ラジオ 外壁塗装 リペイント匠

9月23日FM三重ラジオ |秋に外壁塗装をするメリット・デメリット

ラジオ 外壁塗装 リペイント匠

毎週木曜日の午後2時20分からは「リペイント匠の匠Radio!」生放送中!

こんにちは!株式会社リペイント匠の久保です。

先週まで雨続きで悶々としていましたが、これからは天気が続きそうで良かったです😊

今日の放送内容は、FM三重レディフラのラジオで多田さんと「秋に外壁塗装をするメリット・デメリット・注意点」について話してきました。

放送内容を記事にしたもの

・外壁塗装で人気な季節「秋」人気の理由をプロが徹底解説!

聞いてくださった方で、分からない事や、もっと話を聞きたい、相談したいなどありましたら、ラインでお気軽にご相談してください。

勿論、お電話でも受け付けていますので、電話で外壁塗装の色選びについてご相談したい方は、0120-804-902(8:00~20:00)まで『ホームページ見ました』とお気軽にご相談してください。

またリペイント匠のYouTubeチャンネルでも外壁塗装や屋根塗装、屋根工事、防水工事に関して様々情報を出していますので、見てください。またチャンネル登録もよろしくお願いします。

外壁塗装 YouTube リペイント匠

後から聞きたい方は、携帯で「radiko」というアプリをダウンロードして頂いて、FM三重 RADIO FLAPPERの毎週木曜日の午後2時20分からの「リペイント匠の匠Radio!」をお聞きください。

iPhoneの方はコチラ ・radikoをダウンロード
androidの方はコチラ ・radikoをダウンロード

話した内容の文字起こししたものはコチラ

多田さん:毎週木曜日のこの時間はリペイント匠の久保信也社長をお迎えしまして、住宅塗装、防水工事などについて伺っていきます。
今日もスタジオに久保さんお越し頂きました。こんにちわ!

久保:こんにちわ!

多田さん:よろしくお願いします。

久保:はい。よろしくお願いします。

多田さん:今日、ちょっと私、本番前にほんと軽くですよ、軽く一口アルコールでちょっと喉を濡らしたんですけれども。

久保:アルコールなんですかw

多田さん:はいw久保さんはお酒は好きですか?

久保:結構、好きですねー。コロナの前は居酒屋とかちょこちょこ行ったり。家ではほとんどあんまり飲まないんですけど。

多田さん:なるほど。外飲み派ですね。

久保:そうですね。

多田さん:ちょっとこの1年半はなかなか飲めてないというような。

久保:そうですね。元々、でもお酒ってあんまり好きじゃないんですよ。

多田さん:えっ?そうなんですか?

久保:なんか、その楽しい雰囲気が好きで。

多田さん:あぁ~なるほど。

久保:はい。

多田さん:なんか、すっごいザルなんかと勝手に思ってました。

久保:めっちゃ飲みます。でも。
多田さん:飲むんや!!

久保:夕方から朝くらいまで飲んだりしてました。

多田さん:そういう、ポテンシャルは持ってらっしゃるんですね。

久保:もちろんでございます。

多田さん:いいですね。また一度ぜひ、本社の前辺りで飲みたいですねー

久保:本社の前ですか?w

多田さん:ww

久保:車通りがめちゃめちゃ多いですよw

多田さん:あぁ~そうか。

久保:あの人たち何をしとんのかな?と思われますw

多田さん:それぐらいさ、この秋の気候でね、外飲みしたいなと。

久保:いいですよね。ほんとに。

多田さん:そんな秋なんですけど、やっぱり季節が気持ちいい、風がいい感じで吹くということは塗装にもやっぱりいい時期なんでしょうか?

久保:そうですね。やっぱり秋は人気ですね。

多田さん:とはいえ、前から久保さんお話しされてましたけど、年がら年中、外壁塗装に適してる、適してないっていうのはそんなに大きな差はないんですよね?

久保:そうですね。各季節に春だったら春雨とか夏だったら梅雨・ゲリラ豪雨、乾きの速さっていうのがあるんですよ。

秋は秋で秋雨前線とか後は台風、よくきますよね。

冬は寒さとか雪があるので、結構一年中工夫しながら塗装工事しているので、どの季節が一番いいよっていうことは、一般のお客様の中で思われてるのが秋がいいかなって思われてる方がいいかなと思われてる方が多いからかなと思います。

多田さん:そうですね。その秋がどうしてそこまで人気なのかっていうところを今日は徹底的に掘り下げていこうというお話なんですけれども。

久保:ありがとうございます。

多田さん:さぁ秋の外壁塗装、どんなことがまずポイントになりますか?

久保:はい。ではまずメリットからお話するんですけど、まずは10月の中盤くらいからが一番人気なんかなと思うんですけど、秋は秋でも。10月中盤以降になると台風も少なくなってきて、まぁ気候も安定してきて換気もしやすくなるので、結構塗装工事しててもストレスが溜まりにくいのかなと思います。その辺がちょっとお客様に人気な理由なのかなと思います。

多田さん:なるほどね。で、逆にデメリットっていう部分はあるんですか?

久保:デメリットはですね、先ほど申したように秋雨前線とか台風シーズン、この2つが一番デメリットになるのかなと思いますけど。

特に、注意したいのが台風でですね、足場、外壁塗装する時に足場組むじゃないですか、その足場にシートがかかるんですよ、周りに塗料とかが飛散しないように、そのシートがかかったまま台風をむかえると風を直撃で受けるので、建物が壊れたりするんですよ。

結構、足場が揺れて、なので台風前には必ずそのシートをまいて台風の風を受けないようにしておくことが大事です。

多田さん:なるほど。だから、台風がくるってなった場合は事前の備えっていうのがプラスアルファになってくるわけで、じゃあまさに先週末がそんな感じでしたね。

久保:そうですね。その時期になるとちょっと工事期間が延びてしまったりしますね。

多田さん:ねぇ。

久保:あっ、後、秋にする外壁塗装のメリットなんですけど、もうひとつはですね、塗料っていうのは温度が5℃以下、湿度が85%以上ではあまり塗料のきちんとした効果が発揮されないと言われてるんですけど、

この2つ、どちらにもあてはまらない、ちゃんと塗装出来る時期ですよっていうのが秋の塗装するメリットかなと思います。

多田さん:なるほど~、じゃあそういう意味では非常に塗料の部分ではしやすい季節ですよね。

久保:そうですね。

多田さん:さぁ、そしてですね後、他に気になることというと…

久保:この前、1週間か2週間前くらいにお話させて頂いたんですけど、この前も現場で
外壁塗装って下塗りと中塗りと上塗りがあるんですけど。

多田さん:3回塗りが基本ですよね。

久保:そうですね。で、鈴鹿の方をちょっと回ってた時にまぁボクらの現場とは違うんですけど、やっぱり中塗りと上塗りを変えられてる業者さんみえたんで、また一回お話ししようかなと思うんですけど、外壁塗装の下塗り剤っていうのは基本的に外壁の素材と中塗り剤の密着剤なんですね。

なんか接着剤みたいなイメージなんですけど。

そして、中塗りを上塗りで色を付けるんですけど、この色が違う色で塗った場合に色褪せて5年とか6年経ってきた場合に、当然上塗りから傷んでくるんですけど、そうすると中塗り違う色で塗るとやっぱり表面に出てきて中塗り色が、なのでムラみたいに見えちゃうので、中塗りと上塗りの色は一緒に合わしてくださいということですね。

多田さん:上塗りがちょっとうす~くなってきたとしても、違和感のないようにということですね。

久保:そうですね。

多田さん:まぁ、このへんはあえて違う色がいいという方は別として、スタンダードな例としてはということですね。

久保:はい。やっぱり、その手抜き工事を見抜く為に、中塗りと上塗り変えますという業者さんも見えるんですけど、基本的には変えない方が絶対いいです。

多田さん:はい。そして、塗りすぎ、やりすぎっていうのもねぇ。

久保:そうですね。結構、最近、去年まではシリコン塗料っていうのが人気だったんですけど、今年はフッ素塗料っていうちょっと固めの塗料が人気なんですよ。ワンランク上の。

その塗料っていうのは結構固い塗料で、なんか塗り重ねすぎると割れちゃんですよ。

多田さん:あぁ~バリバリになるんですね。逆に。

久保:そうですね。フライパンとかでもフッ素コートとか聞いたことあると思うんですけど、

そのすごく薄く1回塗られてるだけで、そんな4回も5回も塗り重ねられてないので、なので外壁塗装も一緒で基本的には下塗り・中塗り・上塗りのその3回でとめて頂くのが一番いいです。

多田さん:そうですね。人間の肌もねファンデーション塗りすぎると時間の経過とともに、シワのところからバリバリ剥がれてきますからね。

久保:あっ、そうなんですか?

多田さん:そうですよ、女性のファンデーション、塗りすぎるとそうなりますやっぱり。

久保:じゃあ結構、化粧と一緒かもしれないですね。

多田さん:そうですね、まさに、だから歳をとるとどうしても色々隠したくなるので…
え、この話いいですか?w

久保:どうぞwどうぞw
多田さん:歳を重ねると隠したくなるから、どんどん厚塗りになっちゃうですよ。

久保:そうなんですか

多田さん:でも厚塗りになると、一瞬はつけたての時はめちゃめちゃフラットできれいな肌に見えるんですが、笑ったりするとほうれい線のしわとかから、バリバリ、バリバリ、ひび割れ?が起きるんですよ。

久保:やばいですねw

多田さん:ww

久保:ボク見たことないですけどw

多田さん:そうですかw最近の人は上手になったのと、ファンデーションの質も各段に上がりましたので。

久保:それって、ボクらが見てても、1メートルくらい離れても割れてるのわかるんですか?

多田さん:わかりますね~

久保:あっ、それはやばいですね

多田さん:うん、でも今マスクだからあんまりわかりづらいかもしれませんけどね。
だからね、我々だんだん歳を重ねると、その辺は薄塗りできれいにカバーできるファンデーションを探すんですよね。

久保:あ~なるほど。塗装も一緒ですね。

多田さん:そうそう、そんなにたくさん塗らない方が逆に美しく整うという、

久保:そうです、何回でも塗ったらいいっていうもんじゃないです。使用通りきちんと塗ることをおすすめします。

多田さん:はい。あとは~?

久保:あとは、そんなもんですかね。

多田さん:この他にもみなさんがいろんな業者さんと出会う中で、ちょっとこの業者どうかなとかここの部分すごくいいところなんだけど、

ここだけやっぱり気になるなーということ、何かあればね、こういったホームページをしっかりご覧になるっていうのと、

リペイント匠でも、YouTubeチャンネル展開してますので、そういったとこで確認して頂くといいですよね。

久保:ありがとうございます。

多田さん:後、今日ご紹介頂きました外壁塗装で人気の季節、秋の人気理由については、
リペイント匠のホームページを真ん中くらいまでスクロールしていくと、知恵袋っていうバナーがあるので、それクリックすると詳しく書いてありますね。

久保:よろしくお願いいたします。ぜひ見てください。

多田さん:はい。そのほか何か久保さんからありますか?

久保:もうすぐ10月ですね、10月になって名張店がオープンするので、名張の方よろしくお願いいたします。

多田さん:とういうこでその他、ご相談はこちらまで。フリーダイヤル0120-804-902
リペイント匠まで。リペイント匠の久保さん、ありがとうございました。

久保:ありがとうございました。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆2021年3月22日に、1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他リフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・松阪市・鈴鹿市・名張市・伊賀市・四日市市・亀山市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

津本店:〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ

松阪店:〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1754-2
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ