雨漏り 外壁塗装 リペイント匠

雨漏りでお困りの方へ!外壁塗装の重要性をお伝えします!

雨漏り 外壁塗装 リペイント匠

雨漏りといえば、屋根から水がぽたぽた垂れてくるイメージですよね。

しかし、雨水の侵入経路は屋根に限らず、壁からも侵入してくる場合があります。

外壁のメンテナンスを怠ると、外壁からの雨漏りが起こってしまいます。

そのような事態を避けるにはどうすれば良いのでしょうか。

また、外壁から雨漏りが起こった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

この記事は名張市周辺で、雨漏りを心配している方・悩まされている方、外壁塗装の効果や費用を知りたい方に向けた記事です。

ぜひこの記事を参考にして、外壁塗装への理解を深めてくだされば幸いです。

□外壁が雨漏りする原因は?

四日市市 外壁塗装 リペイント匠そもそも、雨漏りはどういった原因で発生するのでしょうか。

その原因の一つに、建物外壁の下に施された雨仕舞と呼ばれる耐水層の部分が挙げられます。

この部分は、防水シートや防水シートで構成されており、塗装面を抜けてきた雨水を中まで到達させない耐水構造になっています。

この雨仕舞は、地震などによって建物が歪んでしまって場合や、外壁が動いてしまった場合でも、そこまで簡単に破損することはありません。

しかし、外壁のメンテナンスを怠った場合や、建物が老朽化していると、ちょっとした揺れや夏場の高温による建物の伸縮がきっかけで、破損が起こります。

□定期的な外壁塗装の重要性と防水効果について

外壁塗装 リペイント匠 専門店

よく聞かれる誤解として、外壁塗装は単なるペンキ塗りだという考えです。

外壁塗装には、外観の景観維持という側面が確かにありますが、それ以上に「建物の保護」という目的があります。

外壁を風雨や紫外線から守ることで、住宅を長持ちさせる効果があるのです。

外壁を塗装する際に、ひび割れやコーキングなどの補修もしてもらえる場合もあるので、大切なお家を長持ちさせることに非常に有効です。

この章では、外壁塗装の重要性とその効果について、より具体的に解説します。

*外壁塗装の重要性

外壁塗装の表面が劣化すると、壁の内側に雨水が侵入し、家の中に水が流れ、やがて深刻な雨漏りに発展します。
雨漏りを放置すると、内壁や天井裏が腐り、建物の寿命も縮む場合があります。

被害が深刻化するほど修理費も高額になり、最悪の場合、建て替えまで必要になる可能性もあります。

雨漏りが判明した際は、なるべく早く雨漏りの原因箇所を見つけ、修理をしましょう。

外壁塗装の際、壁のひび割れやつなぎ目の補修工事も同時に行う事で、建物の防水機能を維持しましょう。

*外壁塗装の効果

前述の通り、外壁塗装をすることで、外壁を紫外線や風雨から守る効果があります。しかし、塗料は紫外線に弱く、樹脂の耐用年数が経過すると、防水効果が薄れます。

この塗料の耐用年数や効果、値段は、塗料に混ぜられた樹脂成分によって異なるので、住宅の構造や建材、立地条件や気候などに合わせて最適な塗料を選びましょう。

その樹脂成分の例として、現在の日本の住宅で最も主流なのはシリコン樹脂塗料です。

価格についてはウレタン樹脂よりも高くなりますが、耐用年数が長く、次の塗り替えまでの期間が長くなるため、費用対効果の点で優れています。

□雨水の侵入箇所と補修方法について

外壁塗装工程、手順、リペイント匠

外壁からの雨漏りは非常に気付きにくいです。

屋根からの雨漏りが、天井から水滴がぽたぽたと落ちる音がする場合があるのに対して、外壁からの雨漏りは、しみ込んできた雨水は壁材に含水され、被害が目に見えることが少ないからです。

部屋の壁に雨染みを作っている場合は、雨漏りが非常に深刻なケースがほとんどです。

それでは、外壁の何が問題で雨漏りが起こるのでしょうか。
この章では、その原因の代表例と、それぞれの補修方法について紹介します。

1つ目の原因は、サッシからの雨漏りです。

窓に取り付けられたサッシ周りのシーリング材が経年劣化する場合や、サッシを固定する釘やビスなどが変形等することで、雨水が侵入してしまいます。

この場合の補修方法として、

・シーリング材の増し打ち、打ち換え
・サッシの再固定、または交換

が有効です。

2つ目の原因は、窯業系サイディングのシーリング材劣化による雨漏りです。

外壁材の一種であり、住宅によく用いられている窯業系サイディングの目地は、シーリング材によって充填されています。
このシーリング材が劣化することで、そこから雨水が侵入することがあります。
この場合の補修方法として従来のシーリング材を撤去し、新たに充填することが有効です。

3つ目は、外壁の傷や変形による雨漏りです。

モルタルの外壁のひび割れや、窯業サイディングの反り、釘の抜けた穴などから雨水が侵入することもあります。
これらのケースでは、雨水の侵入経路が分かりやすいです。

この場合の補修方法として、軽微な場合、

・モルタル外壁のひび割れには、パテやシーリング材を充填する
・変形した窯業サイディングは、ビスなどで固定し矯正・固定する
・釘穴には、パテやシーリング材を充填する

ことが有効です。

□外壁のメンテナンスにかかる費用について

外壁塗装、見積もり、リペイント匠

外壁には定期的にメンテナンスが必要であることは理解していただけかと思いますが、それではそのメンテナンスにはどれほどの費用がかかるのでしょうか。

その費用は、使用している壁材や塗装、メンテナンス内容によって異なり、一概に費用の相場は算出できません。

しかし塗装だけで見た場合、標準的な洋風の30坪2階建て住宅であれば、

・約80万円~110万円

が相場です。

□自分でできる応急処置とは?

津市 外壁塗装 リペイント匠

雨漏りが起こった際、雨漏りの進行具合や、住宅の劣化の度合いによって、建物の壁材を剝がしたうえで、その下の素材を修理・交換をするなどします。

それほど規模の大きい補修が必要な場合、完全に雨漏りを修理するには業者へ修理依頼が必要になる場合があります。

しかし、業者が着工するまでの間、雨漏りの被害を最小限に抑えたいと考える人は多いかと思います。
この章では、そういった方に向けて、DIYでも可能な応急処置の方法をご紹介します。

1つ目は、バケツやブルーシートを用いて落ちてくる水を防ぐことです。

雨漏りで部屋へ水が侵入している場合は、その水を防ぐことが急務です。

家具や住居への被害が拡大しないようにするためにも、水が落ちてきている場所に新聞紙やブルーシートを敷き、その上にバケツを置きましょう。

水がはねないように、バケツの中に新聞紙を入れておくのも有効です。

2つ目は、コーキング材で穴をふさぐことです。

外壁のシーリングに使用するコーキング材や、補修に必要な道具はホームセンターやインターネットで購入することができます。

シーリングがひび割れているなど、比較的軽度の劣化の際は、劣化している箇所に自身でコーキング材を充填することが有効です。

しかし、ひび割れが激しい場合やシーリング以外の箇所がひび割れている際は、さらに本格的な工事が必要となるケースがあります。

外壁にひび割れがある場合は、ビニールシートをかぶせ応急処置をすることが有効です。

DIYで、外壁のシーリングにコーキング材を使用する際の手順を合わせてご紹介します。

応急処置として外壁にコーキング材を使用する際に用意するのは

・コーキング材
・打ち付けのためのコーキングガン
・下塗り材と塗るための刷毛
・外壁を守るためのマスキングテープ
・コーキング材を成形するためのヘラ

が必要となります。

手順としては、

1.補修箇所周辺をマスキングテープで覆い、外壁にコーキング材が付着しないようにする
2.補修箇所に下塗り材を塗る
3.コーキングガンを用いてコーキング材を充填する
4.ヘラでコーキング材を成形する
5.マスキングテープを剥がし、コーキング材を乾燥させる

となります。

シーリング材の劣化が激しい場合は、本格的な工事が必要となりますので、応急処置ではなく完全に修復したい場合は、業者に依頼しましょう。

また、応急処置によって雨漏りが改善すれば幸運ですが、雨漏りの原因が分からないまま応急処置を繰り返した場合、より悪化してしまう可能性もあります、

例えば、不適切な応急処置によって雨水の侵入経路が変わった場合、その根本的な原因特定が一層難しくなり、無駄な出費と手間をかけて応急処置を繰り返すことになってしまいます。

このような事態を避けるためにも、原因が明確でない場合は業者を利用することが最も近道になることがあります。

□外壁塗装をする際の注意点とは?

外壁塗装、時期、リペイント匠

業者へ外壁塗装を依頼する際、その施工に伴って気を付けるべき点がいくつかあります。

外壁のメンテナンス中は、足場を組み、窓やエアコンの室外機が塗料で汚れないように養生を行います。

したがって窓を開けられない、エアコンが使用できない、といった不都合が生じる場合があります。

また、洗濯物などをベランダで干すことが難しくなることもあるので、室内干しができるようにあらかじめ準備が必要です。

窓を開け閉めしたい場合や、その他必要があれば、養生を行う前に業者と相談しましょう。

エアコンの室外機に関しても、室外機周辺の作業中以外は、エアコンが使用可能なように養生を外してくれることも多いです。

□まとめ

今回は、
・「外壁が雨漏りする原因」
・「定期的な外壁塗装の重要性と防水効果」
・「雨水の侵入箇所と補修方法」
・「外壁のメンテナンスにかかる費用」
・「自分でできる応急処置」
・「外壁塗装の際の注意点」
についてご紹介しました。

外壁塗装をすることは、景観の維持だけでなく、建物の保護や雨漏り防止の観点から非常に重要です。
皆さんの大切なお家を長持ちさせるためにも、当記事を参考にして自身でDIYを行う、業者へ依頼するなど、ぜひネクストアクションを考えてみて下さい。
名張市周辺で外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ