ラジオ リペイント匠 FM三重

FM三重ラジオ「最近太った話、タイル、木部の正しいメンテナンス方法、雨漏りを直せる業者の見分け方」について

毎週火曜日の午後18時12分からはゲツモクの中で「リペイント匠の匠Radio!」生放送中!

今日の放送内容は、FM三重ゲツモクのパーソナリティの代田さんと「最近太った話、タイル、木部の正しいメンテナンス方法、雨漏りを直せる業者の見分け方」について楽しくお話してきました。

勿論、お電話でも受け付けていますので、電話で外壁塗装の色選びについてご相談したい方は、0120-804-902(8:00~20:00)まで『ホームページ見ました』とお気軽にご相談してください。聞いてくださった方で、分からない事や、もっと話を聞きたい、相談したいなどありましたら、ラインでお気軽にご相談してください。

またリペイント匠のYouTubeチャンネルでも外壁塗装や屋根塗装、屋根工事、防水工事に関して様々情報を出していますので、見てください。またチャンネル登録もよろしくお願いします。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

後から聞きたい方は、携帯で「radiko」というアプリをダウンロードして頂いて、FM三重 RADIO FLAPPERの毎週木曜日の午後2時20分からの「リペイント匠の匠Radio!」をお聞きください。

iPhoneの方はコチラ ・radikoをダウンロード
androidの方はコチラ ・radikoをダウンロード

話した内容の文字起こししたものはコチラ

代田さん:さてここからは、リペイント匠の匠レディオのコーナーです。
このコーナーではリペイント匠の久保信也社長をお招きして、住宅塗装、防水工事などについて色々と伺っていきます。
久保社長!よろしくお願いしますー!


久保:はい!よろしくお願いします!


代田さん:なんか最近久保社長のツイッターにもゲツモクのリスナーさんが色々コメントを寄せてくれるということで。


久保:いやーほんとです。今日もはーさんという方ですかね?ツイッターのフォロワーの方なんですけど、
今日もパンツの話楽しみにしてます。みたいなこと言われてw


代田さん:www


久保:丁度この前ですね、セミナーをしてですね、その写真を載せたんですよ。
そしたら丁度その時に、手をお腹の上に乗せながら喋った感じだったんですね。


代田さん:はいはい。


久保:たぶんその時の写真を見て、たぶん最近また太ったなって思われたんじゃないかなと。


代田さん:wwwお腹がポッコリしているところに手を乗せていたのではないかっていうそういう疑惑が浮上して
いるということですね。


久保:そうですそうです!


代田さん:実際どうだったんですか?


久保:そうですね!丁度代田さんとダイエット誓ってから1キロ太っちゃったんでww


代田さん:wwwそうなんですね!w


久保:wwはい!w


代田さん:あれ?どうしたんですか?w美味しい物食べ過ぎたんですかね?


久保:そうなんですよ。ほんとに、痩せやあかんと思ってもなかなかね・・・


代田さん:まーそうですねー。でも1キロなんて誤差の範囲ですからね!


久保:そうですね!これからですね!w


代田さん:これから心がけてね!w


久保:はい!wこれからです!


代田さん:ぜひ皆さんも、久保社長のツイッターもチャックしてほしいなと思います。
さぁそんな久保社長に今日はどんなお話をしていただきましょうかね?


久保:今日はですね、タイルのメンテナンス方法と木部の外壁とかの塗装方法なんかについて
ちょっとお話したいなと思います。


代田さん:タイルかー・・・うちはタイル使ってないかなー・・・?


久保:結構サイデイングの話とかよくするんですけど、このFMさんも外壁タイルじゃないですか?


代田さん:あ、確かにそうですね!レンガ。


久保:住宅とかでアパートマンションでも結構多いんですけど、タイルの上に住宅で使うようなクリアを
塗っちゃう会社さんとかも結構見えるんですけど、そうすると真っ白になってくるんですよ。


代田さん:ほぉ。


久保:そういう建物の場合ってコンクリートの建物だったりとかそういうのが多いんですけど、
タイルの目地はもちろんセメントで埋まってるんで、そこに水が回っちゃうと表面は塗膜のクリアでコーティング
されてるじゃないですか?内側から水がくるとその塗料自体が内側から白濁化してきて、真っ白になってきて
塗膜が剥がれたりだとか、あとはタイルって結構角がツンツンっていうか、、なので塗膜がそこから破れたりしたり、
そこから水が回ったりとか結構あるんで。


代田さん:という事は専用の物を使って、塗っていくと?


久保:そうですね!タイルの場合はきちんと高圧洗浄して頂いて、逆にタイルの場合は
落ちてきたら危ないじゃないですか?なのでそれは目地の強化剤を塗るのが。


代田さん:へー、そういうのがあるんですね?


久保:そうですね、撥水と止水材という物があるんで。水を止める物とか、あとはセメントの元であるカルシウム
とか、そういうのをギュッと固める物があるんで、そういうのを塗るのが一番いいかなと!


代田さん:なるほどね。これはでも素人じゃわからないですもんねー。


久保:そうですね。


代田さん:業者さんがこれでいいんですよ!って言ったらねwww


久保:そうですそうです!丁度この前もですね、セミナーしてですね、お客様の所にマンション見に行った時に
見積もり出している所が、クリアで塗りますっていう話してたんで、えー!と思って、塗ったらどうなんのやろな
っていう。


代田さん:はいはい。


久保:全体的に真っ白になったらもったいないじゃないですか?


代田さん:ま、確かにそうですねー。


久保:そうですよね。確かにクリアーで?落防止の塗料があるんですけど、それは学校とかあまり見た目を
気にしない所、ほんとに落ちたらダメっていう所だけ重視するっていう。美観性ゼロで。


代田さん:あー、なるほどね。じゃあ施設とかマンションとかそういった所だったら気を付けてほしいですよね。


久保:そうですね。なので撥水剤を塗るのが一番いいかなと思います。


代田さん:なるほど、わかりました。次に、木の壁ですね?


久保:はい!


代田さん:こちらの塗装方法ということなんですけど。


久保:木の壁にも普通のペンキを塗っちゃう業者さんとかも結構見えるんですけど、


代田さん:あ、これも違うんですか?


久保:そうですね!長年で木が真っ黒になったりした木とか見たことないですか?紫外線で。


代田さん:あー・・そうなりますよね。


久保:そうですね!あれはちゃんと染み抜きして白木の状態に戻してから防腐剤で色付けるのが正解ですね。


代田さん:おー、染み抜きっていうのが出来るんですね!


久保:そうですね、染み抜きできます。そういう薬品を何十倍にも薄めて塗ってから、それからどんどんアクとか
シミが出てくるんで、それを水で洗い流してから専用の防腐剤で塗装すると。


代田さん:へー。ま、木の壁っていうと、いわゆるログハウスとかあーいうのも入ってくるんですよね?


久保:そうですね、ログハウスだったり和風のお家だったりとか。壁はトタンとかサイデイングやけど
軒の屋根裏部分に木使われてるとか結構あるんで。


代田さん:あーなるほどね、部分的に使われている所でも、そういった所を意識した方がもちろんいいと
いうことなんですね。


久保:またこれの注意点なんですけど、薬品洗い流す時に近くに木とかあると
その薬品で腐っちゃうんで。


代田さん:あー!なるほど!


久保:その辺気を付けて頂いた方がいいかなと思います。


代田さん:わかりました。ちなみに今日梅雨入りを東海地方もしましたけれども、これから雨漏りとかそういう
季節にもなってきますよね?


久保:そうですね!ナイスパスです!ありがとうございます!ww


代田さん:いえいえいえいえw


久保:そういえば僕冒頭で言うの忘れてたんですけど、今日はあと追加で、雨漏りを直せる業者と直せない業者
の見分け方についてお話しようかなと思います。


代田さん:え?はい。


久保:雨漏りを業者さんのお願いしても直らんだとか結構そんなお話聞くんですけど、


代田さん:あら、そんなこともあるんですね?


久保:はい。直せる業者さんと直せない業者さんの違いは、なんとなくノリでやっちゃう。検査もしないで
いきなり直しにかかるとか、あとはサーモグラフィで見て直しにかかるとか。
やっぱきちんと自分の手で散水検査っていって雨漏りをしてたら晴れた日にわざと雨漏りを起こして
どこから水が出ているのか確認して、それから直しにかかるのが正解だと思います。


代田さん:あーなるほどねー。雨の日に来て、あー雨漏りしてますねーって言って
ちゃちゃちゃとやっちゃうのは、ちょっと・・・


久保:そうですね、雨漏りしてるんで雨の日にまた見に来ますねってところは絶対ダメです。


代田さん:あ、そうなんですね!


久保:雨の日どこから漏れてるかわからないじゃないですか?全体的に雨が降ってるんで、どこから漏れてるか
それがわかったらエスパーだと思うんですよw


代田さん:おっしゃる通りですね!


久保:はい。ちゃんと晴れた日に自分の手でかけながら、ここから漏れとるなとかじゃあこういう工事をしようって
そこから見積提出してするのが正解かなと。


代田さん:なるほど、晴れた日にきてね!っていうことですねww


久保:はい!wなので、工事する前に検査しない会社はたぶん雨漏り直せない会社だと思います!


代田さん:そうなんですね!わかりました、ぜひ皆さんもその点ご注意ください。
最近は材料の高騰なんかって言う話もありますけど・・


久保:そうですね、ほんとに毎月ちょこちょこ色んな材料が上がってきてるんで、なのでそのあたりほんとに来年とか
再来年とか工事考えてる方はすぐにした方がいいと思いますんで。
一回上がってしまったものは、すぐ下がんないんで。


代田さん:そうですよね。なかなかこの傾向っていうのは早く収まるというか元通りになるっていう
すぐそうなるっていう可能性はちょっと低そうですもんね。


久保:そうですね。


代田さん:わかりました。これからぐんぐん上がってくるかもしれませんので、早めにご検討ください。
というこで、リペイント匠お問合せ先はフリーダイヤル0120-804-902となっています。
ホームページやYouTubeチャンネルも充実しております。
ツイッターもね、色々書き込んでおります。是非チェックよろしくお願いします。
久保社長どうもありがとうございました!


久保:ありがとうございました!

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月22日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ