見積書、外壁塗装、リペイント匠

外壁塗装の見積書の注意点!7つの項目!見積書の簡単な見方

初めて外壁塗装をしようかと検討されている方で、

「結局、どこへ頼んだらいいの?」

「業者が多すぎてどこに頼んでいいのか?」

「そもそも見積もり書を見ても専門用語だらけで分からない」

この様に御悩みの方は多いのではないでしょうか?

はじめての外壁塗装で何を基準にしていいのか?

分からないというのは最も多い意見で、弊社でも「どうして弊社を選んで頂けましたか?」という質問で最も多いのが「直感」という項目が本当に多いです。

ですので、私たちは日々「どうしたら分かりやすくなるか?」を考えています。

そこで判断基準としては最もわかりやすい「外壁塗装の見積もりの注意点」というところに焦点を合わせ書いていきたいと思います。

ここに書いてあること以外で分かりにくいところなどあれば、お気軽にお問い合わせください。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

マンション・アパートの外壁塗装

意外かも知れませんが、外壁塗装で失敗されるパターンで一番多いのが、外壁塗装について色々と勉強熱心な方で「いい塗料と金額」にだけ焦点を当てて考えられている方が多い傾向にあると思います。

塗装の質といのは、お客様がいくら勉強しても私たちプロなら分かることですが、やろうと思えば抜け道は(手抜き方法)はいくらでもあります。

「見積書に良い塗料、安い金額」を書いて、手抜きをしながら利益を出すというのは意外にプロであれば、無茶な金額でない限り、そんなに難しい事ではないのです。

・良い塗料

塗料、外壁塗装、リファイン、リペイント匠

まず「良い塗料」というところで言いますと、今まで2000件以上の戸建て住宅を塗装してきましたが、

「実際に、現場がスタートしてから、見積書通りの塗料か?」

を確認されているお客様は私の知る限り3人もいません。

今の時代見積もり書に記載されている塗料と違う塗料を使うなんて考えにくいことですが、その様な現実があることを知っておいていただいたほうがいいと思います。

そしてこれは本題と関係ないかも知れませんが、戸建て住宅に絶対に使わないほうがいい塗料というものがあります。

・戸建て住宅に使うべきではない塗料

石調、外壁塗装、リペイント匠

いわいる「石調」塗料と呼ばれるものです。

この石調には特徴がありますので、ついでに記載しておきます。この石調を販売しているのは、ほとんどが訪問販売だとは思いますが、

「高級な」

「天然石配合セラミック塗料」

「耐久性20年~30年」

「吹き付け工事」

営業マンとお話ししているときに、この様なフレーズが出てきたら「要注意」です。

石調塗料が悪いという訳ではなく、戸建てには向いていないというだけです。本来、大型物件の外壁自体に揺れの影響が少ない建物に向いていて、戸建て住宅に使うのは、将来的にデメリットばかりです。

石調塗料は色々と種類がありますし、この塗料が悪い訳ではなく、使う用途が悪いので、塗料名は記載しませんが、上記の様なフレーズが出たら石調塗料だと思っていただいて大丈夫かと思います。

使わない方がいい理由

・高い(実際の工事費は吹き付けなので安いです)

・追従性がないので、ひび割れが起きやすい

・次回のコーキングカットが大変

・下地がボロボロになるので、次回の外壁塗装の時の下地処理が大変

・次回の外壁塗装時に「膨れ」が起きやすい

・石調ではないおしゃれな多彩色塗料

外壁塗装、おしゃれ、戸建て、リペイント匠

石調は色々と色があり、確かにおしゃれに見えます。

ですが、多彩色塗料は石調だけではありませんので、「お家をおしゃれに多彩色で塗装したい」とご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

・金額

安い金額についても、見積もりに合わせた操作はそんな難しい事ではありません。

これは皆さんお分かりだと思いますが、2回塗り、1回塗りでも大きく人件費が変わります。

特に外へj気とそうは皆さん、「3回塗っているのかなぁ」と気にされがちだと思いますが、雨樋、雨戸、樋などの付帯部分については、あまり気にされていないのが現状だと思います。

・意外と人件費がかかる「付帯部分」

津市、塗装職人、リペイント匠

あと一般の方ですと「え!?そうなの」と思われると思いますが、実は木部の付帯部分が多い、和風のお家なんかですと外壁塗装と同じくらいに付帯部の塗装が手間がかかり、人件費がかかることも、あります。

その手間が「1回塗り」と「2回塗り」だとかなりの人件費が変わるのは容易に想像できると思います。

・付帯部の塗料

また外壁塗装の塗料は皆さん気にされても、付帯部の塗料は気にされる方が少ないです。

ですが、外壁よりも付帯部の方が劣化が早いのはご存知でしたか?

先日もYouTubeのコメントで同様の方からどうして外壁がシリコンで付帯部がフッ素なんですか?」と質問がきましたが、多分、入社したての塗装職人の方だと思います。

「実際に付帯部の方が痛みが早いことを知らない塗装職人もいる」ということなんです。

そこにもびっくりしましたが、ということは、一般のお客様はもっと知らない人が多いという事です。

その付帯部にウレタン塗料などを使われているのが、まだまだめちゃくちゃ多いです。塗装専門店、リフォーム会社、ハウスメーカーですら付帯部はウレタン塗料というところもまだまだあります。

養生一つにしても手間を抜く方法や、隙間の少ないところは中塗り止めなど、まだまだ書ききれない値段を調整できる部分が多いので、注意が必要です。

⑵外壁塗装の見積書の項目はたった5つだけ。

見積もり提出

外壁塗装の見積書というのは、会社によって、

「項目の多さ、見積書の枚数、書き方」が、フランチャイズは別にしてバラバラです。

当然、弊社も独自の見積書などで作成しています。会社によっては、分かりにくい様に凄く細かく出すところ、坪数で簡単に見積もりするところ、様々です。

ですが、実は、外壁塗装の見積もりというのは「すごく単純な見積もりです。」どれだけ細かく項目が記載されていても、「大きく分けると、たった5つのことなのです」

・足場組み立て、解体工事

塗装職人が仕事をするためのなくてはならない工事になります。

内項目

・養生シート張り

・昇降設備などなど

・下地処理

高圧洗浄やひび割れ補修、コーキングなどです。

内項目

・コーキング工事

・ひび割れ補修

・高圧洗浄

・張り替え工事

・金具取り替えなどなど

・外壁塗装

メインの外壁塗装を3回塗る工事になります。

内項目

・下塗り

・中塗り

・上塗り

・屋根塗装

屋根の塗装工事になります。

内項目

・ひび割れ補修

・釘打ち

・鉄部錆止め

・下塗り

・中塗り

・上塗り

・付帯部の塗装

雨樋や雨戸、庇などの外壁以外の塗装部分の事です。

内項目

・ケレン

・下塗り

・中塗り

・上塗り

これだけです。ですので、見積もり書で比較検討する際は、赤いボールペンなどで、この5つに分けて見てください。

分からなければ、「ここは下地処理の工程ですか??」などと聞いてしまえばいいと思います。

そしてその5つで「どこに費用が多くかかっているのか?」など比較検討の材料になると思います。YouTubeでも、この外壁塗装に関する見積もりに関してUPしてありますので、ぜひ見てみてください。

【超簡単】外壁塗装30坪の相場・適正価格・費用面

⑶分からない項目が見積もりにないか?

外壁塗装、津市、シリコン、リペイント匠

上で見積もり書の簡単な見方についてお話ししましたが、

「分からない項目が見積書の中にないか?」

ここも凄く大事なポイントの一つです。

弊社では、お客様に全てお分かり頂ける様に、一つ、一つご説明してはいるのですが、有難いことに

「任してあるから大丈夫だよ」

と言って頂ける事があります。弊社ではありえませんが、

完了してから見積書に記載してある工事がしていなかった。

見積もり書の仕様と違う塗料が使われている。

2回を1回しか塗っていない。

こんな事があっては大変です。

またしっかりと見積もり書を業者と一緒に確認していないと

「ここは見積もり書にないので、工事は出来ません。追加工事になってしまいます。」

なんて「初めは安くて良心的だと思っても」工事完了してから、結果、高くなって感じが悪かったとなっては、決して気分の良いものではないと思います。

そしてそんな所がキチンと施工しているとは、思えません。ですので、要望は口頭で伝えたから安心だろう。ではなく見積もり書も確認するべきだと思います。

⑷大きな値引き、足場代金無料などないか?

外壁塗装、津市、鈴鹿市、松阪市、リペイント匠

見積もり書を提出してきた時より、少しお話ししていると

「お客様のお家は立地がよく、よく目立つし、200万円かかるところを100万円で工事しますね」

などと、こちらが「値引きしてくれ」とも言っていないのに、いきなりありえない値引きをしてくる業者には注意です。私から言わせれば「それなら最初からその金額で見積もり書を作ってきたら?」と思ってしまいます。

・近くに現場があるから足場代無料

見積もり書提示した時に

「近くに現場をしていますので、足場代金が無料になります」

これに引っ掛かる方が非常に多いです。足場代金というのは、足場を組み立てるのに2人、足場を解体するのに2人で、計4人分の人件費、トラック代、材料代、番線(鉄線)、シートの紐など消耗品がかかってきます。

これを近くに現場があるからと言って無料になんてなるはずがありません。

足場材が、近くにあろうと、資材置き場にあろうと、積み込んで、荷下ろし、組み立てという工程は減りませんので、安くなる事はありえません。

ここも何となくの想像で話しているわけではありません。私は元々、足場職人をしていた経緯から話をしているので、間違いありません。

何度も言いますが、近くの現場から足場材を運ぶにしても、資材置き場から運ぶにしても、何も職人の手間的には変わりないのです。

⑸外壁塗装に使う塗料は、正しい缶数表記は出来ない

これはお客様からお伺いした事なので、どこの会社とも変わらない事なのですが、

「見積書に塗料の使用する缶数を表記していないとダメな業者だと言われました」

と聞いた事があります。

外壁でもガイナとかですと、

「3回塗りをしたけど前回の外壁の色が透けているので、もう1回追加注文して塗装する。」

屋根とかですと、

「吸い込みが激しいので、下塗りを2回、3回と塗り重ねる」

というのは普通にある事です。

缶数表記を見積もり書に書いてあると、逆に「下塗りの役目をキチンと果たしていないけど3回は塗装したので、もう終わりです。」この様なこともありえるのか?と思います。

「缶数表記が見積もり書でしない、というのは、塗る回数を減らすなど、手抜きをするためではなく、キチンとした塗装工事をするために現場で高圧洗浄したあとの痛み具合などを見て判断という事があるからなのです。」

⑹見落としがちな項目

コーキング

ここも見落としがちな項目ですが、どれだけ良い塗料で外壁塗装をしても、外壁や窓周りの目地のコーキングが割れたりしては意味がありません。

コーキングにも良いもの、ホームセンターに売っているようなDIYレベルのものまで、沢山尾種類があり、また色なども外壁の色に合わせて色々とご用意しています。

外壁塗装の役割が「美観」であれば、コーキングは「躯体の維持」という役割を持っています。外壁塗装をする際にはコーキングにもこだわる事をおすすめします。

⑺見積書のチェックポイント

津市 外壁塗装 リペイント匠

見積書の中でも特に見ておいた方がいいのは「耐久年数」「保証年数」この2つは特にキチンと見ておいた方がいいと思います。またその会社が記載してある「保証年数までキチンと存続できる会社」なのかも重要です。

お客様によく聞く話ですと「雨漏りとか色々問題があるんだけど、建ててくれた工務店が潰れていてor連絡がとれないから…」こういった話は本当に多いです。どれだけ保証年数があろうと、会社が潰れていては話にもなりません。

「外壁塗装をして3年で不具合が出たけど、連絡がつかない」とかでも、保証の意味は全くありません。

ですので、キチンとしている会社かどうかを見極める力も必要だと思います。

今はインスタグラム、フェイスブック、YouTubeなど色々なSNSもあります。10年に一度の工事です。業者選びは慎重にしましょう。

おわりに

外壁塗装の見積書の注意点について書かせていただきました。いかがだったでしょうか?

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

津市・松阪市・鈴鹿市を中心に三重県にお住いの方で外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

リペイント匠のYouTubeチャンネルでも、外壁塗装、屋根塗装、屋根工事、防水工事などお役に立つ情報からお客様の声など色々な動画をUPしていますので、ぜひチャンネル登録をして見てみてください😊

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心に三重県全域が施工範囲です。住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ