レディフラ FM三重 外壁塗装 リペイント匠

9月30日FM三重ラジオ |住宅の塗装には絶対に使わない方がいい塗料

レディフラ FM三重 外壁塗装 リペイント匠

毎週木曜日の午後2時20分からは「リペイント匠の匠Radio!」生放送中!

今日は多田さんが4年半続けられたレディフラの最終日でした。

FM三重に行き、スタジオに入った時にテーブルに多くのお土産が置いてあり、レディフラ・多田さんが多くのリスナーや私も含めたスポンサーからも愛されているのが分かりました。

ちなみに私は「虎屋」のマスカット大福を感謝の気持ちを込めて渡してきました。

いざ番組が始まると多田さんが涙ぐまれてて色々な思い入れがあったのだと思いました。

私も多田さんとは1年半もお付き合いをさせて頂き、初めは話す事にも緊張していたのですが、多田さんの上手なリードがあったので、なんとか話して来れました。

多田さん、ありがとうございました!

今日は「住宅では絶対に使わない方がいい塗料」について話してきました。

放送内容を記事にしたもの

・外壁塗装に絶対に使ってはいけない塗料と4つの理由をプロが解説!

聞いてくださった方で、分からない事や、もっと話を聞きたい、相談したいなどありましたら、ラインでお気軽にご相談してください。

勿論、お電話でも受け付けていますので、電話で外壁塗装の色選びについてご相談したい方は、0120-804-902(8:00~20:00)まで『ホームページ見ました』とお気軽にご相談してください。

またリペイント匠のYouTubeチャンネルでも外壁塗装や屋根塗装、屋根工事、防水工事に関して様々情報を出していますので、見てください。またチャンネル登録もよろしくお願いします。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

後から聞きたい方は、携帯で「radiko」というアプリをダウンロードして頂いて、FM三重 RADIO FLAPPERの毎週木曜日の午後2時20分からの「リペイント匠の匠Radio!」をお聞きください。

iPhoneの方はコチラ ・radikoをダウンロード
androidの方はコチラ ・radikoをダウンロード

話した内容の文字起こししたものはコチラ

多田さん:毎週木曜日のこの時間はリペイント匠の久保信也社長をお迎えして、住宅塗装、防水工事について伺っていきます。

久保さん!今日もよろしくお願いします!

久保:はい!よろしくお願いします!

多田さん:さぁて、外壁塗装と言えばということで、もうこれまで・・・

久保:リペイント匠ですね!!w

多田さん:ww去年の4月からでしたっけ?

久保:そうですね!ありがとうございます、ほんとに。

多田さん:いえいえ、ありがとうございます。

久保:お世話になりました、ほんとに。

多田さん:こちらこそです。

久保:ほんとにモゴモゴ喋っとるとこよく拾って頂いて。。

多田さん:ww

久保:たまにキラーパスも頂いてw

多田さん:w大分たまにじゃないかったと思いますけど、頻繁にだったと思いますけど。w

一番ビックリしたのは、ざっくばらんに値段のこととかこの素材は使わん方がいいよとか言って、わかりやすく言ってもらえたのが心強かったですね。

久保:結構こういう業界ってうやむやにして大事なこと隠すっていう感じが見受けられるんで、やっぱはっきり言ってあげた方がわかりやすいですしね、お客様は。

多田さん:ねぇ。で、今日もですね、そんな話題をお持ちしていただいたんですけど、なんと、外壁塗装に絶対使ってはいけない塗料!

久保:はい!

多田さん:wwその理由!www

久保:はい!wこの絶対使ってはいけない塗料があるんですけど。

多田さん:絶対笑ってはいけないんじゃなくてねー。w

久保:はいwそうなんですよwで、この塗料っていうのは、結構街中走ってても、十分の一?とは言わないですけど、二十分の一ぐらいかな?

と結構な確率で塗られてるんですよ。

多田さん:え、その絶対使ってはいけない塗料を?

久保:はい。

多田さん:えー!

久保:あえて絶対そんなのいわないですけど、僕は。

多田さん:ww

久保:はい。そうなんですよ。訪問販売の方が売ってて、この塗料は天然の石が入っててセラミック塗料で、30年ぐらい持つんですよとか。

あとすごい高級感が出ますとか言って、そういう売りにして訪問販売の方販売するんですけど、たぶんその営業マンの方もわかってないと思うんですけど
そんな悪意があるわけではなく、会社にそうやって売れって言われて売ってるんだと思うんですけど、

その10年後とかに僕ら見に行くと、
その塗料塗って10年ぐらいしてからちょっと外壁の調子見てくれへん?って言われて見に行くと、やっぱりその石事態は30年持つんですけどその時には地面に落ちているというか、壁にはくっついてないんですよ。

多田さん:あー、石事態はそら30年でもなんでも持つけど、、

久保:そうなんですよ!石なんでね!無機質なんで。

多田さん:でも、なにかって外壁の塗装の資材としての石だから、くっついてくれてないといけない。

久保:そうなんですよ。その塗料とじゃあその石が30年密着しているかという、10年密着してないんですよ。

多田さん:嘘だ~・・・

久保:はいwなので10年後見に行くとガタガタになってるんですよ。凹凸が。

多田さん:ってことはボコボコ、穴あき状態になるわけですよね?

久保:そうです。凹んでるとこもあれば出てるとこもあったり、日がようけ当たる所は石がボロボロ落ちてるんですよ。

下が砂場みたいになってるんですよ。

多田さん:えー。いやぁ、しかもそれが美しかったらいいですけど

久保:そうなんです。

多田さん:残念。

久保:塗った時は高級感あるっていうのは、白とか黒とか天然石のまだらなのが高級感あるんですけど、次塗り替える時ってやっぱり一色になるじゃないですか?そのボコボコした中で一色で例えばベージュで塗ってあったとしてもそれがかっこいいのかって言われると、、、

多田さん:ボコボコしてるだけって話ですもんね。

久保:そうです。その時に見たらほんとに壁にブロックがついてるみたいな、そういうイメージでそこに塗るみたいな。

多田さん:あー、ちょっと仮でやってますみたいなイメージになっちゃいますよねー。

久保:そうです。

多田さん:それはどういう風に見分けしたりすればいいんですか?

久保:本当はしない方が一番いいじゃないですか?やで、突然来た業者の方に30年持つ塗料ですとか、今実際30年持つ塗料って販売してないんですよ。

多田さん:あ、そうなんですか?

久保:そうです。やで30年持つ塗料なんてありえないんで。

多田さん:最大でどれぐらいなんですか?

久保:20年行かないぐらいですかねー?20年とかちょっといくぐらい・・・

多田さん:今のその塗料技術ではそれが最大なんだと。

久保:最大ですね。30年だとそれは嘘ですし。

あと高級感があるとかセラミック塗装とかあとはなんか契約を急がせるとかそういう悪徳業者によくあるような、そういうのには注意した方がいいのかなっていう。あとはお得感演出されたりだとか。

多田さん:見た目の高級感とかセンスがいいよーってなんて言われるとついそっちに流れがちですけれども。

久保:そうなんです。

多田さん:ほんとにその素材が自分の家を長く綺麗なまま保ってくれるのか・・・

久保:っていうと、保たないし、高級感あるで通常100万ぐらいの塗装200万ぐらい販売したりするんですよ。

多田さん:おー乗せ過ぎ。

久保:実際すごく、工事に手間がかかるんかっていうと、人の手で塗るわけじゃなく吹付なんですよ。なので人件費めちゃくちゃ安くなるんですよ。
普通の外壁塗装の半分ぐらいの原価でできるんで。

多田さん:へー、じゃあちょっとお値段が高すぎるっていうのも問題ですよねー。

久保:そうです。普通の塗装が100万円ならこれ僕から言わしたら50万円ぐらいかなっていう。

多田さん:あ、そうですか。ま、とにかく私達素人だとなかなか判断つかない時が多いと思うので、一旦ちょっと持ち帰って・・・

久保:そうです。落ち着いて考えて、突然来る業者にはお願いしないっていうのがまず大前提かなと。

あともう一つのトラップが、これ一缶が20キロぐらいあるんですけど、塗料が。それを10缶ぐらい使うんですよ。

元々それぐらいの塗料を吹き付けるんでめちゃくちゃ外壁が重たくなるんですよ。

なので外壁ってそもそもそんな重たい塗料塗るように作られてないんで、外壁がはがれてくるとか。

多田さん:それは大事じゃないですか!

久保:そうです。そうすると中身の下地が腐って建物自体が腐ってしまうじゃないですか?

多田さん:建物全部にも影響を及ぼすんですね。

久保:そうです。次にめくるときによく知ってるコーキングっていう部分も、石なんで次塗り替える時にカッターの刃も入りませんし。

多田さん:そっかー。石が邪魔して全然カッティングができない。

久保:そうです。カットができないです。
なので張り替えっていう選択肢になってくる。

多田さん:それは大がかりなことになりますもんね、張り替えになっちゃうとね。

久保:そうです、こういうビルとかコンクリート層の大きい壁だったらこういうの全然いいと思うんですよ。
住宅には全く向いてないんで。

多田さん:そうですよね。店舗と住宅っていうのはそもそもね、別物だと思って、

久保:全然違います。

多田さん:やっぱり家はあなたの普段の生活を守る一生住んでいく家ですから、大事に素材選びしていきたいなと思っております。
あとどんな塗料だと逆におしゃれになったりとか、見た目が素敵とかありますか?

久保:さっきその石彫っていう代わりに今チップっていって塗料を固まらせたチップが入ってる塗料っていうのがあるんですよ。

それで塗ると高級感があるようにこんな感じでおしゃれに見えてさらにそんな重たさもないし、塗り替え時期もそんな苦労もないし不具合も出ないんで。

そういうもしちょっとおしゃれに塗装したいなって思う方がいれば言って頂いたら。中にはバラの香りがする塗料とかもあるんですよ。

多田さん:やだぁ、あたしにピッタリー。

久保:www

多田さん:笑いすぎー。www

久保:www

多田さん:いやぁ素敵じゃないですかー。w

久保:面白いですねww

多田さん:外でご近所さんで、この家バラの香りがするみたいなのなるんですか?

久保:あ、もぉ塗ってたらもぉほんとにプーンとしてくるんで。

多田さん:えー!なんかすごいー。フェロモン出そうですねー。

久保:wwでも風がキツイとあんま臭いww

多田さん:勧めとんのか勧めてないのかww

久保:もし臭いがどうしてもっていう方には。あんまお勧めはしないですけどw

多田さん:そういうのもあるよということですね。

久保:そうです!

多田さん:という事で、その他ご相談はこちらまでお願いします、フリーダイヤル0120-804-902。リペイント匠まで。

またリペイント匠は今後店舗拡大で、10月に名張、来年の春には亀山にも店舗を設けますので、みなさんお近くの方ご利用ください。

久保:よろしくお願いします!

多田さん:本当に1年半ありがとうございました!

久保:いえいえ、こちらこそありがとうございました!

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月22日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ