外壁塗装の失敗例あるある

外壁塗装の失敗例あるある

外壁塗装の良くある失敗例について住宅の外壁塗装や屋根塗装、倉庫の外壁塗り替えなどをお考えの方に三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社がお話をしたいと思います。

外壁塗装・屋根塗装を成功させるには、まずは手抜き工事は別として、失敗例を知っておくことだと思いますので、一部をご紹介します。これから三重県で外壁塗り替え・屋根塗り替えをお考えの方は参考にしてください。

色での失敗

良くある失敗例として色がイメージ通りではなかった。このケースは非常に多いケースだと思います。

契約をして、色の打ち合わせをする時に注意する点を挙げていきます。一般の方は外壁塗装を考えていない限り、普段から家の色を何色にしたいとか考えないと思います。

ですので、まずは、

1.イメージを膨らませておく

色の打ち合わせまでに、仕事の休みにでも、自分の家と同じような形の家の色合いなどを見て、イメージを膨らませておくことがいいと思います。気に入った色合いなどを見つけたら写真などに収めて業者に見せるのもいいと思います。

2.イメージがあればカラーシュミレーションをしてもらいましょう。

色の打ち合わせになったら、今はどの業者もほとんど使っていますので、あくまでもイメージになりますが、カラーシュミレーションをしてもらいましょう。

3.イメージが固まっていなければ・・・

外壁塗装や屋根塗装など工事が始まるまでに、すべての色を決めず工事を進める最低限だけ決めておいて、あとは塗装工事を進めながら、担当者や職人から「ここにワンポイント入れたらオシャレですよ」など色々意見を聞きながらゆっくりと決めていくというのも一つのやり方です。

物が壊れた

次に工事を進める中で物が壊れた。このトラブルを事前に防ぐには、工事が始まるまでに担当者の方に注意してほしい物、事前に移動しておいた方がいい物。を確認しておきましょう。

近隣の方とのトラブル

外壁塗装工事で近隣様へ迷惑がかかるパターンとしていくつかご紹介していきます。お家がある以上近隣様とはずっと付き合いしてくわけですから、事前にどのようなトラブルが起こりうるか知っておきましょう。

・足場工事をする上でのトラックの交通トラブル。
・足場組立時の音。
・高圧洗浄をする際のエンジン音。
・洗濯物が干せるのか?干せないのか?

この様に工事が始まると近隣様へ少なからずご迷惑になるので、事前に業者に挨拶周りをお願いし、その時に、「いつ足場組立・解体か?」「高圧洗浄はいつなのか?」「洗濯物など干せない近隣様はないのか?」など説明してもらうようにしましょう。

□まとめ

色は時間をかけてしっかりと打ち合わせしましょう。大事な物は業者に伝えておきましょう。近隣方へはしっかりと説明してもらいましょう。

三重県津市・鈴鹿市での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3