松阪市で外壁塗装を行いたい方へ!メンテナンスについて解説します

松阪市で外壁塗装を検討している方はいらっしゃいませんか。
建物の劣化や腐食を早急に見つけることができれば、末長く安心してその家に住めるでしょう。
そのために、外壁塗装のメンテナンスは重要なポイントです。
安心して日々暮らせるよう、外壁塗装のメンテナンスを行う時期の目安と注意点について把握しておきましょう。

◻︎外壁塗装を行うべき時期とは

外壁塗装の点検やメンテナンスはどのようなタイミングで行うべきなのでしょうか。
ここでしっかり確認しておきましょう。

まず、外壁塗装のメンテナンスとして、10年が一般的な目安とされています。
これは、セメントと繊維質で作られた窒素系サディングボードが、日本の住宅で使用されいている外壁材の8割を占めているためと考えられます。
この外壁材の防水機能が10年で切れてしまうため、一般的な住宅ではこの時期を目安に塗り替えられます。

このように、一般的な目安として塗り替えは10年を目安としていますが、外壁には他にも様々なものが使われているので、メンテナンスが必要な時期はそれぞれ異なるでしょう。
そのため、塗装をして10年が経っていなくても、自身でチェックすることも重要なポイントです。

外壁に粉が吹いていないかや、ひび割れやカビが発生していないかを確認しておきましょう。
外壁の状態に不安がある方は業者に相談することをおすすめします。

◻︎外壁塗装における注意点とは

外壁塗装のタイミングのおおよその目安は10年ですが、早めのメンテナンスを心がけておきましょう。
早めのメンテナンスを怠ったために劣化を見落とし、さらに症状が進むことで補修費用が高くなる場合があります。

例えば、結露によって下地材と断熱材が傷んでしまった場合です。
この場合、結露に違和感を感じた段階で気付けていれば下地材まで腐食が進んでいなかったかもしれません。

下地材から補修するとなると、さらに費用が高くなります。
外壁塗装の相場は一般的に70〜90万円です。
しかし、外壁材を取り除いて下地材まで張り替えるとなると200万円前後の補修費用が発生するでしょう。

このように費用が高くならないためにも、早めのメンテナンスは重要です。
早期発見が結果的にメンテナンスコストを下げることを把握しておきましょう。

◻︎まとめ

外壁や屋根の塗装は一般的に10年を目安に行われます。
しかし、外壁材の種類や塗料によってそのタイミングは変わるので、早めのメンテナンスを心がけましょう。
ひび割れやカビが発生していたり、外壁が粉を吹いている住宅は要注意なので業者に相談することをおすすめします。