外壁塗装 遮熱塗料 断熱塗料

【動画有】外壁塗装の遮熱塗料と断熱塗料~その違いや特徴、費用相場、選び方を徹底解説

外壁塗装 遮熱塗料 断熱塗料

外壁塗装するだけで快適な室温が期待できる『遮熱塗料』と『断熱塗料』。

 

遮熱や断熱効果に優れているために、塗装工事で採用されるケースが増えています。

 

ただ、遮熱塗料と断熱塗料は区別されているものであるために、その違いや特徴を把握して適している塗料を選択しなければなりません。

 

では、遮熱塗料と断熱塗料の違いをご存知でしょうか。

 

そこでこの記事では、遮熱塗料と断熱塗料の違いをはじめ、メリット・デメリット、代表的な塗料の紹介などについて、三重県津市、鈴鹿市、松阪市、亀山市、名張市、伊賀市の外壁塗装専門店が詳しくお伝えしていきましょう。

 

 

外壁塗装の遮熱塗料と断熱塗料の違い

【超簡単】遮熱塗料と断熱塗料の違いや効果、太陽光パネルがある屋根にも効果があるのか? を詳しくプロが解説

外壁塗装で人気のある『遮熱塗料』と『断熱塗料』。

 

近年の暑すぎる夏でも、快適に過ごせそうなイメージがありますよね。

 

ただ、冒頭でもお伝えした通り、遮熱塗料と断熱塗料は本来、同じ機能ではなく、決定的な違いがあります。

 

外壁塗装の相見積もりで、遮熱塗料と断熱塗料を別々の塗装業者が提案してくるようなこともありますので、その違いを把握しておいた方が良いでしょう。

 

ここでは、それぞれの塗料の持つ機能や特性など、さまざまな違いについてご紹介していきます。

 

遮熱塗料と断熱塗料とは?

遮熱塗料と断熱塗料の違いを一言で表現すると、

 

  • 遮熱塗料:太陽光を反射させる
  • 断熱塗料:熱を伝えにくくする

 

といった特徴があります。

 

『遮熱塗料』は、塗膜に差し込んでくる太陽光が反射しやすい性質を持っており、外壁の表面温度を上がりにくくし、結果的に夏場の室温の上昇を食い止める効果があります。

 

『断熱塗料』は、塗膜から熱そのものを伝えにくい性質を持っており、また室内から外側に温度を逃がしにくくします。

 

そのため、遮熱塗料を活用すれば、夏場でも室内の温上昇を抑えることができ、断熱塗料であれば、室内の温度を保つことができますからエアコンの効率が良くなります。

 

遮熱塗料と断熱塗料の効果の違い

遮熱塗料と断熱塗料の違いは、『太陽光の反射』『熱が伝わりにくい』という点にありますが、実際にどのような効果の違いがあるのでしょうか。

 

『遮熱塗料』を採用した場合、塗膜で太陽光が反射して、外壁に熱が吸収されることを防げますから、夏場の温度上昇をかなり食い止めることができます。

 

例えば、陽ざしがかなり厳しい場所にある戸建て住宅であれば、外壁や屋根に塗装することによって、室内の温度上昇が抑えられエアコンが効きやすくなります。

 

戸建て住宅の2階や3階など、屋根下の階での蒸し暑さに困っているご家庭であれば、解消することが期待できるでしょう。

 

環境省が行った実験では、遮熱塗装した金属屋根では、塗装前と比較して約6℃程度低下し、室温は2~3%程度低下したという報告があります。

 

『断熱塗料』を採用した場合には、熱を伝えにくくする性質がありますから、外気と室内の温度差を保つことができます。

 

つまり、厳しい夏の日でも室内は涼しく、雪の降る冬の日でも室内を温かく保つことができるのです。

 

環境省が行った夏場での実験では、塗装前と比較して室温が約3%程度低下したという報告があります。

 

そのようなことから、1年を通して考えると、光熱費を削減できるのは断熱塗料であると言われています。

 

遮熱塗料と断熱塗料の耐用年数の違い

遮熱塗料と断熱塗料はさまざまなグレードの塗料が販売されているため、そのグレードによって耐用年数は異なります。

 

一般的には、

 

  • 遮熱塗料:10年~20年程度
  • 断熱塗料:12年~20年程度

 

と、若干ですが、断熱塗料の耐用年数が高くなる傾向にあり、その分、費用相場も断熱塗料の方が高くある特徴があります。

 

そもそも遮熱塗料でも断熱塗料でも、紫外線を吸収する作用があるため、一般的な塗料よりも劣化しにくいと言えます。

 

紫外線の影響を受けて劣化してしまうならば、遮熱や断熱と言った特徴的な効果が発揮できなくなってしまうため、当然のことでしょう。

 

遮熱塗料と断熱塗料の費用相場の違い

  • 遮熱塗料:2,200円~3,500円
  • 断熱塗料:2,900円~4,600円

 

一般的には、2つの塗料の費用相場には、上記のような違いがあります。

 

費用相場の幅がかなり広いように感じるかもしれませんが、いずれの塗料にもグレードがあり、そのグレードによって費用が異なるからです。

 

先ほど断熱塗料の方が、耐用年数が長い傾向があるとお伝えしましたが、耐用年数に比例して費用相場もアップする特徴を持っています。

 

 

遮熱塗料のメリット・デメリット

伊賀・名張市 外壁塗装 リペイント匠

遮熱塗料は、太陽光を反射させて外壁の熱の吸収を防ぐことができますから、夏場に室温の蒸し暑さに悩まされているご家庭ではおすすめの塗料です。

 

ただ、デメリットもありますので、メリットとのバランスで決定するといいでしょう。

 

ここでは遮熱塗料のメリット・デメリットと共に、選ぶポイントについてご紹介します。

 

遮熱塗料のメリット

  • 夏場のエアコンによる電気代を抑えられる
  • 塗膜の劣化が生じにくい
  • 補助金・助成金が受けられる可能性が

 

遮熱塗料は特に夏場での役割が大きく、太陽光を反射することによって熱を外壁に吸収しにくくなりますので、室内のエアコンが効きやすくなります。

 

環境省の調査でも室温が2~3%程度低下したというデータもあることから、エアコンの温度設定を調整できますので、電気代の抑制に繋がります。

 

一般的な塗料は、太陽の熱によっても劣化が生じますが、遮熱塗料の場合には熱が吸収されにくい傾向にありますから、それだけ劣化も生じにくいと言えます。

 

さらに、自治体ではヒートアイランド現象の抑制のために、遮熱塗料による外壁塗装に補助金を給付している事例がありますので、お得に外壁塗装に取り組める可能性があります。

 

気になる方は、お住いの地域の自治体ホームページで確認してみましょう。

 

遮熱塗料のデメリット

  • 塗膜の汚れによって効果が落ちてしまう
  • 冬の室温を保つことができない
  • 一般的なシリコン塗料よりもコストは高め

 

遮熱塗料は太陽光を反射させる性質がありますが、塗膜の汚れや劣化によってその機能も落ちてしまうことになります。

 

そのため遮熱塗料を選ぶ場合であれば、親水性の高い塗料を選んでおき、雨水によって汚れを流してくれる機能を有している塗料を選択すると良いでしょう。

 

また、断熱効果はありませんので、冬場の冷気を伝えにくくすることはできません。

 

寒さに悩まされているケースであれば、断熱塗料を選択することをおすすめします。

 

さらに、外壁塗装で一般的に活用されているシリコン塗料と比較すると、費用相場は高い傾向にあります。

 

一時的な費用を抑えたい場合であれば、不向きであると言えるでしょう。

 

 

断熱塗料のメリット・デメリット

鈴鹿市 外壁塗装 リペイント匠

断熱塗料は、熱そのものを伝えにくい性質があるために、外気と室温に差を付けることができ、夏は涼しく冬は温かく保つことができます。

 

ここでも遮熱塗料と同じようにメリット・デメリットについてお伝えしますので、そのバランスから塗料を選ぶようにしてください。

 

断熱塗料のメリット

  • 夏でも冬でも室温を快適にできる
  • エアコン効率を良くし節電に繋げられる
  • 結露の発生を抑えられる

 

断熱塗料は、熱を伝えにくくする性質があることから、夏でも冬でも室内の温度が快適にできる効果が期待できます。

 

近年のように暑すぎる夏でも、熱を室内に伝えにくくなりますので、室内の温度上昇を抑えることができ、冬場でも冷気が室内に伝わりにくいために、温かいまま保つことができるのです。

 

環境省のデータでは、夏場において3℃程度の抑制効果があったと報告されていることから、エアコン温度の調整によって、節電効果も発揮します。

 

冬場でも室内の熱を逃がしませんから、エアコンの使用頻度を減らせる可能性があります。

 

また、断熱塗料には結露を防止できることが期待できます。

 

結露は温度変化によって生じ、室内と室外の温度差が大きいと発生しやすくなりますが、断熱塗料を活用すれば外壁や屋根が室内の温度と近づきますので抑制できる可能性があるのです。

 

断熱塗料のデメリット

  • 塗料費用が高め
  • 断熱効果が実感できないことも
  • 選べる色や機能に限りがある

 

断熱塗料は、塗装コストが一般的なシリコン塗料などと比較すると高くなる傾向にあります。

 

そのため塗装コストをできるだけ抑制したいというご家庭には向いていないと言えます。

 

ただ、耐用年数が15年から20年程度と長く、シリコン塗料が10年前後であることを考えれば、コストパフォーマンスは高いと言えます。

 

塗り替え頻度を少なくしたいのであれば、おすすめできる塗料です。

 

また断熱塗料を活用しても、必ずしも断熱効果が期待するほど実感できない可能性があります。

 

夏場に暑くなる、冬場に寒くなるという原因は、別のところにもあるからです。

 

そのため、室温や電気代で悩まれているご家庭であれば、まず知識や経験が豊富な塗装業者に相談してみることをおすすめします。

 

さらに、断熱塗料は一般的なシリコン塗料よりも塗料の種類が少ないため、選べる色や艶などが限定されてしまう可能性があります。

 

どのような塗料があるのかについても、塗装業者に相談してみるといいでしょう。

 

 

代表的な遮熱塗料と断熱塗料

外壁塗装 遮熱塗料 断熱塗料

それでは、代表的な遮熱塗料と断熱塗料をご紹介します。

 

冒頭から、遮熱塗料と断熱塗料の違いについてご紹介しましたが、塗料の中にはどちらの機能も有しているものも存在します。

 

H3 代表的な遮熱塗料

  • ガイナ(日進産業)
  • サーモアイシリーズ(日本ペイント)
  • クールタイトシリーズ(エスケー化研)

 

『ガイナ』は日進産業が提供する塗料であり、遮熱効果だけではなく断熱効果も高いために、断熱塗料でもご紹介しています。

 

遮熱塗料・断熱塗料においては圧倒的なシェア・知名度となっている製品で、特殊セラミックを用い、JAXA(宇宙航空研究開発機構)のロケット技術を応用して作られています。

 

『サーモアイシリーズ』は、塗料メーカー大手の日本ペイントが提供している塗料で、最高クラスの遮熱性能を持っているのが特徴となっています。

 

『クールタイトシリーズ』は、エスケー化研が製造する塗料で、グレードは樹脂によって5種類用意されています。

 

代表的な断熱塗料

  • ガイナ(日進産業)
  • キルコ ※旧名キルコート(シンマテリアルワン)
  • ドリームコート(関西ペイント)

 

『ガイナ』は上記でもお伝えした通り、遮熱効果・断熱効果の高い塗料となっています。

 

『キルコ』は、キルコートという名称で親しまれていた塗料で、伸縮性の高さからひび割れのしやすいモルタル外壁で使用されるケースが増えています。

 

こちらも断熱効果と共に遮熱効果にも優れており、メーカーが発表しているデータでは、エアコン効率が上がるために15%~40%程度の電気代を削減できると公表しています。

 

『ドリームコート』は、大手塗料メーカーの関西ペイントが提供している塗料で、従来の断熱塗料と比較して、熱を1/5しか伝えないとメーカーが公表しています。

 

さらに防水性にも優れており、雨水から外壁を守ることや、結露防止が期待できます。

 

 

まとめ

外壁塗装の遮熱塗料と断熱塗料の違いについて、特徴や費用、メリット・デメリット、代表的な塗料など、詳しくご紹介しました。

 

  • 遮熱塗料:太陽光を反射させる
  • 断熱塗料:熱を伝えにくくする

 

といった特徴的な違いがありますので、その特性にあわせて選択することが大切です。

 

室温を快適に保ち、エアコン効率を良くして電気代を抑制する効果がある半面で、費用が一般的な塗料よりも高くなる傾向があります。

 

ただ、耐久性が高くコストパフォーマンスが良いために、塗り替え頻度をできる限り抑えたいというご家庭にはおすすめです。

 

遮熱塗料と断熱塗料は、日進産業が提供する『ガイナ』をはじめ、さまざまな塗料が提供されており、塗装業者に相談しながら決定することをおすすめします。

 

疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

 

津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心に三重県全域が施工範囲です。

 

外壁塗装や屋根塗装、防水工事でお悩みの方はお気軽にお問合せしてください。

お問い合わせ

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月18日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・亀山市・四日市市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

亀山店:〒519-0103 三重県亀山市川合町1229-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ

名張店:〒518-0625  三重県名張市桔梗が丘5番町2-1
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ