外壁塗装の現場に監督は必要なのか?

外壁塗装の現場に監督は必要なのか?

外壁塗装・屋根塗装に現場監督は必要か?住宅の外壁塗装や屋根塗装、倉庫の外壁塗り替えなどをお考えの方に三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社がお話をしたいと思います。

これには賛否両論があると思いますが、私は「そんなのは無駄な経費だ。職人をしっかりと育てれば済む話だ」と考えていました。

住宅の外壁塗装や屋根塗装、倉庫の外壁塗り替えなどをお考えの方に三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社が「外壁塗装の現場に現場監督は必要なのか?」ついてお話をしたいと思います。
ぜひ住宅の外壁塗り替えを行う際に参考にしてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: question-mark-2123966_1280-1024x681.jpg

職人をキチンと教育すれば済む、無駄な経費

私はこのように最近まで考えていました。確かにお客様のお家を外壁塗装や屋根塗装するのに、兼任できるような職人をしっかりと育てれば、まったく問題ありません。今でもそうです。

しかし、現場の施工写真を撮る、原価管理をする、現場近隣様への中間の「何かご迷惑をおかけしていませんか?」など職人に直接言いづらいことを聞いたり、痒いところにキチンと手の届く配慮という意味ではいた方がいいと思います。

難しいラインなのですが、現場監督がいないと、職人に遠慮してお客様が言いたいことも言えない。職人がお客様や近隣様へ配慮できない。満足度が下がる。

この様な状態ならば、問題ありますが、現場監督はいた方がより一層満足度が上がると思います。

□まとめ

役割分担をキチンと決めて仕事すればより一層お客様満足度はあがる。

三重県津市・鈴鹿市での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

松坂店:〒515-0063三重県松阪市大黒田1754−2
津本店:〒514-0061津市一身田上津部田1356-3
鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ