今日、中日新聞の朝刊でドローンによる屋根無料調査が掲載されました(^^♪

ニュースなどで、最近の台風などで水害にあわれた方などのインタビューなどを聞くと、現地を見に来てもらうのに6か月、工事は1年後とか、を見ましたので、今回19号で三重県の南勢地域の被害をみて何かできないかとホームページなどで掲載していたら取材に来てくださいました。ありがとうございます。

屋根調査 ドローンで

津「リペイント匠」津市久居相川町の塗装会社「リペイント匠」が、壊れた屋根を小型無人機ドローンで調査している。屋根に登らずに済むので安全、しかも短時間で終わる。台風19号の直後は県南部から百件近い依頼があったという。久保信也社長によると同社は半年前からドローンを使って調査をしている。雨漏りの調査依頼は雨が降った翌日に多く、滑りやすく危険なため。久保さんは「瓦に足を滑らせ居てケガをした社員もいる。プロでも危ないのに、被災地のニュースでは、自分で屋根登っていて心配になる」と話す。高性能カメラを備えた全長50センチほどのドローンを飛ばし、15分程度で撮影終了。画像を拡大すれば、釘の1本1本まで確認できる精度で、破損がないかを調べ、依頼者には画像や動画を提供している。久保社長は「足場を組まないと上れない建物でもドローンは高さを問わない。調査は無料なので不安な人は相談を」と呼びかける。

あと何枚か昨日の続きで新しく撮った写真を公開します。

こんな感じです(^^♪

また更新しま~す!