チタン』を使用しているのが特徴です。

 

一般的な塗料は、劣化によって、手に白い粉が付く『チョーキング現象』が発生することが多くみられます。

 

チョーキング現象とは、白色の顔料に含まれている酸化チタンが、紫外線に反応して劣化し、粉となってしまう症状のことを言います。

 

ラジカル塗料には、『ラジカル制御型の酸化チタン』を使用しており、このチョーキング現象を防ぐ機能があるのです。

ラジカル塗料が防げるチョーキング現象とは

ラジカル塗料の機能として、主にチョーキング現象と呼ばれる劣化症状を防ぐことができます。

 

白いガードレールに手で触れると白い粉が付くことがありますが、まさにこれがチョーキング現象です。

 

「白い塗料だから手に白い粉が付くぐらいあるだろう」と安易に考えておられる方は多いのですが、塗料の機能がかなり低下している状態を意味しているものです。

 

外壁の場合であれば、塗膜の樹脂が完全に分解し、機能が失われている状態ですから、外壁そのものにまで影響を及ぼす危険があります。

 

外壁に浸水してしまうと、外壁そのものが腐食してしまう原因となり、また雨漏りやシロアリの発生、耐震性の低下など、悪循環を招いてしまうことになります。

 

ラジカル塗料の耐久性・耐用年数

ラジカル塗料は、ラジカル制御型の酸化チタン「高耐候酸化チタン」、さらにラジカルを不活性化させる「光安定剤」によって、ラジカルの発生を抑えることができます。

 

ラジカル塗料には『チョーキングが起こりにくい』というメリットを上記でもお伝えしましたが、そのほかにも、

 

  • 光沢が持続する
  • 防汚性・防カビ性に優れている

 

といった優れた機能も持ち合わせています。

 

耐久性にも優れていることが知られており、耐用年数は10~15年程度となっています。

 

外壁塗装でよく活用されているシリコン塗料は、7~10年程度であることから、耐久性の高さも理解できるのではないでしょうか。

 

 

代表的な4つのラジカル塗料

外壁塗装工程、手順、リペイント匠

ラジカル塗料で代表的な4つの製品、

 

  • 日本ペイント『パーフェクトトップ』
  • 関西ペイント『アレスダイナミックTOP』
  • エスケー化研『エスケープレミアムシリコン』
  • アステックペイントジャパン『リファイン』

 

をご紹介しましょう。

 

日本ペイント『パーフェクトトップ』

『パーフェクトトップ』は、ラジカル塗料の中でも人気のある塗料です。

 

販売している日本ペイントは、世界で始めてラジカル制御型塗料を販売したメーカーであり、現在はその他のメーカーでも販売されるようになりました。

 

そのため、日本ペイントはラジカル塗料の先駆けとして、大変注目されているのです。

 

『パーフェクトトップ』は、日本ペイントが提供するパーフェクトシリーズのひとつで、上塗り用の塗料として販売されています。

 

同じパーフェクトシリーズの中には、『パーフェクトフィラー』『パーフェクトプライマー』など、下塗り用塗料も提供されていることから、外壁塗装で組み合わせて使うことによって、より大きな効果が期待できます。

 

紫外線による塗膜の劣化を防ぐラジカル制御技術によって、高い耐候性を発揮します。

 

また、ポリマーが塗膜の隙間を埋めるために、しっかりとした塗膜を形成することができますので優れた光沢で、美しい外観が得られるのも特徴です。

 

防カビや防藻、低汚染性にも効果を発揮します。

 

関西ペイント『アレスダイナミックTOP』

3大塗料メーカーのひとつ、関西ペイントが販売するラジカル塗料は『アレスダイナミックTOP』です。

 

水性塗料であり、一般的な塗料の持っているシンナー臭・刺激臭が少ないため、近隣に迷惑をかけたくないというご家庭で採用が増えています。

 

『アレスダイナミックTOP』は上塗り材であり、同じ関西ペイントから下塗り材として『アレスダイナミックフィラー』が提供されています。

 

関西ペイントからは『水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料』と記載されています。

 

『ハルス(HALS)ラジカルキャッチャー』と呼ばれる、紫外線を無害化する素材が含まれているのが特徴で、独自の技術で紫外線から外壁を守ることができます。

 

超低汚染性に優れており、カビや藻が付着しにくいのも大きな特徴です。

 

艶の選択も可能で、『艶あり』『七分つや』『五分つや』『三分つや』『艶消し』からお好みで選ぶことができます。

 

エスケー化研『エスケープレミアムシリコン』

エスケー化研から販売されている『エスケープレミアムシリコン』は上塗り塗料で、高耐候性に優れている水性塗料です。

 

塗り替えの目安として『15年』と公表しており、一般的な外壁塗装の塗り替えの目安である『10年』をかなり超えており、30年というスパンで見れば頻度は2回で済みます。

 

独自で開発した『エスケープレミアムシリコン』と呼ばれる技術によって、発生したラジカルを捕捉し、劣化を防ぐためにハイレベルな耐候性を発揮します。

 

耐候性のテストにおいても、長期間、光沢を保持していることが知られています。

 

より艶のある仕上がりを求めているご家庭に採用が増えており、艶のレベルも『艶あり』『半艶』『三分つや』『艶なし』から選ぶことができます。

 

耐候性が高いことから、汚れも定着しにくく、防カビ・防藻にも優れています。

 

アステックペイントジャパン『リファイン』

近年注目が高まっているラジカル塗料として、アステックペイントジャパンが販売する超低汚染塗料『リファイン1000MF-IR』をご紹介しましょう。

 

『超低汚染リファインシリーズ』のひとつとして提供されているもので、業界最高水準の超低汚染塗料を誇る二液型の水性塗料として注目されています。

 

その特徴として、

 

  • 超低汚染性
  • 高耐候性
  • 遮熱性

 

が挙げられています。

 

一般的な塗料よりも塗膜が緻密である無機成分がベースとなっていることから、強靭な塗膜を形成し、汚染物質が外壁に付着しにくいのです。

 

親水性にも優れていることから、雨が降れば雨水によって汚れを流してくれるのも大きな特徴であると言えるでしょう。

 

無機成分は紫外線によって分解されない性質を持っていることから、塗膜の劣化を防ぎ、高耐候性にも優れています。

 

そのため、期待耐用年数は20年から24年と公表されています。

 

 

ラジカル塗料の単価・値段

塗料の種類 塗装単価・値段の目安(㎡) メンテナンス周期
シリコン塗料 1,600円~3,300円 7~10年
ラジカル塗料 2,200円~3,500円 10~15年

 

ラジカル塗料の単価・値段の目安は、外壁塗装によく活用されているシリコン塗料と比較しても、大きな差はありません。

 

ただ、メンテナンス周期が長くなるために、コストパフォーマンスはシリコン塗料よりも高いと言えます。

 

一般的にシリコン塗料では、10年に一度は塗り替えが必要であるといわれますから、30年というスパンで見れば3回塗り替えが必要となります。

 

しかし、ラジカル塗料であれば、耐久性が高いために、おおむね15年で一回、つまり30年で2回の塗り替えで済むのです。

 

一度の塗り替えで80万円~100万円程度が必要となる外壁塗装で、塗り替え頻度を少なくできるのは、大きなメリットであると言えるのではないでしょうか。

 

 

ラジカル塗料のメリット・デメリット

優れた機能を持っているラジカル塗料ですが、メリットばかりではなくデメリットも存在します。

 

そのため、デメリットと十分比較したうえで、検討してみると良いでしょう。

 

ラジカル塗料のメリット

  • チョーキング現象が起こりにくい
  • 低価格なのに高耐候性に優れている
  • 低汚染性・防カビ・防藻に優れている
  • 光沢が持続する

 

外壁を白やクリームなど、淡い色に塗装したい場合には、白色顔料である酸化チタンが含まれており、劣化するとチョーキング現象が生じてしまいます。

 

チョーキング現象は紫外線によって生じるものですから、一般的な塗料ではなかなか避けることができない劣化症状なのです。

 

そもそもラジカル塗料は、このチョーキング現象の発生を抑えるために開発された製品であることから、高い耐久性が大きなメリットとなっています。

 

しかも、一般的に外壁塗装で活用されているシリコン塗料と費用に大きな差はなく、高耐候性に優れているため、高いコストパフォーマンスを発揮します。

 

目安として、シリコン塗料の塗り替えを3回行う頻度で、ラジカル塗料は2回で済みますから、コスト削減にも繋げることが可能です。

 

汚れが付着しにくく、親水性に優れているために、雨が降れば汚れを流してくれ、さらにカビや藻が付着しにくい性質です。

 

光沢の維持にも優れており、長い期間でもしっかりと持続させることが可能です。

 

ラジカル塗料のデメリット

  • 施工例がまだまだ少ない
  • 製品が少ない
  • 濃い色には対応していない

 

ラジカル塗料のデメリットとしては、施工例がまだまだ少ないということが一番に挙げられます。

 

三大塗料メーカーの日本ペイントが世界で初めてラジカル塗料を開発しましたが、販売開始されたのが2012年で、まだ10年程度前のことです。

 

つまり、ラジカル塗料を塗装してから塗り替え時期を迎えていない家庭も多くあることから、これから施工例が増えていく段階にあります。

 

そのようなことから、ラジカル塗料の塗装経験が少ない塗装業者も少なくありません。

 

製品も、一般的なシリコン塗料と比較すると、かなり製品は少ないのが現状です。

 

上記において4製品をご紹介しておりますが、製品についての知識に乏しい塗装業者が存在するのも確かです。

 

また、ラジカル塗料は、濃い色に対応できない場合があります。

 

ラジカル塗料の主成分は、『高耐候酸化チタン』と呼ばれるもので、白色の顔料です。

 

そのため、ラジカル塗料が希望であっても、黒などの濃い色が選べないことがあります。

 

ただ、他の塗料で濃い色を選択する場合には、酸化チタンがほとんど含まれていていないことから、チョーキング現象は発生しにくいと言えます。

 

 

ラジカル塗料を選ぶ際の注意点

外壁塗装工程、手順、リペイント匠

上記でもお伝えした通り、ラジカル塗料の歴史は浅く、まだ10年程度になります。

 

そのような状況であることから、どうしても経験の少ない塗装業者は多く、製品に対する知識も乏しいことがあります。

 

そのため、ラジカル塗料について相談したい、コストパフォーマンスが高い外壁塗装に取り組みたいとお考えであれば、ラジカル塗料も含め、塗装全般の経験豊富な塗装業者を選ぶことが大切です。

 

ラジカル塗料の案内はもちろんのこと、その他の塗料も含めて提案してもらうことができますので、さまざま比較検討しながら進めていくと良いでしょう。

 

 

まとめ

ラジカル塗料の特徴や耐久性、単価、メリット・デメリットなどについて、詳しくお伝えしました。

 

一般的な塗料に生じやすいチョーキング現象を抑えることができ、さらに汚れが付きにくい性質を持っていることから、耐候性に優れています。

 

艶のある綺麗な仕上がりをいつまでも維持できるとして、注目度が高まっているのです。

 

そのため、ラジカル塗料を検討しているのであれば、経験豊富な塗装業者に相談しましょう。

 

疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

 

津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心に三重県全域が施工範囲です。

 

外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ