外壁塗装の見積もりの取り方

外壁塗装を考えた時、どの会社から見積りを取るかが第一歩となります。そのため、見積もりを取るときの判断基準がないと決めきれませんよね。

しかし、見積もりの判断基準を理解している方は少ないでしょう。
そこで今回は、外壁塗装の見積もりをとるときの注意点について、詳しく三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社がお話をしたいと思います。

自社で提案できる業者に見積もりをとる

一見、塗装専門業者に装っているため営業のみ行う業者で、実際の工事は当社のような直接塗装業者に任せているかもしれません。

そのため、営業しかしない、営業会社に依頼すると、マージン分の費用が高くなる可能性があります。しかし、工事ができる業者なら良いというわけではありません。
自社で仕事をもらえない下請け専門の業者は、いつも元請け業者に言われる塗料をつかっているため使う塗料や施工方法を提案できないことが多いです。
その理由は、工事は完璧にできても、施工方法や塗料などについては分かっていないからです。

しかし、下請け業者として仕事をする上では、元請けが全て指示をくれるので問題ありません。このあたりを踏まえると、自社で営業も塗装工事も全て一貫して行える業者に見積もりをとることがベストです。弊社は、元職人が営業しており、職人が自社に所属しているため、営業と工事のどちらも行えます。

どの部分がどのランクの塗料なのか確認する。

外壁塗装などで使われる塗料はグレードがあがれば高くなることはご存じですよね?そのため外壁は見積りどおり高いグレードの塗料を使い、その他部分に関しては低グレードの塗料を使う業者も少なくありません。

本当は外壁よりも屋根の方が傷みやすいですし、それ以上に雨樋なども外壁に比べ傷みは早いです。ですので、弊社では、外壁をお客様が外壁にシリコンを選んだとしても付帯部は必ずフッ素の中でも最も強いと言われる2液型フッ素を使います。

もし雨戸や雨樋だけが剥げた場合でも、そこだけのために再塗装を依頼したくないですよね。

細かい部分まで書かれている確認する

塗料以外に確認する必要があるところを3つ解説します。

1.支払い条件です。

外壁塗装などの支払い条件は、以下が一般的です。

・工事完了後に支払う
・契約時と工事完了後に支払う

「契約時に全額支払うと、安くなります!」のような言葉には注意しましょう。なぜならば、やはり悪徳業者というのは一定数存在して、契約時に全額頂くと逃げてしまう業者が存在するからです。

2、塗装箇所や塗装個所の色です。

塗装箇所はよくトラブルが起こるため、注意する必要があります。
しかし、見積書や専門用語を並べられても正直分かりにくいと思います。ですので、しっかりと現地を見ながら確認をするか、逆に「今回塗装しない部分はどこですか?」と逆の質問をした方が分かりやすいかも知れません。

4、塗装工事以外の費用です。

塗装工事には、塗料以外にも費用がかかります。例えば、外壁のひび割れ補修、コーキングの打ち替え工事などなど、「この外壁のひび割れはどうなるんですか?」など聞いたり、事前に見積書に書かれている内容を確認しましょう。

塗り回数を確認する

外壁塗装では下塗り、中塗り、上塗りの3回塗ることが一般的です。下塗りでは、上に塗る塗料が外壁に密着しやすくします。次に中塗りをして、しっかりと乾燥時間を持たせてから、最後に上塗りをします。そうすることで、塗料が持っている性能を最大限に発揮できます。

ここで1回でも塗りの工程を減らすと、最大限に性能を発揮できず、耐用年数が短くなる可能性が高いです。そのため、塗る回数が記載していない場合は、業者に問い合わせましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の見積もりを取るときの注意点をお話させて頂きました。

三重県津市・鈴鹿市での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3