リペイント匠、鈴鹿市K様お客様との写真

【2021年】ミサワホームの外壁塗装の注意点、ポイント

津市 外壁塗装 リペイント匠

ミサワホームのお家に住われている方で外壁塗装をしようかとお悩みの方はいませんか?

ミサワホームといえばトヨタホームの子会社に最近されたというのは、聞き覚えがあるかも知れません。

ミサワホームも外壁塗装する際に独特なデザイン性などから注意する点がいくつか、ありますので、出来るだけ詳しく書いていきたいと思います。

最後まで読む事で、外壁塗装をして塗膜が剥がれる様なトラブルを避けたり、数十万円お得になるかも知れません。ミサワホームの外壁塗装をお考えの方は最後まで読んでいただければ幸いです。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

マンション・アパートの外壁塗装

上でも書いた様にデザイン性の優れたミサワホームですが、そのデザイン性から知識がなく外壁塗装をすると様々なトラブルがおきますので、その辺りを詳しく書いて行けたらと思います。

⑵ミサワホームの外壁塗装や外壁塗り替えの特徴①

見積もり提出

ミサワホームの外壁材は他のメーカーに比べて独特です。中には「ミサワは特殊な外壁なので、他社では気泡がでるトラブルになったりして大変です」とミサワの営業マンに言われた方もいるかも知れません。

他のメーカーは窯業系のサイディングが多いのですが、ミサワホームはALCという遮熱、断熱性などに優れた外壁材と同じ様な材質で出来ています。またその外壁材は「PALC」と呼ばれています。

Pというのはプレキャスト(あらかじめ成形されている)という意味で、通常のALCというと平なデザイン性とはあまり縁遠いイメージですが、そのALCにデザイン性を組み込むという意味があるのではないかと思います。

通常のALCにデザイン性が加わった外壁材なので、外壁塗装もALCと同じ様に定期的に必要ですし、それは、ミサワホームでなくても外壁塗装は可能で、ALCの塗装は、数多くしていますので、全く問題ありません。

ミサワホームの外壁材は重厚感おある凹凸が多くデザイン性に優れた外壁が多いのですが、一般の外壁塗装と比べて、同じ面積でもミサワホームの外壁塗装をする時は塗料を多く使います。ですので、外壁塗装をする際は、塗料代が少し高くなる可能性があります。

⑶ミサワホームの外壁塗装や外壁塗り替えの特徴②

上で話した様に凹凸の多い外壁材なのですが、このプレキャスト工法を採用している外壁材には下地処理の方法が変わってきます。通常は「下塗り」「中塗り」「上塗り」と3回仕上げなのですが、1回目の「下塗り」と「中塗り」の間にもう一度「下塗り」をし4工程にする事をおすすめします。

下塗り2回というのは、同じ下塗りを2回でも効果は勿論あるのですが、「シーラー」と呼ばれる粘度の少ない下塗り材で凹凸の細部まで下塗りをして、「フィラー」と呼ばれる粘度の高い下塗りで下地処理を行う事で、外壁の素地と塗膜の間に空気層が入り、夏場に気泡が出来るような事を防止できますし、素地と上塗りの密着性はさらに高くなります。

こうした下地処理のやり方などは経験に基づくものが多く、勿論、ミサワホームさんもここの辺りは心得ています。大事なことはミサワホームの外壁塗装の施工実績が多いところにお願いする事が大切です。

⑷ミサワホームの外壁塗装や外壁塗り替えの特徴③

外壁診断

内部結露をしている現場をよく見かけます。通常の建物は外壁材と内壁の間に断熱材などがサンドイッチされている様な状態なのですが、ミサワホームでは「一枚壁」となっており、80mmという住宅の外壁ではあまりない外壁材で外と中の壁を共通しています。

その通気する層な外影響から内部結露が多いのが特徴になります。こうした内部結露を防止する塗装のやり方もありますので、お気軽にご相談ください。

⑸ミサワホームの外壁塗装や外壁塗り替えの特徴④

外壁塗装、ミサワホーム、リペイント匠

ミサワホームの建物はおしゃれなのですが、窓のサッシ周りをグルッと枠のようなもので囲っています。通常ですとサッシまで外壁材が伸びているのですが、ミサワホームの住宅は外壁材とサッシの間にこの「枠」が付いています。この枠は、すごくおしゃれなのですが、素地の上から樹脂シートで覆われています。

そして、この枠を塗装してしまうとすぐに剥がれてしまいます。経年劣化して樹脂シートが剥がれていればキチンと剥がして塗れば良いのですが、そうでないなら様々なやり方がありますので、一度ご相談してください。

⑹ミサワホーム以外の他社で外壁塗装しても問題ないのか?

付帯部塗装

ミサワホームを外壁塗装をした実績が多い会社であれば、全く問題ありません。どこのハウスメーカーでも共通しているのですが「リフォーム代金が高くなる」これは仕方ありません。

大きな会社、多くのCMなどの広告宣伝費、営業マンや社員数などを考えれば、その位の金額を頂かなければ会社の運営自体ができないのだと思います。

ですので、外壁塗装の価格とは、会社の大きさも関係あると思います。「小さすぎても不安、大きすぎても高くなる。」出来れば私どもにご相談いただきたいですが、他社だとしても施工実績のある地元のしっかりした専門会社にお願いする事が一番いいのではないか、と思います。

⑺ミサワホームの30年メンテナンス保証

ミサワホーム/保証

上のミサワホームの保証を詳しくみていただければわかりますが、ようするに半年、11ヶ月、23ヶ月、5年、10年、15年、20年の無償定期点検を受ける事が前提。

そして15年目に有償の耐久診断も受ける事、そして工事が必要だと思われた時には有償の工事を受けると構造体は30年保証します。という内容になっています。

これはどこのハウスメーカーも同じ様な仕組みになっています。

ミサワホームの外壁塗装のまとめ

ミサワホームの外壁塗装の特徴や注意点、ポイントについて出来るだけ詳しく書かせていただきました。

いかがだったでしょうか?

どのハウスメーカーでも「これはオリジナルで…」「他社ですと保証が…」と言われ不安を煽られるような事があるかも知れませんが、大体は全く問題ありませんので、ご安心してください。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

津市・松阪市・鈴鹿市を中心に三重県にお住いの方で外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・四日市市・亀山市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ