津市 外壁塗装 リペイント匠

外壁塗装が不要なサイディング?注意点を動画付でプロが徹底解説!

津市 外壁塗装 リペイント匠

三重県の津市、鈴鹿市、松阪市でお住まいの外壁塗装専門店をしているのですが、2年ほど前からトラブルの多い外壁塗装が不要なサイディングについてお話していきたいと思います。

外壁塗装が不要なサイディングボード、またはメンテナンスフリーの外壁材ですよ。と新築の時に言われたけど「コーキングも傷んできたし、外壁も少し汚れている気がする」と思われている方見えませんか?

そのサイディングボードは、『難付着サイディングボード』と呼ばれる外壁材です。

この外壁材(サイディングボード)は、名前の通り、塗料が付着しにくい加工がしてあるサイディングボードになります。加工と一言で言いましても、光触媒、セラミックコートなど様々な加工品があります。

ここでは、そんな難付着サイディングボードは本当に外壁塗装が必要ないのか?施工方法を間違えるとどうなるのか?など【動画】でも実験しながら詳しく説明していきます。

出来るだけ詳しく書いていきますので、長文になりますが、最後まで読んで頂ければ、「外壁塗装が不要なサイディングと呼ばれている外壁材」についてバッチリと分かるようになりますので、最後まで読んで頂ければ幸いです。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

リペイント匠、屋根塗装、外壁塗装、アパート

悪意のない知識不足

外壁塗装が不要なサイディングボードという事で、今でも人気な外壁材なのですが、結論から言いますと、外壁塗装は必要です。ただ通常の外壁材と比べて耐久性はすごく長い外壁材になり、塗膜が付着しにくいので外壁塗装をする際は、キチンと知識を持ってないと施工不良になります。

難付着と聞くと「悪い外壁材なのかな?」と勘違いされるといけないので補足するとこのサイディングは、高耐久で質の良いサイディングボードです。しかし、メンテナンスフリーではありません。

目地にコーキングがあればコーキングの打ち替えは必要ですし、外壁塗装は必要なサイディングになります。

ただ通常の外壁塗装のように塗装すると早ければ1年以内、長くても3年以内には「所々、杉皮が剥がれるように塗膜が剥がれる」といったトラブルが発生します。この外壁材が多く新築で使われるようになったのが15年~20年前です。

ちょうど去年あたりからこの外壁材(難付着サイディングボード)の塗り替え時期になり、手抜きではないのですが、知識不足のための施工不良が全国で沢山起きています。

⑵難付着の外壁塗装の時期

マンション・アパートの外壁塗装

難付着サイディングは耐久性が長いです。私たちがお客様の所にいくと築15年でもまだまだキレイな事が多くあります。

ではなぜ、お客様に呼ばれるかというと「コーキングの劣化」です。難付着サイディングにオートンのような高耐久のコーキングをしてあれば20年ほどはメンテナンスがいらないのですが、外壁に高耐久の光触媒などの難付着サイディングを使っているのに、コーキングは普通のウレタンなんてことも沢山見てきました。

ですので、コーキングをキチンとやり替える時に足場も組立致しますので、外壁塗装も一緒にやろうというお客様が多いのです。外壁塗装と一緒にするコーキングはそこまで比重がかからないのですが、コーキング工事だけだと足場工事を含め、割高になってしまうという側面もあります。

⑶知らずに外壁塗装をすると悲惨な事になります。

津市 外壁塗装 リペイント匠

知らずに外壁塗装をすると本当に悲惨な事になります。これは大袈裟でも何でもなく、知らずに通常のように外壁塗装をすると、早ければ次の日の爪で引掻くと剥がれてきます。そうでなくても分かりやすいのは外壁塗装した所をガムテープで貼り、剥がすと塗膜が捲れてきます。

こんな場合は、どうしたら良いのか?

というと「剥離剤」と言い塗料を剥がす材料があるのですが、強力なので、窯業系(セメント系)サイディングに使うと外壁材そのものを溶かしてしまう恐れがあります。金属サイディングですと手間はすごくかかりますが、剥離剤でキレイにしてから塗り直しをする事は可能ですが、窯業系サイディングですと全て手作業で塗膜を剥がすことになります。

↑窯業系サイディングのお家

それでもすべてを剥がしきるという事は現実的に不可能だと思いますので、そういったお客様にお問合せ頂いた際には
『外壁の貼り替え』をおすすめしています。

全て剥がす手間代金を考えると、外壁材を張り替えてもそこまで金額差がないことが多いからです。そして仕上がりも綺麗という事も理由の一つです。

⑷難付着サイディングの見分け方

2色塗り:リペイント匠

見分け方を業者が知って入ればいいのですが、2021年現在では私の肌感覚ですと8割の業者は見分け方を知らないと思います。そんなギャンブルみたいな事より、お客様自身で知っておくと、予防になりますので、安心かと思います。では見分け方なのですが、

・「新築時の図面」

まずは「新築時の図面」です。新築時の図面が残してありましたら、外壁材の所を確認頂きたいのですが、外壁材の名称がありましたら、ググってみましょう。『〇〇セラ』と書いてあるものは、セラミックの略なのですが、大体、難付着サイディングの可能性が高いです。

・ラッカーシンナーで試す

津市 外壁塗装 リペイント匠

ホームセンターなどで購入する事が出来る「ラッカーシンナー」をウエスやいらないタオル、衣服などに染み込ませて、外壁材を力いっぱいゴシゴシと擦ると分かります。

外壁塗装が可能な通常のサイディングであれば、表面の色が溶けて、色がウエスに付きます。逆に力一杯ゴシゴシと擦っても色がウエスに付かない場合は、難付着サイディングになります。

ラッカーは強力なシンナーですので、手荒れとか心配な方は、お気軽にご相談してください。私たちが無料で確認に行かせて頂きます。

⑸築15年以上が経ち外壁材がキレイな場合は疑うようにしましょう

津市 外壁塗装 リペイント匠

築15年以上で外壁材がキレイな場合は、まず難付着サイディングなのかな?と疑うようにしましょう。「築15年だし、外壁塗装しようかな~」と考えて、その業者が、半分素人みたいな営業で難付着サイディングの存在や見分け方を知らずに外壁塗装して、責任問題の時に逃げてしまわれては大変です。まずは築15年以上たち外壁材がキレイな場合は、今すぐ外壁塗装をするか、しないか、関係なく図面で確認する事をおすすめします。

⑹正しい外壁塗装のやり方

外壁塗装

難付着サイディングボードでも外壁塗装は必要だとお伝えしたのですが、では難付着サイディングボードの正しい外壁塗装のやり方、失敗しないためにはどうしたら良いのかを説明していきたいと思います。

外壁材と上塗りの間に塗る、「下塗り塗料をキチンと専用のものを選定する事です」9年ほど前に難付着の金属サイディングを外壁塗装したことがあるのですが、その時は専用の下塗りがあまり存在していなかったので、表面のコーティングを全て電動工具などを使いケレンしてから外壁塗装をしていたのですが、今は各メーカーから色々な専用の下塗り塗料が販売されていますので、施工店の我々としてはすごく楽になりました。

日本ペイント専用下塗り塗料

津市 外壁塗装 リペイント匠

エスケー化研専用下塗り塗料

津市 外壁塗装 リペイント匠

難付着サイディングを外壁塗装する場合の注意点として、必ず専用の下塗り材を使う。という事です。

日本ペイントなら弱溶剤高付着浸透形ハイブリッドエポキシシーラーのファインパーフェクトシーラー。
エスケーなら、広範囲適用型弱溶剤特殊エポキシ樹脂シーラーのエスケーハイブリッドシーラーEPO。

各塗料メーカーで様々な専用塗料が販売されていますので、外壁塗装をする事に何の問題もないのですが、業者の『知識不足』という点が一番の問題になります。

【超簡単】難付着サイディング見分け方・外壁塗装したらどうなる?

外壁塗装が不要なサイディング?:まとめ

外壁塗装が不要なサイディングについて出来るだけ詳しく書いてみました。いかがだったでしょうか?大事な事は、メンテナンスフリーと呼ばれる外壁材でも外壁塗装は必要な事とその外壁材を見抜く知識があるか?どうかが大事です。

三重県全域、津市、鈴鹿市、松阪市、名張市、亀山市、四日市市にお住まいで、皆さんのお住まいの外壁材が「これそうかな~?」と疑問に感じましたらお気軽に「ホームページ見たんですけど…」とお問合せください。

出来るだけ詳しく書いたつもりですが、他にもご質問やご相談などございましたら、いつでもお気軽にお問合せしてください。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市を中心に三重県にお住いの方で外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

お問い合わせ
外壁塗装 YouTube リペイント匠

リペイント匠のYouTubeチャンネルでも、外壁塗装、屋根塗装、屋根工事、防水工事などお役に立つ情報からお客様の声など色々な動画をUPしていますので、ぜひチャンネル登録をして見てみてください😊

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ